Top
窓際のこはくちゃん。
b0090517_18482012.jpg
いつもおでかけのときにも帰ってきたときにも、こうやって見ているこはくさん。

この建物は3階になるのですが、いつもこはくは、こうやって下を見下ろして待っててくれます。
で、玄関に回って「おかえりー」って尻尾ぶんぶん降って、キュンキュン鼻鳴らして待ってるのだ。

お留守番のときは、いつもこうやって誰かが通るたびに「帰ってきたかな?」って見てるのかな。

昨日・今日と半日のお留守番ができました。
淋しくていろんな食べちゃいけないものを食べていたあの時期がウソのようだ。
大人になったのねーこはくさん。
Top▲ | by lomo-papi | 2013-09-20 18:52 | いぬとの暮らし | Comments(2)
Commented by BON at 2013-09-21 11:00 x

『こはくみっけ~!!』

¥1,000,000 いただき~☆
やったぜっ!これで美味しいジャーキー山ほど買えるぜっ!

追伸・・・先生はポン菓子の音に驚いているのではないですか?
Commented by lomo-papi at 2013-09-22 09:04
BONママちゃん、やべっ、見つかった!
慌てて逃げねばーっ。笑

それが意外と、ポン菓子爆発の音にびっくりしなかったのねー
それよか、目の前のポン菓子に夢中だったよ。
雷もそうなんだけど、大きな音とか、案外平気みたい。
でも、年とるにつれて、ヘイキだったことがダメになることもあるみたいだから、これからはわかんないかも。
名前
URL
削除用パスワード
<< 転職します。 | ページトップ | ジャケ買い。 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin