実家に帰る。 ①
今年の春から、外泊時にお世話をお願いしていた義弟が家を出て一人暮らしをはじめたので、犬の面倒をお願いする人がいなくなってしまいました。

ピーーンチ!

東北に行けなくなっちゃうっ。秋には炊き出しも控えております。

なので、こはくのホームスティをお願いしようと、こはく&両親を慣らす練習を勝手に開始しております。

5月も、こはくを連れて実家に帰りました。
犬嫌いの父に、4月帰った際に可愛がってもらったこはくですが、今回はどうかな?

実家に到着した途端、おとんが、「こはくーよく来たなー」とお出迎え。
b0090517_7175941.jpg
ヨシヨシと撫でてもらっています。
おおおっ。すごい歓迎モード。こはくは気難しいおとんの心をしっかりキャッチしたみたい。ぷ。
尻尾は下がっておりましたが、それほど嫌がってはいない様子のこはくさん。
大人しく、おとんの言うこと聞いてます。ぷ。
b0090517_718190.jpg
風が気持ちいいので、こはくはお庭で、日向ぼっこ。
「こはくー」と呼ぶと・・・
b0090517_718342.jpg
「ん?」とばかりに、振り返ります。
b0090517_71849.jpg
外は気持ちいいね。もうちょっと風に吹かれていようか。笑
あとで、おとんが散歩に連れて行ってくれるからね(たぶん)。ぷ。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-24 06:00 | いぬとの暮らし | Comments(4)
梅雨の晴れ間の散歩道
b0090517_14293495.jpg

b0090517_14293687.jpg

b0090517_14294051.jpg

b0090517_14294032.jpg

b0090517_14295732.jpg

b0090517_14295895.jpg

b0090517_143006.jpg

b0090517_1430127.jpg

b0090517_14301444.jpg

b0090517_14301755.jpg

b0090517_14301894.jpg

晴れが続けば続いたで「雨降ってほしい」って思い、雨が続けば続いたで「晴れてくれ~」と思う自分は、なんて身勝手なんでしょ。ぷ
ということで、最近ずっと降り続いていた雨。ようやく待望の梅雨の晴れ間です☆

今日は、Rさんが一緒だったので、いつも散歩している道の写真を撮りました。
大体このコースで小一時間ぐらいかな?
そのうち半分ぐらいは息切れしない程度のペースで軽くジョギングしています。
自分のためでもあるし、半分はこはくさんのためでもあるジョギング。
アメリカのカリスマドックトレーナーのシーザー・ミラン氏曰く、とにかく犬に必要なのは「運動(散歩)」らしいので、できる限りこはくさんには十分な運動を与えるようにしています。
犬種や性質にもよりますが、運動量の多い犬だと、走るぐらいのことをしないとエネルギーが解放できないみたいで、ミラン氏は時には、犬にルームランナー使ったりしてるんだもーん。すごいっ。
あとは、水の入ったペットボトルを入れた犬用バックを背負わせて散歩したりすると、消費エネルギーがアップするので、そういうのも効果的なんだそうです。

まま。でも、こはくさんは中型犬の雑種だから、そこまでの運動は必要ないとは思っていますが、それでも、ある程度は必要だと思うので、散歩の中に軽いジョギングを取り入れてるワケなのです。
それプラス、このあたりは傾斜地だから高低差が加わるので、人間的にはもう、十分な運動量。
たぶん、こはくさんも足りてると思います。

そして今年の夏、こはくさんに覚えてもらいたいのが、泳ぎです。

このあたりはバーベキューの聖地!
秋川渓谷というキレイな清流がすぐ近くを流れています。
夏はもちろん泳げちゃいます☆

せっかくこういう場所に住んでるんだから、ぜひとも夏はこはくさんと一緒に泳ぎたい。
そしてついでに、川下り(タイヤのチューブを使って、川をどんぶらこっこと下るのです)なんかもやってみたい☆という希望を叶えるべく、少しずつ川の水に慣らすため、本日、プチ川デビューいたしました。

とはいっても、まだまだ水が冷たいので、ざぶんと入る感じではなく、水の浅いところで、パチャパチャ歩く感じ(私のほうが、水が冷たくてギブアップしそう!涙)。
こはくさん、最初は躊躇してたけど、意外と尻尾上がったままバチャバチャ歩いていたので、これはもしかしたら、泳いでくれるかもしれませぬ。
ちなみに、先住犬のぽんすけは、川でよく遊んでいたそう。川下りのお供もできたそうです。

前に遊びに来てくれたラブラドールのまいるちゃんは、とっても気持ちよさそうに川を泳いでいたっけ☆
こはくもあのくらい泳いでくれたらいいなぁと思いますが、犬ってみんな泳ぐもんなのかなぁ?
きっと、水の苦手なワンもいるよね。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-23 03:30 | いぬとの暮らし | Comments(5)
今日の一言。
毎日毎日、雨降ってばっかり・・・
b0090517_14185167.jpg

ため息つきたいのはこっちじゃー!笑
どんなに土砂降りであろうが、お構いなしのこはくさん。
合羽も着ずに、雨の中、突入。
人間のがくじけそうです。ぷ。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-22 03:09 | 今日の一言 | Comments(4)
新しい首輪☆
b0090517_9115814.jpg
おっす!おら、こはく。
立派な野生犬目指して修業中だぜ!

・・・なんて、言ってるかどうか知りませんが。

日々、立派な野生犬目指して精進中のこはくさんに、旦那のRさんが首輪を買ってくれるという。
今使ってるヤツもボロボロになってきたし、前々から、2人で「シンプルな赤い革の首輪がいいなぁ」と話をしていたので(ところが、そういう首輪がなかなか見つからない)、当然、そういう首輪を買ってくれるもんだと思ってました。

ところが、ある日、Rさんが「ブルドックがつけそうなヤツ、注文しといたから」と言う。

は?ブルドック????

とっさに思い浮かんだのが、トゲトゲがたくさんついて、超強そうなあの首輪

ちょーーー!何頼んでくれちゃってんの!!って思いましたが、嬉しそうなRさんを前に、その言葉をグッと飲み込む。

そして、ついに!届きました。その首輪。
ご覧ください。はい。
b0090517_912011.jpg
中央に鷲のメダル(アメリカの50セントコイン☆)が埋め込まれた首輪。
だいぶメタリックな感じ。
b0090517_912222.jpg
角度を変えてみると、ほれ。ソフトトゲトゲがあるのわかりますか??

なんかすごい首輪キターーーーー!

あまりに私の趣味ではない首輪を前に薄目を開く私の脳裏を、ふと、アメリカのカリスマドックトレーナー、シーザー・ミラン氏の言葉がよぎった。

それは、あるとってもとっても臆病なわんこを躾けていたときのことなんだけど。
シーザー・ミラン氏はそのわんこの首に赤いバンダナを巻いてあげたのね。
で、こういう気弱なワンコだからこそ、こうやって、いきがった感じを出すのも大切だぜ!って話してたっけ・・・

そうか。そう思うと、この首輪はぴったり。
性格臆病なくせに、立派な野生犬目指してんだもの。
このくらい、いきがった首輪をつけて、街を闊歩してもらおうじゃないの!!
(あ。街じゃない。山だった。ぷ)
b0090517_912564.jpg
ささ。こはくさん、つけたとこ見せてください。
b0090517_912793.jpg
じゃじゃーん!どうですか?イケてますか?ワイルドですか??
b0090517_912941.jpg
な・・・なんか、明らかに首輪負けしてる気が。笑
性質が臆病で優しいのは、どうあっても隠せないようです。ぷ。

この首輪をつけて歩いてるときは、いきがってるときです。
「オレに触ると火傷するぜ!」とこはくが申しておりますので、お気を付けくださいね。ぷ。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-21 04:25 | いぬとの暮らし | Comments(10)
マイペース。
b0090517_10565769.jpg
おりこうさんにキッチリ座って撫でられてるなぁ・・・と思ったら。
外さない目線の先には壁を蜘蛛が徘徊。
b0090517_10565942.jpg
そして、好きなだけ蜘蛛を眺めた後は、とっとと朝寝。
人が来るたびに怖がって隠れていた場所が気に入ってしまったようで、ここで過ごす時間が長くなったから、普段は毛布を敷いているのですが。
もう暑いのか・・・全部除けてひどい寝相(大事なとこ丸見えだし)。

普段はこんな感じでマイペースに過ごしてます。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-20 04:17 | いぬとの暮らし | Comments(2)
こはくの手術
b0090517_15314548.jpg
今日はこはくさんが手術したときのお話を書こうと思います。

こはくさんを譲渡してもらう条件のひとつが、「必ず不妊手術を行うこと」でした。

これ以上、不幸な命をつくらないため、またストレス軽減・病気予防のためにも生後6か月になったら必ず実施してくださいとのこと。

私は特に異存はなかったんだけど、保護主Kさんがこはくを我が家に届けに来たときに、意外と「手術しなくちゃダメなんでしょうか」と、食い下がっていたのが、うちの旦那と義弟だった。
なんでしょ。やっぱり男同士、通じるものがあるんでしょうか。
あまりに自分のことに置き換えすぎてるみたいなので、「別に旦那や義弟のを手術するワケじゃないんだから」「犬ですから」と、Kさんと一緒に苦笑い。ぷ。

まぁ。今思えば、去勢手術には、私は別の意味で思ったことがあるんですけどネ。

それはこはくを迎えてからわかったことなんですが、こはくは、えらくおとなしい犬なんです。
時には、その存在を忘れてしまうほどに。

言葉(吠えること)をどこかにすっかり忘れてきてしまったんじゃなかろうか?というくらい静かです。
それはまさに、「自分、不器用ですから」の無骨で無口な高倉健さまのよう!(なので、高倉犬)。

だから、大人になって、せめてホルモンの力を借りれば、もうちょっと積極性が出るんじゃなかろうか?(むしろ、ちょうどいいぐらいになるんじゃなかろうか?)
このまま去勢手術したら、それでなくたって気が弱くておとなしいのに、今よりももっともっとおとなしくなってしまうんだろうか?(そうなったらもう、動物というよりは、植物・・・)
というようなことを、手術前は思っておりました。

手術は生後6か月後に行うことになっておりましたが、こはくさんの成長具合を見ながら先生と相談して、2013年2月に手術を実施。

ただ、手術のときに心配がひとつ・・・・

最近は、ほんのちびっとだけ落ち着いては来ましたが、こはくさんは、強烈な人見知り犬。
慣れた人間以外、とても怖いらしくて、吠えたり威嚇するような行動こそとらないものの、尻尾だだ下がりで隅っこに隠れて、じっと気配を消しているような感じなのです。
(こはくさんは人に慣れるのにえらく時間かかります。涙)

かかりつけの動物病院の先生にも、まだまだ慣れたとは言えず。
しかも、先生とは言え、こうやって完全に身内以外の他人に預けるのは初めてなので、「こはくさん、大丈夫かしら?」と、私、だいぶ心配しておりました。

先生もこはくのびびりっぷりはわかっているので、「一旦預かって、もし、どうしてもダメなようであれば、術前検査のときに来てもらうかもしれません」とおっしゃっていたので、午前中にこはくを預けてから、ずっと携帯電話を気にしていたんだけど、結局電話は鳴らず。

指定された17時にこはくを迎えに行き、手術が無事に終わったことを確認して、ほっと一安心。
ただ、その際に先生が「こはくちゃん、出血が止まりにくい体質かも・・・」とおっしゃっておりました。
術後の出血が、なかなか落ち着かなかったそうです。

そして、摘出したものも見せてもらいました。
心の準備してなかったんで、想像していた以上に生生しいその容貌に、ちょいとびっくり。笑

先生に「こはく、大丈夫でしたか?吠えたりしませんでしたか?」と聞いたら、「最初はちょっと鳴いてたけど、そのうち諦めたらしく、おとなしくいい子にしてましたよ」とのお返事をいただき、意外に思う。

あれだけビビリィなのに。

先生がお話を済ませて、別室に入るドアを開けた際に、ケージに入ったこはくの姿がチラッと見えた。
耳をぴんと立てて、お座りして尻尾振ってるー。笑

先生に連れられて出てきたこはくは、術後にも関わらず、とっても喜んで大騒ぎ。
手術したばかりで元気ないはずなのに、そんなに喜んでくれるのかい?
おうおう。よしよし。だいじょーぶだよ。ちゃんと迎えにきたからね。
私もつられて嬉しくなる。
そのあとのこはくさんは、車の中でも家に戻ってからも、ずっと寝っぱなしでした。

次の日も、ちょっと元気なかったけど、3日目ぐらいからは、もう、大体いい感じ!
先生に1週間は散歩とか控えるように言われていたんだけど、様子を見ながら、ちょっと歩かせたりもしていました。笑
b0090517_1532062.jpg
b0090517_21174782.jpg
b0090517_21174950.jpg
エリザベスカーラーも嫌がらずに抜糸するまで(2週間ぐらいだったかなぁ?)つけてましたよ。

そういえば、知人の柴犬は、このエリザベスカラーがイヤでイヤで、自分で血だらけになりながら、とってしまったことがあるそうなんです。
これを自分でとっちゃうってすごい!
うちのこはくを見てると、とてもそんな荒っぽいことする様子が見られないので(度胸も知恵もない感じ。ぷ)、ほんと、犬によって性格様々なんだなぁと思いました。

術後のこはくさんの性格の変化ですが・・・・

なんかもう。とにかくおとなしいので、結局手術前と変わったのかどうなのか、よくわかりません。笑
相変わらず・・・って感じです。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-19 04:10 | いぬとの暮らし | Comments(11)
かも発見。
b0090517_5553149.jpg
散歩中、こはくが何かを発見!耳がピーンと立ってます。
b0090517_5552511.jpg
何見てるか、わかりますか?
b0090517_5553655.jpg
拡大した写真がコレ。
なんでしょう?鴨の親子?カルガモ?子供がたくさんいるんですけど。
先日のおさるの写真といい、こういうときに望遠レンズがないことが悔やまれる。
b0090517_556530.jpg
b0090517_5555756.jpg
戻ってからは、仕上げのプチフリータイム。
こはく ♂ 1歳
趣味:ボール遊び。
特技:拾い食い。
姪っ子ちゃんの特技:四つ葉のクローバー探しにはかなわないけど、どこかで採用してくれるでしょうか?笑
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-18 05:56 | いぬとの暮らし | Comments(4)
基本の石鹸。
飽きっぽい私が長年作り続けているもの。それが手作り石鹸です。
今までは人用に作っていたのですが、こはくを迎えて、がっつりペットソープに興味がわきました。
今までの知識で、石鹸を作ることは全然可能なんですけど、ペットのアロマ関係に関しては全く無知なので、まずは、アマゾンでわんこソープの本を探してみた。
そこで、興味を持ったのが、↓の本。

愛犬の心と体を元気にする手作りアロマせっけん

里見 千佳 / 新風舎


ダイレクトに犬用の手作り石鹸の本ですよね。
ところがこの本、今現在では絶版になっているらしく、アマゾンでも定価+1000円ぐらいで中古本が売られている状態。
くそー。今までは価値ある古本を100円とかでゲットしてきたのに、ここにきて思わぬ逆襲に遭うとは!
とりあえず、図書館で借りて内容見てからにしようかな?とも思いましたが、残念ながら、私が住んでいる街の図書館にはこの本の取り扱いがなかったので、ポチッと購入しました。

まずは一読。
そうしたら、やはり犬にも手作り石鹸はよいらしい(という書き方をしています)。
犬によいという根拠が薄いけど、専門書ではないので、そこまでがっつりも書いてあるわけもなく。
ただ、本の中には、犬のフケが解消されたとか、毛ツヤがよくなったとか、肌質よくなったなど、改善された症例も報告されていると書いてありました。

で、手作り石鹸の何がいいのかというと(上手に説明できるかちょっと自信がありませんが、自分に復習)。
そもそも手作り石鹸とは、オイルとアルカリを混ぜあわせて作られる天然の界面活性剤です。

で、オイル+アルカリ(苛性ソーダ)を組み合わせると、石鹸+グリセリンが生まれます。
(グリセリンとは、空気中の水分を集める働きがあり、肌の潤いを保ってくれる、天然の保湿成分のことです)

市販の石鹸には、泡立ちをよくして、石鹸が溶けにくく長持ちするように、また、香りを残すために、いろいろな化学物質が添加されています。
さらにこの天然の保湿成分であるグリセリンは取り除かれて、他の用途に使われております(化粧品の保湿剤とかに使われるそう)。

ところが。
手作り石鹸には、余計な添加物は一切なく、さらに、天然の保湿成分であるグリセリンを取り除いていないので、洗いあがりもしっとり潤う、それはそれは上質な石けんが出来上がります。
それが手作り石鹸の魅力☆

しかも、世の中に存在する天然の植物オイルには、それぞれのオイルの特性・効能があり、自分の肌質に合ったオイルをチョイスして組み合わせ、石鹸を作れちゃうという・・・。なんて魅力的☆

今までずっと手作り石鹸を使っていて、石鹸の良さは実際に自分の肌で体感しています。
だから犬にもOK!とは、単純に思いませんが、逆に、手作り石鹸の成分を考えても、犬の肌に悪いものが入っているとは思えないので(よっぽど市販のシャンプーとかのが、化学物質満載だと思う)、消極的な根拠ではありますが、いぬ用石鹸を私も作ってみることにしました。

そこで、この本のレシピを拝見してみると。
手作り石鹸のレシピは、基本ひとつ。
それに加えるオプションが違ってくる・・・と言った構成です。

しかも、このレシピに使われているオイルは5種類。シンプルで私好みです♪
何種類ものオイルを組み合わせる石鹸もありますが、私もいつも大体4~5種類ぐらいのオイルの組み合わせで作っています。
そして、このレシピのオイルの配合比率がどれも同じなので、これが作者さんの黄金比率なんでしょう☆
b0090517_1225389.jpg
さらに、石鹸を作る際に使用する苛性ソーダと水の配合が、私がいつも作っている比率と全然違い、これは大変興味深い。
でも、配合比率を見る限りは、より石鹸に硬さを出して、より保湿力を出すための配合とうかがえるので、まずは本通りの配合で1種類作り、もう1種類は材料はそのままで、オイル・苛性ソーダ・水については、私が考える比率で作ることにしました。

この2種の石鹸、材料は同じだけど、たぶん大きな違いがでるはずです。
どっちの石鹸のが使い心地がいいのか楽しみです☆

ちなみに、メインのオイルは、オリーブオイルとキャスターオイル。

オリーブオイルは、石鹸にすると、洗い上がりの肌をすべすべと柔らかくなめらかに仕上げます。
オリーブオイルを使って作った石鹸としては、マルセイユ石鹸なんか有名ですね。
オリーブオイルのよさをダイレクトに教えてくれる石鹸です。

また、キャスターオイルは唐胡麻またはヒマと呼ばれる植物の種子を絞った油で、ひまし油のことです。
粘度がとても高くて、水分をひきつけることが大きな特徴。
欧米などではシャンプー用の石鹸に昔からよく使われております。確かに日本で販売されている手作り石鹸にもシャンプーバーといえば、キャスターオイルが配合されていることが多いですね。

さらに、スーパーファットとして、皮膚にとって特別な効能のあるホホバオイルを少量加えます。
スーパーファットとは、石鹸として固めてしまわず(オイルがアルカリの作用で石鹸とグリセリンになる化学反応の事を鹸化といいます。最初は液体ですが、鹸化が進むとどんどん固まっていきます。完全に固まったものが石鹸ですね☆)、過剰油脂としてオイルのまま石鹸の中に残しちゃうから、石鹸で洗いながらも、ホホバオイルがダイレクトに肌の上を滑ります。
ホホバオイルの実際の使い心地は、肌あたりは軽いのに保湿感がしっかり残る感じ。
マッサージオイルとしても大好きなオイルです(化粧用オイルとしても、売ってます)。

レシピ見ているだけで、犬のお肌にも優しそう☆

ちなみに、石鹸として使えるのは最低でも1か月後です。

石鹸は時間をおけばおくほど、水分が飛んでpH値も落ち着き、上質に仕上がりますので(配合しているオイルによります)、2か月ぐらいおこうかと思います。

解禁日が楽しみー☆
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-17 04:02 | いぬSoap | Comments(4)
親友、来山☆
b0090517_622342.jpg
こはくの大親友(って、飼い主同士が勝手に決めてるだけですが。ぷ)のbonが、bacoを連れて来山☆
b0090517_6223666.jpg
あ。違った。逆逆。
bacoがbonを連れて遊びに来てくれました☆
baco&bonに会うの久しぶり―☆
bon、夏らしくさっぱりカットされて、超可愛くなってました。
こはくってば、大好きなチャラおばさんに会ったときみたいに、腰くねくね尻尾ふりふり喜んでるぅ☆
こはくにとって、bonが親友というのはあながち間違ってもいないみたい。笑
しばらく会ってなくても、ちゃんとbonのこと覚えてたね♪
(チャラおばさんとは、近所に住む14歳のゴールデンレトリバーです。チャラおばさんのお話はまた今度☆)
ささ。2匹で写真撮りましょ。
b0090517_622377.jpg
おーい。こっち向いてー。
b0090517_622392.jpg
こっち向け―。
b0090517_6224011.jpg
こっち向けっつーの!
ふぅ。思い通りに向いてくれない(特にこはく。ぷ)。
b0090517_622427.jpg
魔法の言葉でようやくこはくが振り返りました。
あら♪bonってばいい笑顔☆
こはくさんは相変わらず無口なあんちくしょうな感じ。でも、ちょっとだけ口元が「ニッ」としてるかな。
ほんと、2匹の性格がよく出てる。ぷ。

根暗で引っ込み思案なこはくと違って、bonは陽気で懐っこい犬。積極性抜群☆です。
料理教室の看板犬として、生徒さんみんなのアイドル☆
そのアイドルたるにふさわしい明るい性格。
こはくが来た当初、bonの明るさを見習わせようと、bonに遊んでもらいました。
なのに、ちっとも学んでくれないこはくさん。残念。

でも、まぁ。これはこはくの性格だもの。個性は尊重してあげないと☆

かえって、プラスとマイナスの性格だから、仲よくできるのかもしれないね。
今度は、baco&bonと一緒に、ドックランに出撃だー☆
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-16 06:25 | いぬとの暮らし | Comments(5)
お宝画像☆
先日、こはくを保護して里親探しに奔走してくださったFさんから、嬉しいメールいただきました☆
こはくの近況をお知らせするために、定期的にメールのやりとりがあるワケなのですが、その際のお返事の1通に数枚の画像が添付されており、それがなんと、こはくが保護された当時の写真!
キャー♪ヾ(o≧∀≦o)ノ゙
超お宝画像じゃないですかっっ(と、めっちゃ大興奮)。

ここから先はR-18指定。
毛深い男児のヌード写真満載なので、閲覧ご注意ください☆ぷぷ。

こはくが我が家に来た頃には、すでにこはくは4か月ぐらいで、子犬と言えば子犬なんですが、私が思っている子犬よりはずいぶん大きかったんです(子犬感がないというか。笑)。
b0090517_6283827.jpg
一緒に写っているのは、妹のももかちゃん。二匹でじゃれあってますね。
2匹ダンボールに入れられて捨てられてたと伺っています。

こはくがもっと小さかった頃の写真が見たいなぁと、収容犬を救う会のブログ「ぼくらはみんな生きている」の写真をさかのぼって見たりしていたのですが、送って頂いた写真はそこには掲載されていない、保護当初の写真でした。
b0090517_629429.jpg
今はひょろ長い胴体しているこはくさんですが、この頃は、まだ、丸っこいフォルムしていますね☆
手前はももかちゃん。
耳のふち以外は真っ白ボディのこはくさんですが、ももかちゃんはところどころミルクティー色しています。
こはくさんの耳のふちの色と同じです。笑
b0090517_6291313.jpg
b0090517_6291521.jpg
ピント甘くても可愛い♪
親ばか全開ですが、可愛いいから載せちゃおう☆
b0090517_6292563.jpg
まだまだほんとに小さかったんだね。
b0090517_629367.jpg
こんな笑顔見たことなーい。笑
我が家ではむっつりだんまりのこはくさんにも、こんなに愛らしいときが。笑
こんな笑顔見せてるのに、卒ワン同窓会で保護してくれたKさんやFさんのこと忘れちゃうなんて、ほんとに薄情だぞ。こはく!
でも、もしかしたら、人がたくさんいすぎで、委縮しちゃったのかな?
今度会ったら、ちゃんと匂いかいで、思いだすんだよ。
b0090517_62937100.jpg
体は小さくても、まなざしは確かにこはくさんです。
変わんないねぇ。1年経っても。おんなじ目してる。ぷ。

でも、こんなにかわいいのに、ダンボール箱の中に入れられて捨てられてたんだね。涙。

世の中で、ごまんと繰り広げられている、捨てる行為と拾う(救う)行為。

なんだか「捨てる神あれば拾う神あり」って言葉が思い浮かんだ。

この言葉の意味って、辞書で見ると「世の中には様々な人がいて、自分のことを見限って相手にしてくれない人もいれば、その一方で救いの手を差し伸べてくれる人もいる。日本には八百万の神がいるのだから、不運なことや非難されるようなことがあっても、くよくよしなくてもよい」という意味らしいのだけど、私は文字通り、「捨てる神」と「拾う神」がいるような気がしてなんないよ。
捨てられて幸せになった子もいれば、捨てられて不幸になった子もいて。それはまた、逆も然りで。

今では妹のももかちゃんも里親さんが見つかった。きっと幸せに暮らしてる(と信じてる)。
こはくさんがうちに来て幸せかどうかはわかんないけど、とりあえず、毎日のごはんと散歩と安眠だけは約束してあげるからね。たったそれだけのことだもの。

思いがけず、こはくの子供の頃の写真を見ることができて、ほんとにほんとにに嬉しかったぁぁ♪
Kさん、Fさん、ありがとうございました☆
(今日掲載している写真は、全て送っていただいた写真です☆)

ちなみに本日は、柏駅にて収容犬を救う会の里親会が開催されています。
詳細はコチラ→収容犬を救う会ブログ「ぼくらはみんな生きている
雨天は順延らしいです。今日のお天気はどうかなぁ?もちそうかな。
とってもかわいいわんこがいっぱいいるので、お近くの方、わんこを飼うことを検討されている方、ぜひ、足をお運びください☆
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-15 06:34 | いぬとの暮らし | Comments(5)
家庭内暴力
ある朝、ふと気が付いた。
b0090517_4431779.jpg
旦那のRさんの上で、いくつかの痣がっ。

一体、誰がこんな暴力を。

犯人は・・・。
b0090517_4431930.jpg
我が家は畳生活なので、生活スタイルの何もかもが低いところにあります。
なので、当然ご飯の時はこうなります。
最初はじっと見ているこはくさんですが、そのうちはじまるアピールタイム。
b0090517_4432278.jpg
くれっ!と言わんばかりにガシッと。
b0090517_4432435.jpg
くれっっ!!!
ガシッと爪を食い込ませて、力強く引き寄せる。
これですよ、これ。痣の原因。
Rさんは、こはくさんから暴力を受けていたのでした。ぷ。
なんちゃって家庭内暴力ですね。

ま。もともとRさんは痣ができやすい体質でもあるんだけどもね。

言われてみたら、私の腕にもこはくさんから受けたひっかき傷あるし。笑

普段はおとなしくて引っ込み思案な彼も、このときばかりは積極的にアピールしてますヨ。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-14 04:44 | いぬとの暮らし | Comments(3)
今日の画伯。
b0090517_7524237.jpg
今日の画伯。
旦那のRさんが筆で描いたこはく。
なんだろう・・・よく見ると、適当にサラサラ描いてるだけなのに、この特徴つかんだ感じ。
筆で描いたからなのか、昔の絵図とかに載ってそう。笑
b0090517_7524012.jpg
好物:あぶらあげ
得意技:狐火

鳥山石燕の画図百鬼夜行あたりに載ってないでしょうか。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-13 03:58 | 今日の画伯 | Comments(7)
初☆狩りデビュー。 ②
狩り場をさんざん荒らしたあとは、別の狩り場へ。
次の目的地はコチラ。
ぢゃん!
b0090517_7595925.jpg
マック~~~~☆
油の香りがたまんないのかしらねぇ、こはくさん。
というか、あれだけさくらんぼ食べまくったのに、まだ入る自分の胃袋が怖い・・・
甥っ子にいたっては、チキンクリスプ2個も食べてるし!
若いって素晴らしい~~~~☆
まぶしくて、おばちゃん、甥っ子くんの胃袋が直視できないよっ。
b0090517_80158.jpg
マックって普段はあんまり食べないけど、たまに無性に食べたくなるのね。
この日、初めて知ったのですが、メガポテトなんつー巨大戦艦みたいなポテトがあるんですね!
ポテトのLが可愛く見える。
b0090517_80347.jpg
こはくさん、ここではさすがに拾い食いの才能を発揮できずに、悔し涙を飲みました。

そして、帰りも談合坂SAで休憩。
ドックランには相変わらず、犬がいなかったけど(小型犬はいっぱい)、ここで気になることを発見。
行きのSAにはなかった、犬の置き糞がいっぱい!
談合坂SAは、バイオトイレもゴミ箱も長いトングまでちゃんと用意してあるのにさ~。プンプンッ。

さすがに拾い食い王のこはくをここに入れるわけにはいかないので、糞を全部拾ってやりました。えぇ。
こんな公共性の高い場所で、こういうことやらかしちゃう方もいるんですね。
一緒にいた甥っ子・姪っ子が「さくちゃん(って私のことね)えらい」と言ってくれたので、甥っ子・姪っ子にも協力して糞を探してもらう。そして、バイオトイレにポイッ。
もし、将来、犬を飼うことがあったら、こういうことはしちゃダメだぞと、言い聞かせておきました。
b0090517_86733.jpg
しばらくドックランで遊んだあとは、外に出て、姪っ子&甥っ子に散歩してもらいました。
談合坂SAにはこーーんな広場があるんですよ。すごいねー。
今日は、こはくさんメインのおでかけではなく、こはくさんが人間のお出かけに付き合っただけなので、体を思いきり動かすことなくここまできちゃいました。
b0090517_86911.jpg
なので、ここで1時間半ぐらいこはくを歩かせたり走らせたりしました(ほとんど姪っ子・甥っ子がね。笑)
ほんと、2人にはたくさんこはくの面倒見てもらっちゃって、助かったよ。ありがとうね☆

そして、渋滞を回避するために途中上野原ICで降りて、1時間半かけて峠を越え、家に戻ったら、帰りを待ちわびていたRさんがお出迎え☆
そしてまた繰り広げられる感動の再会(つか、ほんと、毎回コレ。笑)
普段、ほんとにおとなしいこはくの豹変ぶりに、義妹ちゃんズも苦笑い。
b0090517_862673.jpg
ようやく、こはくさんを思いきり遊ばせてあげられるよ☆
今日1日おとなしくいい子にしてたからね。最後は思いきり発散しないと!
b0090517_862846.jpg
Rさん、甥っ子、姪っ子3人で、フリスピー&ボール遊び☆
こはくさん、思いきり走り回れてうれしそう☆
b0090517_862971.jpg
ピントが後ろに合っちゃってるのが残念なんですが、こはくさん、ちょっとスマイル顔じゃない?笑

人間はとっても楽しい1日だったけど、こはくさんはどうだったかな。
長距離ドライブして、未知の味を体験し、最後はいっぱいボール遊びをして、その後は爆睡。
いっぱい緊張して、いっぱい遊んだ1日だったね。

そうそう。後日談ではありますが。
実はさくらんぼ狩りのあとにネットで調べて知ったのですが、犬には成熟したさくらんぼはOKですが、未成熟なさくらんぼや種は食べさせてはいけないそうなんですネ(ちなみに、こはくさんは特にお腹を壊すこともなく、次の日の朝の散歩で普通の硬さのうんPを2回しました。その際に、未消化の種がいっぱい・・・たぶん、30個ぐらいはあったのではないかと。汗。ただ、特に体調に変化はありませんでした)。

なので、さくらんぼハンターとしての道は絶たれてしまいましたが、別の才能が開花。
先日、今日のメンバー+Rさんと一緒に山道を散歩した際に、今がの旬の木苺がたくさんなっていたのでみんなで食べたんですね。
その際に、こはくさんにもちょこっとあげたのですが、その後、こはくさん、木苺の味をばっちり覚えたらしく、裏山散歩の際に、木苺の場所を的確に見つけて、ぱくりと食べている様子を発見しました。
麻薬捜査犬にはなれませんが、木苺探査犬にはなれそうです。ぷ。

関連記事:
初☆狩りデビュー。 ①

Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-12 04:22 | いぬとの暮らし | Comments(7)
初☆狩りデビュー。 ①
b0090517_6422563.jpg
今日は、こはくさんにとって記念すべき日。
b0090517_6422791.jpg
今朝もおさるにも会って(このさる、確実にこのあたりが縄張りっぽい)・・・
b0090517_6422949.jpg
いつもと変わらない散歩道ではありますが、この後、こはくさんにとって、初体験のことが待っております。

それは、狩り☆☆☆

義妹ちゃんに誘ってもらって、こはくさん、初☆狩りデビューです。
こはくさんのハンターとしての能力は如何に!?
b0090517_6443089.jpg
日曜日は残念ながらRさんはお勤めがあるので不参加。
こはくの華々しい狩りデビュー、さぞや見たかったでしょうに・・・。
義妹ちゃんズ、甥っ子、姪っ子、こはく、私の計6人で、狩り場である山梨へ向けて出発です☆
b0090517_6454987.jpg
一番後ろに乗せられたこはくさん。
いつもと違う車に、ちょっと戸惑ってるのかな?
このこはくさんが前をのぞき込む様子をバックミラーで見ていた義妹Sちゃん。
かなりハートわしづかみにされてました。ぷ。こはくさん、ほんとに色男ねぇ。
b0090517_6485119.jpg
途中、談合坂SAで休憩。
小一時間ぐらい休んでたかな?
日曜日とあって、今日はワンちゃんいるかなぁ~と思ったんだけど、賑わっているのは小型犬エリアばかり。
中型・大型犬エリア、さっぱり犬来ません。マジか!?笑
b0090517_6494293.jpg
結局、義妹Yちゃん、甥っ子、姪っ子に遊んでもらう。
場所が違うだけで、いつもと変わらない休日。ぷ。

さらに、車を走らせること1時間。
ようやく狩場に到着しました!本日の獲物はコチラ。
ぢゃんっ☆
b0090517_6522495.jpg
さくらんぼ~~~~~~☆きゃーーー☆☆狩りとはさくらんぼ狩りのことでした。笑
ま。狩るのは人間で、こはくさんは付き添いなんですけどもね。ぷ。

ちなみに、このさくらんぼ、双子ちゃんなんですよ。ほらほら。身がくっついてるでしょー☆
b0090517_6522762.jpg
甥っ子に連れられて、念入りに狩り場を散策するこはくさん。
どうです!この風格っ(人が多くて尻尾下がってるけど)。
b0090517_6522878.jpg
まぁ・・・当然、こんなところに連れてきたら、拾い食い王のこはくさんんことだもの。こうなりますよね。

制限時間は50分1本勝負。
さくらんぼの品種は10種類程度。
しかし、素人の私達にはどの木が甘くておいしい木なのかわからない!
念入りに1本1本しらみつぶしにあたるしかない。
やっぱり木によって、おいしい・おいしくないはありますよね。
佐藤錦や紅秀峰の木が、ぱっと見てわかればいいんだけど!

ところがですよ・・・

ある瞬間に、義妹Yちゃんが、この農園のある法則に気が付いたのです!
で、この法則にのっとって選んだ木の実を食べてみたら・・・あ!甘い!すごいっっ!!
(ん?文章が、なんかの宣伝っぽくなってない?笑)
Yちゃんのおかげで、おいしいさくらんぼをたらふく食べることができました。
余裕で100個以上は食べたかなぁ?
みんな、そのくらい食べちゃうみたいです。ぷ。

で。こはくさん。当然、収穫したさくらんぼを犬にあげるのはNG。
とはいっても、足元には種とか身とかいっぱい落ちてるわけなんですよ。
拾い食いもある程度は大目に見ておりましたが、如何せん、こはくを看ている人がコロコロ変わるし、広い園内を歩き回っているうちに、こはくを連れた義妹たちや姪っ子・甥っ子とはぐれることもしばしば・・・
そのうちにこはくが、落ちているさくらんぼを的確に見つけてぱくりっと食べているのを見て、「こりゃ相当食べたなっ」と、逮捕。はい、ここまで。
b0090517_6523079.jpg
残り時間は、私と一緒にこうやって、椅子に座ってみんなが狩りを終えるのを待っておりました。

こはくさん、さくらんぼハンターとしての才能は十分!
けれども、それを上回る拾い食いの才能がまぶしいゼっっ。

関連記事:
初☆狩りデビュー。 ②

Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-11 04:16 | いぬとの暮らし | Comments(0)
母とこはく
(突然ですが)
あたしは、絵の才能が全くない!

それはもう、下手くそなんてレベルじゃない(きっぱり)。

まず、正面から見た人の顔が描けません。

横顔だったら描けるけど。

この感覚わかる人は、たぶん、あたしの画力と同じくらいなんじゃなかろうかと思います(失礼!笑)。

母のお腹の中にごっそり絵心忘れてきたんじゃなかろうか。
学生時代なんて、美術の時間、苦痛で仕方なかったし。
鳥の絵を描いて、それを彫金する授業の際、あまりの下手っぴぶりに先生が鳥の足だけ描いてくれて、足だけやたらとリアルな作品が出来上がったことは、そのあまりのアンバランスぶりに今でも忘れることができません。
木に止まってる鳥の作品だったんだけどもね。足の爪なんて、グワシッと食い込むように木を掴んでて、超立派だったもの。足だけはね・・・(先生が描いてくれたからね)

ほんと、なんでしょうね。この絵心のなさ・・・

・・・と思っていたら、この前、実家に帰省していた際に原因判明。
b0090517_20414642.jpg
コレ、見てください。
最初は、甥っ子チョビスケ(♂、2歳)の落書きかと思いました。
でも、お腹に書いてある「コハク」の字は、どう見ても大人の字。

これ、なんと、描いたのがうちのおかんなんです。
私、おかんが描いた絵を見るのは、これが初めて。

衝撃的でした。しびれましたね。

甥っ子チョビスケに頼まれて母が描いた「こはく」と・・・
b0090517_20423824.jpg
「鬼」の絵。
「鬼」の絵に至っては、妹に「別の意味で怖いわ!」と酷評される始末。

この2枚の絵を見せつけられた甥っ子ちょびすけは、とても曖昧な表情をしていたらしい。
2歳児の表情までをアンニュイにさせる、この画力!

あたしの絵心のなさは、遺伝だったのでした。
そりゃあ仕方ないよ。下手っぴで。うんうん。

おかんの絵ばかりを酷評していてはかわいそうなので、ついでに、あたしが昔描いたアイシングクッキーの絵を参考までに。
b0090517_20474718.jpg
2人仲よく手をつないでるクッキーは、右側は友人が描いて、左側をあたしが描きました。
みんなに「娼婦みたい」と言われたクッキー。
「T」の模様に至っては、もはや何がやりたいのかわかりません。
虫が這ってるみたい。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-10 04:03 | いぬとの暮らし | Comments(2)
こはくの拾い食い
b0090517_1226419.jpg
こんなすました顔してますが。
今日は、今ではだいぶ落ち着いたこはくの拾い食いについて書いてみようと思う。

我が家は、THE 和室です。
生活スタイルの何もかもが下のほうにあります。

なので、生後4か月の頃に我が家にやってきたこはくが、ペンをガジガジしたり、机の上にあるものガジガジしたりするので、相当気を付けてはいたのですが、如何せん、生活の基本が下のほうにあるというのは、自分で思っている以上に、こはくがいたずらするものに気が付かないものです。

こはくがガジガジしたものはいろいろあります。
コードもガジガジ。部屋に置いてあったメダカのエサを完食。
散歩すれば動物の糞をパクリ。こはくの口から取り出して、糞と気が付いたときのあの衝撃。
(義弟もこの餌食に。ぷ)

その中でもびっくりしたものって、なんだったっけかなぁと思い返してみると。

まず、墨のついた書道の筆を部屋中ひきずりまくったのは、絵的に衝撃受けました。笑
Rさんが仕事で筆を使っていたのですが、ちょっと目を離した隙に、筆をくわえて、部屋中ウロウロ。筆をガジガジ。
墨がたっぷりついた筆を引きずって歩いたので、部屋の中が大変なことになったのですが、こはくは奇跡的にも汚れひとつついていなくて、ほんとに不思議な出来事でした。笑

さらに、台所の隅っこに仕掛けておいた、コンバットを食べちゃったこと。
慌てて動物病院に連れて行ったら、先生曰く、コンバットの中身は、ゴキブリに対する致死量だから、犬は平気だけど、心配なのが、コンバットのプラスチック部分を食べてしまっていること。
ただ、噛み口を見る限り、よく噛んでいるようなので、たぶん細かく噛み砕いて飲み込んでいるから、便で排出されるとは思うので、このまま数日様子を見ましょう・・・とのこと。
数日後、プラスチックのカケラが入ったうんぴを排便し、とりあえず一安心。

次に衝撃の拾い食いがコレ。
b0090517_12253357.jpg
まさかの電子体温計~~~~ウソでしょっ。
「EE」の文字が哀れすぎ。
噛み砕いた部分、全部飲み込んじゃってるし~~~~~っ。
こちらは、私もRさんも出先にいて、病院に連れて行ける人がいなかったため、数時間出遅れましたが、とりあえずは元気な様子のこはくを連れて、慌てて病院に。
噛み砕いた電子体温計を見て、先生は「うーん。しっかりよく噛んでるねぇ」と、またまた言われる。
お褒めの言葉?笑
確かにこはくは、なんでもかんでもガジガジとよく噛んでいる。
飲み込んだ部分と、食べてからの経過時刻を判断して、たぶんすでにもう、胃は通過してしまっているとのこと。
あとは、この噛み砕いて飲み込んだものが腸を通る際に傷つけないように、排便の量を多くしましょうとのことで、まさかの大量のエサ支給に。えーー!なにそれ!笑
b0090517_1231155.jpg
1回の食事で、この缶づめ1個と、ドックフードをカップ1杯あげてくださいだって。
こはくにとっては天国じゃないの。
こちらも、数日後、無事に排便。

こはくの拾い食いするものが、とんでもないものになっていくにつれ、気を付ける私達の目もだいぶ行き届くようになってきたのですが、油断したときに、それはまたやってくる。

次にやらかしたのは、使用済みホッカイロ2袋。

こちらも、ちょっと目を離して部屋に戻ってきたら、敷いてあった布団の上がすごい真っ黒になってる・・・
誰かが土足で歩きまわったみたいな感じ。
えーーーー?なんでこんなに泥だらけ??って思ったら、傍には中身が空っぽになった使用済みホッカイロの袋が・・・
ひーーーーーーこんなものも食べちゃうワケ!?
すぐにゴミ箱に捨てなかった私が悪かったけどもさ~涙。

この日は、朝早かったため、まだ、病院もやっていない。
たぶん、もっと初期の頃だったら、超~~~パニくってたと思うんだけど、さすがにここまで拾い食い経験が増えると、最初にコンバット食べちゃったときのように慌てることもなく、ちょいとネットで調べてみた。

そうしたところ、使用済みホッカイロを誤飲しているわんこの情報は思っていた以上存在した。
そのどれもが、時間の経過と共にうんぴで排出されるか、嘔吐で吐き出すかのどちらか。
ホッカイロの主成分には、犬が中毒を起こすものは入っておらず、水を飲ませて様子を見る・・・との意見が多数だったので、病院の時間まで様子を見よう・・・と思っていたらその直後から、こはくさん、ゲェゲェと真っ黒いものを大量に吐き出した(これが飲み込んだ使用済みホッカイロね)。
その後も、吐き出す以外は特に変わった様子もなく、結局計7回の嘔吐で、真っ黒いものを全部吐き出し、ピンピン元気にしているので、病院にはそのまま行きませんでした。
後日、病院に行った際にその話をしたら、先生に苦笑されたけどね。ぷ。

なんでこんなに拾い食いするんだろ?って一時期は真剣に悩んで(友人に、拾い食いする犬なんて信じられないと言われて、余計心配に。苦笑)、動物病院の先生に相談したりしていましたが、子犬の頃は好奇心もあるから、なんでもパクッてくわえてしまうことは仕方ないことなんだそうです。
大人になっても、落ち着かなかったら問題なんですけどね・・・と言われた。

現在、1歳を迎えたこはくさんの拾い食いは、今ではだいぶ落ち着きました。

お留守番も全然できなかったんだけど、少しずつ部屋でおとなしく待つことができてきています。

確かに、ちょっとずつ、ちょっとずつ、大人にはなってきてるんですけど。

時にはやっぱりやらかしてます。

ここ数日の排便の量が、与えているエサに対して、明らかに多すぎるので(でも、変なうんちはしていない)、なんだかおかしいなぁ~と思っていたら、義母が畑から掘り起こしてほかしておいた里芋食べてました。コラーーーッ。

こはくさんの拾い食いが落ち着くまでには、もうちょっと時間がかかりそうです。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-09 04:15 | こはくの拾い食い | Comments(2)
写真の練習。
b0090517_17334377.jpg
今まで、写真は長年に渡って、結構撮ってきたのですが、こと動物に関しては、全然写真を撮ったことがなく、こはくさんがきてから、だいぶ苦戦しています。
先日行われたゆりはなドックランでの卒ワン同窓会でも、ほとんど写真が撮れなかった・・・orz。

ほぼ、全滅と言っても過言ではないです。

なので、こはくさんとボール遊びをしつつ、写真を撮る練習をしてみました。
b0090517_1731128.jpg
目指すは、躍動感のある写真。
b0090517_17343177.jpg
そうそう!頑張って走ってー!
b0090517_17355598.jpg
ほらっ。ボール行ったよ☆
b0090517_17361960.jpg
おおっ。追いついた☆
b0090517_17364413.jpg
そうそう。こういう躍動感のある写真が撮りたかったのだ。
b0090517_1737982.jpg
もういっちょ!駆け抜けるよ。

ほんとにたくさん撮ったのですが、使えそうな写真はこれだけ・・・成果厳しい><
これ、フィルムだったら、号泣してるところですよ。ひー
デジカメってすごいのねぇ。しみじみ。
デジカメでないと、こんな撮り方できないよ。

こうやって写真で見ると、とっても活発そうに見えるこはくさんですが、実際はこんなに活発じゃないです。
生き生きしてるのは、散歩のときとフリータイムのときだけ。

普段のこはくさんは、感情表現も希薄だし、ほんとにおとなしくて全く吠えないし(一週間に数えるぐらいしか吠えない)、ほとんど寝てばっかだし(まぁ。これはほとんどの犬がそうだと思うけど)、刺激を与えても反射がにぶい・・・というか、緩慢な動きしか見せませぬ。

人間だったら、人見知りでおとなしく、根暗な感じ?
ひゃ。私と真逆のタイプ。ぷ。

でも、そんなこはくさんでも、オンリーワンのわんこなので、全然OK。
めっちゃ愛してるし、ちょーーかわいい!(親ばか。ぷ)
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-08 04:28 | いぬとの暮らし | Comments(3)
プレイボーイ。 ②
b0090517_20544536.jpg
たくさん駆けっこして、さすがのこはくさんも、ちょっとは疲れたみたい。
お水もがぶ飲みしていたし、この場所と2匹のワンちゃんに慣れてきたようです☆
b0090517_2054484.jpg
そうしたら、柵の外に人影が。
人懐っこい2匹は、「わーい☆」と寄っていきますが・・・
b0090517_20545025.jpg
こはくさん、2匹が行ったところに自分も行きたいけど、見知らぬ人がいるから、やっぱり怖くて行けない・・・
b0090517_20545460.jpg
人影が去ってから、飼い主さんの足元に座って休憩していた2匹を、再び遊びに誘います。
b0090517_20545790.jpg
おかあさんも娘ちゃんも疲れてるんだから、休ませてあげればいいのに・・・というのは、人間の解釈。
犬社会では、誘われて余力あれば、立ち上がるみたいです。ぷ。
b0090517_2055471.jpg

b0090517_20554975.jpg
おかあさんと娘ちゃんのおかげで、こはくさん、とても楽しい時間が過ごすことができました☆
遊んでくれて、どうもありがとう。
b0090517_20555251.jpg
甲斐犬ちゃんズが去って、また、1匹に。
ちょっとだけボール遊びして、ドックランを後に。
b0090517_20555489.jpg
園内を散歩していたら、こはくさん、こんな動物を発見☆
b0090517_20555559.jpg
なんでしょう?この動物。こはくさんは初めて見るその姿に興味津々。
そして、ドギーパークを後にしました。

帰りは、再び談合坂SAで休憩。
今度は中型・大型犬エリアに2匹のワンちゃんがいました。
スタンダードシュナウザーのさくらちゃんと、ワイヤーフォックステリアのふるむちゃん。
b0090517_20555953.jpg
2匹ともすごい優雅でかわいい☆
ワイヤーフォックステリアって初めて見ました。毛がくるんくるんでとってもキュート☆
2匹が戯れている姿は、ブルジョア感満載ですが、そこにこはくが混ざると、あれ?って感じ。ぷ。

でもまた、これがシュールな絵でいいのよねぇ。笑

さくらちゃんとふるむちゃん、それぞれのママから、オヤツをもらいました。
さんざん怖がって距離をとって、挙句ベンチの下に隠れていたくせに、食欲のが勝ったこはくさん(さすがの食い意地)。
前は、オヤツで釣っても全然ダメだったから、ちょっとは進歩してるのかもしれません。ぷ。

こはくさんも保護犬ですが、ふるむちゃんも保護犬。
同じ境遇同士、いろいろお話させていただきました。

こはくさんの度胸付けも、まだまだこれから。
ふるむちゃんパパ&ママの話を聞いて、とっても勇気づけられたのでした。
どうもありがとうございました☆

で、今回の投稿のタイトル「プレイボーイ」。
なんで、このタイトルつけたのかと言いますと、この日1日こはくさんが出会った犬は、女子率100%だったから。
こはくさん、ハーレム状態でした。ぷ。
よっ☆色男!

関連記事:
プレイーボーイ。 ①

Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-07 03:53 | ドックラン | Comments(9)
プレイボーイ。 ①
梅雨の晴れ間が続いてますね☆
先日、ふと、休みが取れたので、富士スバルランドドギーパークに行きました。
先日のゆりはなドックランがとても楽しかったので、こはくさんをまた、わんこと遊ばせてあげたくて。
どうしてここのドックランを選んだのかというと、先住犬のぽんすけが唯一行ったことのあるドックランだからです。
b0090517_4123728.jpg
談合坂SAのドックランで休憩。
小型犬エリアにはわんこがたくさんいたけれど、中型・大型犬エリアには1匹もおらず。
隣のエリアが気になるこはくさん、じっと見ております。
b0090517_4123847.jpg
朝の散歩が終わってからすぐに出発しているので、車中、こはくさんはうつらうつらしておりました。

さぁ!ドギーパークについたよ!
ワンワンと元気な犬の鳴き声も聞こえるぅ☆

ところが、入場してから異変に気が付く。
駐車場に車がたくさん止まっていた割には、人影がありません。
そして、最初のドックランに着いて確信。
b0090517_4124083.jpg
犬っ子1匹おりません。ガーン。

さっき聞こえたたくさんのわんこの声は、ドギーパークで飼われているワンちゃんの声。

そっかぁ。今日は平日。
平日だと、こんなに人も犬もいなくて、閑散としているのか。ガックシ。

これだったら、うちの裏山で遊んでいたほうが・・・・モゴモゴっ。
やーめーてー!それだけは言わないで、Rさんっ(うちの旦那)!

しかも、こんなに閑散としているのに、園内のレストランでお昼を食べようとしたら、「今日は貸切なんで」と断られる。
なんですと。他に食べるところなんてないのに、どうすんだよぅ~~と、一旦ドギーパークを後にする。

お昼を食べて再入場。

お腹が満たされて、ちょっと落ち着いたので(私もRさんも空腹がなにより苦手。笑)、人も犬もいないことだし、ボール遊びでもしようかと、のんびり園内を散歩。
ドギーパークには6つのドックランがあります。
その中でも一番広くて自然豊かな場所にあるドックランに入ったら、最初は木陰で気が付かなかった隅っこに、なんとワンちゃんが2匹いるではありませんか☆
名前は聞かなかったのですが、甲斐犬のおかあさんと娘ちゃん。
茶色がおかあさんで2歳。黒が娘ちゃんで1歳。
2匹ともほんとに穏やかで優しいわんこ。そして、とっても懐っこい。
すぐに寄ってきてくれるので、「いいこだね~」って撫で撫でしたら、毛がふわっふわでとても柔らかかった☆
こはくさんとは全然違う質感です。
b0090517_413374.jpg
「遊ばせても大丈夫」とのことでしたので、おかあさんと娘ちゃんに遊んでもらいました。
最初は、ちょっと委縮していたこはくさん。
2匹に追いかけられて、尻尾だだ下がりのまま猛ダッシュ。
あんなにお腹に尻尾巻き込んで走ることもできるんだねぇ。そんなこはくの姿に苦笑い。
b0090517_4143733.jpg
ようやく3匹で戯れてるよ☆
こはくの尻尾も上がってきました。
b0090517_4151744.jpg
3匹ともまだ若いので、ピチピチしております。
犬と遊ぶのが大好きなこはくさん、駆けっこに誘ってもらいました。
b0090517_4155877.jpg
うっかりボールを落としたら、ボールの取り合いが始まっちゃった!
b0090517_416092.jpg
喧嘩になる前に慌てて回収。
b0090517_4164920.jpg
こはくさんと娘ちゃんは年齢が同じこともあって、おかあさんが休憩中も走り回ってます。
b0090517_4165452.jpg
とっても元気な白黒2匹☆
遊び上手なおかあさんと娘ちゃんに相手してもらったおかげで、ドックラン初心者のこはくさんも上手に遊んでいます。

関連記事:
プレイボーイ。 ②

Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-06 04:18 | ドックラン | Comments(2)
おさる発見。
b0090517_2063185.jpg
朝の散歩道。
あんな遠くに人影が。
b0090517_206334.jpg
旦那のRさん発見☆(おさるじゃないよ)
気が付いたこはくさんはリードを付けたまま猛ダッシュ。
散歩中にRさんと遭遇したら毎回繰り広げられるこの感動の再会。笑
b0090517_2063526.jpg
今朝はおさるの団体にも遭遇しました。
子ざるが2匹の大人4匹?ファミリーでしょうか。
写真がブレてて、よくわかんないかもしれませんが。
最初は全く気が付かなかったこはくさんも、途中で気が付くと耳がピーンと立って、上のほうを凝視。
しまった・・・さる撮るのに夢中で、こはくの写真を撮り忘れてしまった。涙。
ナイスな驚き顔だったのに。
b0090517_2063890.jpg
1時間も歩いたのに(しかも、そのうち半分はジョギング)、家に戻ったら、まだこんなに動き回る元気のあるこはくさん。
普段の引っ込み思案なこはくさんしか知らない人は、この活発なこはくさんを見ると意外に思われるそうです。
結構アクティブなのよ。この子。
野生犬だけあって、スイッチ入ると動きまくりですよ。笑
ただ、まぁ。反射神経とか瞬発力は、ちょっと・・・いまいちかなぁ?って感じです。ぷ。
b0090517_2064084.jpg
b0090517_2064291.jpg
最近、旦那の弟妹衆から、「あんまり散歩させて、体力つけさせるな」とクレームが。笑
というのも、ボランティアとかで何日か留守にする際に、旦那の弟妹こはくさんの面倒をお願いしているのですが、留守中の散歩作業が大変らしい。ぷ。
まぁまぁ。そうい言わずにがんばってね☆よろしくぅぅぅ♪
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-05 04:02 | いぬとの暮らし | Comments(4)
初☆雷さま。
先住犬のぽんすけは、雷が大嫌い!でした。

犬って大抵はそうなのかな?

でも、ぽんすけだけじゃなくて、旦那のRさんも雷大嫌いです。
なんでそんなに嫌いなんだ?と思っていたのですが、ここに越してきて初めてわかりました。

山の雷、半端ねー号泣。

ピカ!・・・・・・・・・・・・・・・・・ゴロゴロゴロゴロ・・・・・・

・・・って、感じじゃないのね。
まるで、爆弾投下されたみたいなの。

バーン!!!ドカーーーン!!!!

みたいな。
あんじゃこら~~~って感じで、私もすっかり雷恐怖症になりました。

そして、ちょっと前の話になりますが、5月の下旬頃、ついにこはくさんが雷に遭遇しました!
バッカンバッカン鳴ってる雷に、さぞや怯えてるんじゃ・・・・と思いましたが。
b0090517_4412512.jpg
ほれ、この通り。

大きな「バーン!」って音がしたときは、ふっと目を覚ましますが、しばらくすると・・・・
b0090517_4412312.jpg
すぐに、うつらうつら・・・
b0090517_4412245.jpg
しまいには、この体たらくです。うおい!

雷さま、超~~~~怖いんだぞっ。もうちょっとびびんなさいっ。自然に敬意を払いなさいっ。
今日の雷では緩かったのかしら?結構バッカンバッカン鳴ってたんだけどな。

今のところ、こはくさんの苦手なものは、とことん人間みたいです。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-04 04:42 | いぬとの暮らし | Comments(3)
本日も散歩日和。
あれ?関東って梅雨入りしたんですよね?
雨が降らない・・・ラッキー☆と、こはくを散歩に連れ出しております。

本日も、旦那のRさん、泊まりに来ていた姪っ子&甥っ子&義妹Yちゃんに加え、ハワイ旅行から帰ってきたばかりのもうひとりの義妹Sちゃんと一緒に犬日和な1日を過ごしました。
b0090517_214351.jpg
これから、山道へ散歩に行くというのに、念入りにボール遊び。
さーて。山道に向かって出発ですよ。
b0090517_214793.jpg
川のほうから「ワンワン!」と元気の良い犬の声が聞こえて立ち止まる。
今日は絶好のBBQ日和☆
ライフジャケット着た黒いわんこ(ラブかな?)が気持ちよく泳いでいる姿と、元気よく駆けずり回っている2匹の犬の姿が見えました。
b0090517_2141124.jpg

b0090517_2141424.jpg

b0090517_2141645.jpg

b0090517_2141827.jpg

b0090517_2142030.jpg

b0090517_214223.jpg
甥っ子・姪っ子・義妹のSちゃんにはなんとなく懐いているこはくだけれど、普段あまり接点のないもう一人の義妹Yちゃんには、最初はビクビクしていたけれど、こうやって一緒に散歩しているうちに、なんとなく慣れてきたような気がします。
とはいっても、これでしばらく会わなくなると、最初からやり直し・・・、今度会ったときに、また、ビクビクしちゃうと思うんだけど、これもこはくの個性だからね。仕方ない。Yちゃんには慣れるまでもうちょっと頑張ってもらいましょう☆
約2時間の山歩き。
元気なのは、こはくと姪っ子ばかり・・・さすがに毎日犬の散歩しているとはいえ、林道歩きはくたびれました。
(体にはとってもいいんだろうけどね☆)
こはくは尻尾ピンピンで走り回っていたから、きっと楽しかったんだろうね。
b0090517_2142350.jpg
姪っ子ちゃんは四つ葉のクローバー探しの名人です。
今日もこの2時間の間に9本も四つ葉見つけてた・・・すごい!
大人とは違って、心の眼がキラキラなんでしょう。
私なんて、どんなに凝視したって見つけらんないもん。
肉体の目も心の眼もどよーーんって曇っちゃってる感じです。ぷ。

姪っ子ちゃんの四つ葉を探す姿を見て、履歴書の特技の欄に「四つ葉のクローバー探し」って書いてあったら、いいかも!なんて、ふと思いました。

ステキだよねぇ。「特技:四つ葉のクローバー探し」だなんて。
私が面接官だったら、迷わず、即採用!ですね。
たくさん幸せ運んでくれそうだし。ぷ。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-03 04:12 | いぬとの暮らし | Comments(0)
こはくの1歳の誕生日☆
b0090517_4313258.jpg
・・・というワケで、こはくさん、6月1日に無事に1歳の誕生日を迎えました☆

ようやく1歳。
我が家にきたときよりも、体重は2倍の15kgになりました。

さて。
特にこれといって、変わりばえのない1日ではありますが、こはくの記録として残しておきたいと思います。

朝はいつもと同じ時間に、お気に入りのコース(私のお気に入り。笑)へ散歩。
しばらく歩いていたら、前から人影が・・・
b0090517_432742.jpg
先に気が付いたこはくの耳がピーンと立ってる。
前から歩いてきたのは、旦那のRさん。
めったに人に会うことがないのに、会ったのが自分の知ってる人・・・とわかるや否や、こはくのテンション一気に上昇☆
b0090517_4324212.jpg
大喜びで駆け寄って行きました。笑
b0090517_4331035.jpg
そして、今日は、義妹ちゃんの息子・娘が偶然にも遊びにきて、一緒にこはくの誕生日のお祝してくれました☆

姪っ子ちゃんはこはくが大好きなようで、午後からは一緒に散歩。
b0090517_434555.jpg
姪っ子ちゃんが池のほとりに咲いていたユキノシタの花に興味を示して、一緒に見に行く。
そうしたところ、今まで池の前を何度も通っているのに、錦鯉を認識していなかったのか、本日初めて、こはくが錦鯉に対して反応示しました。
すごいびっくりして、後ずさりしてる。笑。
つか、ほんと、気が付くの遅いよ・・・こはく。苦笑
b0090517_4343688.jpg
朝の散歩で通った道を、今度は姪っ子ちゃんと一緒に駆け抜ける。
b0090517_4345968.jpg
姪っ子ちゃん、ほんとにこはくが大好きなんだね♪
b0090517_4352476.jpg
こはくと仲よくしてくれて、ありがとうね☆

そして、この日のこはくのディナー・・・
義妹・姪っ子・甥っ子みんなが見守る中、こはくに差し出されたRさんからのプレゼント。
b0090517_4354928.jpg
マジか!?
こんなの、私も食べたことないんですけど。苦笑。どんだけ親バカ・・・笑
先住犬のポンスケにも一度だけプレゼントしたことがあるそうで、今回、こはくにも同じものを贈ってくれました。
それにしたって、どんだけの贅沢品をあげてるんだか。でも、今日は大目に見てください。
b0090517_4385320.jpg
一応、「マテ」して写真なんかを撮ってみました。
わかってる・・・わかってますよ。犬がどのくらいのペースで食べちゃうかぐらいっ。
「ヨシ!」の合図と共に、案の定、わーいっ!と食いつくこはくさん。
意外とよく噛んで(味わって?)食べてくれました。
それにしたって、人間が食べるより全然早くて、一瞬と言えば一瞬。
泡と消えた肉。儚すぎ。涙。

こんな感じで過ごした誕生日ですが、こはくさん的には嬉しかったんでしょうか。
楽しかったかな?夜はぐっすり眠ってるし。笑
いっぱい人が来て、疲れちゃったのもあると思うんだけどもね。

そうそう。

この日は午前中、フィラリアの薬とフロントラインをもらいに動物病院にいったのですが、その際にいろいろと先生から話を伺ってきました。
こはくの抜け毛のこと、マムシ・ヤマカガシ・スズメバチ対策。あとは、こはくの強烈人見知り性格のこと。

こはくの人見知り。
こはくの個性と思いつつも、どこか気になる部分もあって、改善の余地も含めて世間話みたいな感じで先生と話をしたのですが、その際に、先生は、「こはくちゃんの性格を見ていると、Nさん(私)の家に引き取られて、本当によかったと思いますよ」と。

先生曰く、こういう臆病な子の場合、あんまり構ってもらえない家だと、怯えや恐怖が悪いほうに増長して、吠えたり攻撃的な性格に転じてしまうことが少なからずあるとのこと。これだけ臆病な子が、こんなに穏やかな顔をしているのは、きっと私の家に引き取られて、安心して生活しているからだと思う・・・と。
「こはくちゃんは幸せだと思いますよ」と、言っていただきました。

そっか。先生の目から見て、こはくは穏やかな顔してるんだ~って。
なんだかその言葉がじんわり嬉しかった。

私は犬飼い初心者だし、こはくと最初に出会った頃は、こんなに人見知りな感じがしなかったので、「もしかして、私の家に来たのが原因なのかなぁ?」とか、「保護主だったKさんと離れちゃったのが原因なのかなぁ?」と、よくわからないなりに、私もいろいろと考えておりました。
だから、先生から「そんなことないよ」って言ってもらえたみたいで、私のほうが安心しちゃいました。ぷ

さて。
こんな感じで過ごした6月1日。
特に何もしないで過ごす予定だった割には、結構盛りだくさんだったかな?

こはく、お誕生日おめでとう☆
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-02 04:42 | いぬとの暮らし | Comments(6)
梅雨の晴れ間
関東もいよいよ梅雨に突入!

梅雨ともなると、晴れ間は貴重なので、今日は一度行ってみたいと思っていた秩父のほうのドックランに行こう!と、意気揚々と出発したのはいいのですが、途中でETCカード忘れたことに気が付いた・・・orz。
なんだかETCカード使わずに高速乗るのが癪だったので、こはくさんのオヤツだけを購入して帰宅。

午後からこはくさんを引き連れてロングコース山登りに行ってきました。
b0090517_4522948.jpg
裏山から稜線に抜けるルートは何本かあるのですが、ここが一番歩きやすいかな。
そうは言ったって、一般登山道ではないので、あまり整備されてない急斜面は歩きづらい。
こはくは楽勝みたいだけど。
b0090517_4525494.jpg
最初の開けたポイントに出ました。
下のほうに建物見えるでしょ?
ここは、こはくさんが大好きなゴールデンレトリバー(♀、14歳)のチャラおばさんが住んでるところ。
チャラおばさんの吠え声が稜線上まで聞こえて、こはくさんは斜面をかけおりていきそうな勢いを見せたけど
やっぱり度胸がないみたいで、途中で立ち止まって、チャラおばさんの声に耳を傾けています。
ほんとにチャラおばさん、大好きなのねぇ。笑
b0090517_4535328.jpg
稜線上を歩いていると、何本かの分岐点があります。
もっと本格的に歩くのであれば、とってもとっても山奥まで(それこそ、奥多摩のほうまで)つながっており、そこを歩くとなると余裕で何時間どころか、何泊とかの勢いになってしまいますが、1~2時間ぐらいの山歩きをするのであれば、大体3本の道に分かれます。
b0090517_454235.jpg
今日は、その3本のうち、あまり歩かない1本のルートを歩きました。
なんかねー。これ、とっても不思議なんだけど、我が家の敷地の右のほうから山道入って、左のほうへ下山してくるみたいな感じなの。
1時間も歩いているのに、入り口と出口が100mも離れてないのが不思議で仕方ない(だから、あんまり歩かないのです。ぷ)
b0090517_4544248.jpg
こはくはRさんに連れられて、よく山の中に入っているから、私より道詳しいです。
なんだかよくわかんないような道もタッタカ進んでいきます。
こはく!私が道に迷ったときは、よろしく頼むよ!
(うーん。でも、薄情な犬だから、私、見捨てられるかも。ぷ)

約1時間の山歩き。
下山後は、こはくさんを丸洗い。犬日和でございました☆

そして、本日、6月1日は、いつ生まれたかわからないこはくの誕生日になります。
この日を誕生日にしようと決めました。理由は・・・1日だったら忘れないから。
でも、6月生まれには間違いないのです。
こはく、ようやく1歳になったね☆
お誕生日おめでとう!
特別に何かをする予定はありませんが・・・この日のことは、また別記事に書こうと思います☆
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-06-01 04:57 | いぬとの暮らし | Comments(2)
心折る感じ。
b0090517_4573340.jpg
でーん!と広がって(曲がって?)寝ているこはくさん。
窮屈そうに見えますが、こはくさんなりに伸び伸びしております。ぷ。
今日は午後からお友達が遊びにくるんだよ。大丈夫かな?

って。

何が大丈夫かと申しますと、このことはおいおい別記事にも書こうかとは思っているのですが、こはくは、強烈人間苦手犬なんです。
威嚇行動は一切見せませんが、誰か知らない人がくると、尻尾をお腹にまで巻き込んで(だだ下がり)、後ずさり・逃げる行動を繰り返します。
(傾向としては、志村動物園でベッキーが保護した、あの2匹のわんこに感じが似てる。あそこまで怯えてはいないけど。なので、ベッキーわんこの今後がとても気になっております。笑)

かといって、じゃあ、強引にいったらどうなるの?と言いますと、別にどうもしない。
緊張して固くなってはおりますが、別に触ったら触ったで、されるがまま。
暴れたり嫌がったり吠えたりといった激しい行動をするわけではないのです。

こはく見てると、ただ「怖い」。それだけで、じゃあ、怖いからどうにかしようという感じはないのです。

まぁ。
この人に全く懐かない感じは、犬を好きな人の心をことごとく折るわけなんです。苦笑
先日遊びに来てくれたMさんも、「犬のいない人生なんて考えられない!」というくらいのわんこ好き。
なのですが・・・
b0090517_457396.jpg
・・・案の定、玄関にMさんの気配を感じるや否や、いつものポジションにダッシュで隠れて丸くなる。
あとは気配を消してじーーーっと様子をうかがっている。
b0090517_4573670.jpg
数時間後には、ようやくちょっと慣れたのか、うつらうつら眠る様子も見られたけれど、Mさんのちょっとでも動く気配を感じようものなら、この目線ですぐに警戒。そして、大きなため息つく犬。

犬好きのMさんの心をさぞや折ってしまったのではなかろうか・・・
b0090517_4574222.jpg
だけども、Mさんは、笑顔で「全然大丈夫ですよ!」と言ってくれて、散歩に行けば、ちょっとは仲よくなれるかも・・・と話したら、こうやって散歩に連れ出してくれました。
ようやく、こはくさんの尻尾も上がったよ☆(とは言っても、やっぱり散歩の間中、だいぶ警戒していたけれどもね。ぷ)
b0090517_4574553.jpg
散歩から帰ってきたら、Mさんの「お座り」の指示には従うも、「お手」の指示に対しては、ほれ、この通り。
逃げたい気持ちいっぱいなんだけど、「お手」って言われちゃうと、お手をせずにはおれんのです~~~という、こはくさんの心の叫びが手に取るようにわかる、逃げ腰お手写真。

最後の最後まで無礼な犬でごめんねっ。Mさん。

とはいえ、飼い主としては、やっぱりこはくさんにはある程度の社交性を身につけてほしいので、こはくさんが人間苦手だとわかっていても、避けるようなことはせずに、私達の生活に合わすことができるよう、これからもいろんな経験をさせていきたいと思います。
(と、書いておきながらも、これがこはくの性格だったら、治らないかも~涙)

人見知り犬、どうやったら人間に慣れるのでしょうか?
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-05-31 05:00 | こはくの人見知り | Comments(0)
ウッドチップの道
b0090517_4535135.jpg
吊り橋渡って、瀬音の湯へ抜ける、ウッドチップの道。
ウッドチップの道は、私が歩いていてもふかふかして気持ちいいので、こはくさんも気持ちよく感じているかもしれない。
ウッドチップの道と言えば、隣の桧原村にある都民の森から、三頭山へ続く登山道にも、ウッドチップが敷かれています。
三頭大滝までの道が「森林セラピーロード」として整備されており、ウッドチップが敷かれているのです。
ここの道も歩きやすくて気持ちいいです。

三頭山、ご無沙汰してるなぁ。
三頭山は数時間で往復できる山なので、午前中に登って下山し、都民の森の食堂でお昼ごはんを食べて帰る・・・なんてことをよくやっていました。笑
ここのコロッケ定食が大好きなんです。侮れない美味しさですよ☆
b0090517_4543158.jpg
地面に黄色い花がたくさん落ちてる・・・と、ふと見上げたら、こんなキレイな花が咲いてました。
b0090517_4545888.jpg
新芽が赤茶色の葉っぱなの。不思議。大きくなって緑に染まっていくのかな。
b0090517_4552027.jpg
木に巻き付くツタの芸術的な美しさ。
まるで服を纏っているみたい。
秋には紅葉して、見事なグラデュエーション見せてくれます。

季節はあっという間に移ろい、気が付けばもう梅雨入りです。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-05-30 04:57 | いぬとの暮らし | Comments(0)
父とこはく
私の実家のおとんは、犬・子供が大嫌い(それについては、いずれ別の記事でおいおい・・・)

ところが、2番目の妹にチョビスケ(孫)が生まれてからはコロッと変わり、子供(孫)大好きジーコに変身。
(うちの実家の父と母は、孫に「ジーコ」「バーコ」と呼ばれています)

そして、その余波はこはくにまで。

先月のことなんですが、実家に帰る際に、「こはく連れて帰るから」とおかんに電話したら、電話を切った後、おとんが「犬を絶対家に上げるな!」っておかんに文句言ってたそうだ。
その前にも一度連れて帰ったことがあるんだけど、こはくの抜け毛がひどくて、部屋の絨毯を毛だらけにしちゃったのがいけなかった(実家のおとんは、超~~~~~キレイ好きなんです)

ところが、連れ帰ってみれば、ほれこの通り。
(写真が仏頂面なのは、逆光でまぶしいから。笑)
b0090517_445810.jpg
この日、私は用があって実家に帰っていたんだけども、こはくを家に置いてでかけている間に、おとんがこはくを散歩に連れ出したんだよね(おとんは、好奇心旺盛なので、文句言ってる割に、こはくの散歩とか、やったことないことにチャレンジするタイプなのだ)
それをきっかけに、こはくの存在が超気になるらしく、なんのかんのと、こはくを構う、構う(そう。がんこなおとんのいいところは、単純なところ。ぷ)
b0090517_4454680.jpg
しかも、こはくはえらくおとなしい犬なので、がんこなおとんの「お座り!」「伏せ!」の指示にも素直に従うし、無駄吠えもないから、さらにおとんのハートをゲット(なぜかこはくの強烈人見知りが、今回あまり発揮されていないのも幸い。遺伝子近いからかな?)。

そんな感じで、実家のおとんとおかんに、たくさん可愛がってもらいました。
おとん、毎日散歩も2時間近くも行ってくれたし。
おかげでこはくは、ぐっすり(ぐったり?)。

おとん、ほんとにどうもありがとう。
b0090517_449511.jpg

Top▲ | # by lomo-papi | 2013-05-29 04:51 | いぬとの暮らし | Comments(7)
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ⑦
b0090517_6353562.jpg
さーて。ながながと7回に分けて書いてきましたこはくのドックランデビューも、これで最後に。

これは、みんなで撮った集合写真です。

これが、参加者+参加犬。29家族+43匹。すごい数。ぷ。

スイッチ入ったこはくさんは、この写真を撮るときも、最後まで捕まらなくて、みんなを待たせちゃったし、そして、この会が終わったのが14時なんだけど、時間になって全然捕まらなくて(実は、会が終わる1時間ぐらい前から、こはくをリードにつなごうと隙を伺っていたのですが、全然戻ってきてくれないし。涙)、ついには、最後の1匹に!やーめーてーーーー

はつゆきの預かり親のTさんに助けてもらって、ようやく逮捕できました。ほーーっ。

本当に助かりました。Tさん、ありがとうっ。
このまま捕まらなかったらどーーしようって、嫌な汗じんわりかいてました。笑

それにしても、楽しくて貴重な体験でした。

お互い、どんな素性なのか知りもしない者同士が、「犬」という共通項だけでつながる人間関係。

不思議。ほんと、不思議。

犬の話してるだけで、一緒の空間が共有できちゃうんだもの。しかも、楽しく。
今まで、こんな不思議な人間関係の中に身を置いたことがありませんでした。

なんか、ちょっと犬っぽい関係かも。
人間も群れてた?みたいな。笑

犬は、一緒にいる空間の中で、適当に遊んでるからね。
人もつられて、そんな感じになるのかな。笑

私は、過疎化&高齢化が進んでいる集落に住んでいるので、散歩していても人や犬に会うこと、まったくありません。
1ヶ月に数えるぐらい。
だから、こはくさんにはまだ、お友達と呼べるわんこのお友達は、ほとんどいないと言っても過言ではないのです。

Kさんのお家にいたころ、たくさんのわんこと過ごしていたおかげで、こはくさんはわんこ好きな犬に成長してるから、ほんとはもっと、お散歩とかでほかの犬に会えたらいいのになぁと、薄らぼんやり思っていたから、こんなにたくさんのわんこに久しぶりに会えたこはくさんは、刺激いっぱいだったに違いない。

おかげで、私も面白くて、楽しかった。
呼び戻しのできないこはくさんを連れて行くのがだいぶ不安だったのですが、みなさん、温かく見守ってくださり、思いきって参加してよかったです☆
本当にありがとうございました♪

おまけ:
b0090517_6385251.jpg
ドッグランを後にしたこはくさんは、帰りの車中でも、家に帰ってからも爆睡。
たまに夢を見てるのか、ふぁーふぁー寝言言いながら、足をバタバタさせてる。
ドッグランの夢でも見てんでしょーかね。
楽しかったのかな。よかったね。笑

たくさんのわんこが、いろんな人に撫でてもらって、抱っこしてもらう中、誰にも撫でさせることなく無礼な態度をとり続け、人とは一定の距離を保って、ランを走り回ってたこはくさん。

撫でてはもらえなかったけど、名前、たくさんの人に呼んでもらってよかったね。
ほんとにみんな優しかったね・・・こんなに愛想のない犬なのに。

来年もまた、同窓会あるそうだから、そのときにはもうちょっと人馴れしておこうか。
一緒に頑張ろうね。笑

関連記事:
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ①
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ②
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ③
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ④
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ⑤
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ⑥

Top▲ | # by lomo-papi | 2013-05-28 06:39 | 卒わん同窓会2013 | Comments(0)
日光浴
b0090517_458467.jpg
この季節は、暑すぎず寒すぎず。
吹く風もさわやかでほんとに気持ちいい。
いつも通り、ぐるりと一回りした後、日光浴しながらちょっと休憩。
b0090517_4585376.jpg
まぁ。大概は言うこと聞かないんだけれども、「こはくー」って呼んだら一応は来てくれる。
(匂いかぎ・拾い食いに夢中になっていないときは)
ただ、この道は傾斜のきついアスファルトの坂道なので、全力疾走したら体に負担がかかるんじゃないかと心配。
b0090517_4585637.jpg
とは言っても、犬っころだから、すぐに追っかけてきちゃうんだけどもね。
b0090517_4584989.jpg
なるべく体に負担がかからないように、地面が土のところに連れて行きます。

ところが、だんだん虫が増えてきた・・・あっという間に、ぶよ・蚊に囲まれます。
虫よけが手放せない時期に突入。
こはくも蚊の襲撃を受けるから、山に行くときは虫よけスプレーつけるようにしないと。

山の蚊に刺されると、パンパンに腫れちゃって、どうしようもなくかゆい。
下手したら2週間とか腫れっぱなし。
埼玉に住んでいた頃は、蚊に刺されたってこんなことにならなかったのに。
これって年のせい?それとも、山の蚊が強力なのかな。

虫も出現する動物もレベルが高くて泣けてくるよぅ。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-05-27 05:00 | いぬとの暮らし | Comments(0)
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ⑥
さて、到着したばかりの頃は委縮していたこはくさんも、時間が経つに連れて慣れてきた・・・・
慣れすぎてきた!

環境変わると水すらろくろく飲まないこはくさんが、ほかの犬と交流をはじめ、人間を警戒しながらも、あちらこちらをウロウロして、ついには、水をがぶ飲みし始めたころから、いやーな予感し始めたんだけど、気が付いたら、スイッチ入った顔してた。

スイッチ入った顔→飼い主の言うこと、まったくきかない。

ひーやばいっ。

実は、旦那のRさんが一緒に行けないことが判明したときに、懸念していたことがこれだった。
こはくさん、スイッチ入ると全く呼び戻しできない。
ドッグランで捕まえられなかったどうしよ・・・。

スイッチ入ったこはくさんは、元気いっぱい、かけっこ大好き犬に変身。
気が付けば、いろんな犬と追いかけっこしまくってました。

ダッシュしてて、ほかの犬が掘った穴に躓いて、激しく転んだときには、びっくりしたけど。笑
犬のマジ転び、初めてみました。
すごかった・・・顔とか強打して、思いっきりぶっ飛び転んでいたのに、ケガひとつしてないし。

そういう頑丈なとこ、私っぽい。ぷ。

もともと、私、ほんとに病気もしないし、原付バイクで事故したことも3回あるけど、どれもかすり傷だった。
なかでも骨太で丈夫だなぁと思ったのが、昔、経験したJR池袋駅、山手線ホームでの出来事。

朝の通勤ラッシュ時、大雪で電車のダイヤが大幅に乱れて、超~~~殺気だって人が溢れかえっているホームで、電車に乗る際に、後続から押され、足を電車とホームの間に落っことして、将棋倒しの一番下敷きになってしまったことがあるんです。

人の重さに圧迫されて息できないし、胸は押しつぶされるし、足は挟まって変な方向に曲がってるし、コレ、マジやばいかも!って命の危機感じました。さすがに。

ところが、サラリーマンのおじさまに、救出されたところ、脛のかすり傷以外、どこも傷無し・・・
ロングブーツ履いていたとはいえ、あんなへんちくりんな体制だったのに、骨も異常なし。
このときは、骨太に産んでくれた両親に、心の底から感謝しました。
そのあと、当時働いていた会社に出勤したワケですが、さすがに髪ボサボサ、服はヨレヨレ、ブーツはずるむけ状態の私を見て、みんなびっくりしていたけどね。笑

そのくらい、私も丈夫。頑丈。
きっと、こはくと同じようにダイナミックに転んでも、私も平気だと思います。ぷ。

おっと話が逸れました。笑

さて、こはくさんは、前半戦ガチガチに委縮していたせいで、調子に乗りはじめたのが後半戦にきてから。
でも、その頃には大半の犬は、遊び疲れてぐったりまったりしてる。

そんなこはくさんの相手をしてくれるのは、やっぱりこはくさんと同じ年齢ぐらいのわんこ達。
だから、みんな元気いっぱい駆けずり回ってました。

で、この動画。

なんかね。
この動画を見てて思ったんだけど、これ、一見3匹で戯れてるように見えるんだけど、よく見てみると2匹しか戯れてないのわかりますか?
こはくさん、なんかこう、遠巻きに遊んでほしくて、一緒について回ってるみたいな感じ。笑

こんな感じで、こはくさんは、ほかの犬とも遊んでるんですよ。笑

なんつーか・・・・こはくさんって、相手にされてなくても、自分が楽しければいい!みたいな感じなのね。笑

超マイペース。

びびり犬で、感情表現とかもささやかなこはくなんだけど、こはくなりにこうやってマイペースで楽しんでるみたいなのがわかりました。笑

私からしてみると、相手にしてもらえてないみたいで、ちょっとかわいそう・・・なんて思っちゃうんだけど、でも、それは人間の感覚。
さらに時間が経つと、ちゃんと一緒に遊べるようになっていたので、よかった☆

最後はベスちゃんと追いかけっこしてたね。
ベスちゃんも、とっても元気なワンコさんなんだそうです。笑
ベスちゃん、遊んでくれてありがとう。

関連記事:
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ①
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ②
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ③
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ④
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ⑤
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ⑦

Top▲ | # by lomo-papi | 2013-05-26 09:43 | 卒わん同窓会2013 | Comments(0)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin