そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ②
今日は、私の旦那、Rさん家のペット事情を。

Rさんは私とは真逆の環境で育ちます。

自然がいっぱいの山奥で生まれ育ったRさん。

自然の動物のみならず、ペットとしては犬5匹・ネコ・リス・インコ・チャボ・ウサギ・錦鯉・・・・
私が知っているだけでもこれだけの動物を過去に飼っておりました。

その飼い方も破天荒で、チャボが時々部屋にあがりこんでは一緒に食卓でごはんを食べていたり、リス・ウサギは部屋の中で放し飼いになっていたり(ときどき、自由時間がもらえていたみたいです)。
もともとツガイで2匹だったチャボも、気が付けば20匹ぐらいに増えて、それはそれはかわいがっていたそう。

Rさんも動物もフリーダムを謳歌して成長します。

大きな声では言えませんが、犬も敷地内をフラフラと自由に生活しておりました。
今は厳しいからそんなことしたら怒られちゃうけどね。
飼い主の責任問題も問われちゃうしね。

でも、昔はもっと大らか(いい加減?笑)に犬を飼ってる人も多かったと思うの。
飼ってる犬も血統書つきのわんこじゃなくて、雑種が多かったし。
ごはんは人間が食べた残飯だし。
私の実家の近所で飼われていたジョンも、よくフリーでフラフラしていました。
(なので、ジョンと一緒に遊んだりしていた)
まぁ。そういう犬って、大体近所中が知ってるんだよね。「Sさん家のジョンだ」って。
今じゃほんと、そういうの考えられないけど。笑

犬を拾うのも捨てるのも、もっともっと簡単でいい加減だったのが昔。

Rさん家で飼われていたわんこ5匹も、全部元捨て犬でした。

b0090517_16371794.jpg
で、最後に飼われていたポンスケが17歳という年齢で大往生したのが6年前。
義母も義妹もRさんも、家族みんな、涙涙のお別れしました。

その頃私は、結婚はしていたものの、まだ、Rさんの実家には住んでおらず、Rさんと二人で別の家に住んでいたので、ポンスケが死んだのもRさんの口から聞いただけでした。
実際にポンスケの亡骸や埋葬には立ちあっていません。
ただ、Rさんがとってもとっても悲しんでいたことだけは、今でもはっきり覚えてるんだ。

そのとき、ふと思ったのだ。

いぬと人間の絆みたいなもの。

私もRさんも動物は「かわいい」と思っていても、その心の深さみたいなもんが全然違う。

私の「かわいい」はどちらかといえば、見た目とかの愛玩的なものなんだけど、Rさんの「かわいい」は、もっと根っこが奥深くて「愛情」のほうへ近いもの。

それは、やっぱり今までの生活の中にずっとずっと「動物」がいたから。
自然とRさんの中ではぐくまれていたんでしょうね。

Rさんにとって、生活の中に動物がいるのは「普通」。
私にとって、生活の中に動物がいるのは、好き・嫌いという以前に、そもそも「関心がない・考えたこともない」。

そんな感じで、私とRさんは動物に対しては、まったく違った認識を持っていました。

関連記事:
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ①
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ③
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ④
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ⑤
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ⑥
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ⑦
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ⑧
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ⑨

Top▲ | # by lomo-papi | 2013-08-19 04:54 | こはくが家族になるまで | Comments(2)
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ①
b0090517_224211100.jpg
(写真は去年のクリスマスのこはくさん)
前日の記事にも書いたけれど、そろそろ2頭目・・・なんて考えている我が家。

Rさんは、こはくさんで5代目のわんこになるのですが、私は犬を飼うのはこはくがはじめて。
すっかり犬との暮らしが楽しくなって、こんなに楽しいのであれば、もっと早く迎えればよかった~なんて思ってしまう今日この頃。

2頭目を迎える(かもしれない)前に、どうして我が家が犬を飼うことになったのかを、記録しておこうと思いました。
記憶力抜群のRさんは、きっと何年経っても何十年経っても、こはくさんを迎えた日のことを色鮮やかに覚えているんでしょうけど、私は・・・なんつーか。ほんとに忘れっぽいのだ。

さすがにこはくが保護主Kさんに連れられてやってきた日のことは忘れないと思うんだけど、けれど、細かいことは忘れちゃう自信があるので、まだ、記憶が鮮やかなうちに、書いておこうと思います。
(今の時点で書けること自体、忘れっぽい私にしては、よく覚えているほうなのだ。笑)



では、まず、私の場合から―――――

そもそも。

私、子供の頃から、「ペットとの生活」に、まったく縁のない環境で育ちました。

というのも、私の実家の父親は動物・子供が大ッキライ。
年をとって、だいぶ丸くはなったものの、神経質でキレイ好きなのは相変わらず。

子供が泣けば「うるさい」。
犬が吠えても「うるさい」。

あと、当時、埼玉県M町に住んでおりましたが、犬を散歩している人のモラルも、最近の人のように全然なってなくて、犬が糞したら、しっぱなし・・・片づけももしない。

毎日毎日、家の周りや庭掃除をしていた父は、糞を拾わない犬の飼い主を見つけては文句を言い、犬の飼い主も負けじと言い返し、よく外では「コノヤロー」「クソじじぃ!」なんて言い争いが、それはもう頻繁に聞こえておりました。
おかげさまで父親の犬嫌いに拍車がかかる。

そんな環境なので、当然「犬を飼おう」「ネコを飼おう」なんて、話が出るはずもないです。
昔は、捨て犬、捨て猫がその辺にいたから、当然子供だった私は、連れて帰っては父母におねだりするが「ダメ」で一蹴。ハイ、終了。

とは言っても、すごーーーく小さい頃、犬がいたみたいなんですよね。

私の記憶にはないんですけど、写真を見ると写ってる。
雑種の黒い犬が。

あの犬、どうしたんだ?

私が物心ついたころにはいませんでしたが。
今度、実家の母に会ったら聞いてみよう。

ま。そんな感じなので、私、3★年間、ペットとは全く無縁の環境で生活していました。

なので、他人が飼っている動物に対して、「かわいい」とか「苦手」という以前に、「興味がない」というのが、正直なところ。
自分の人生に動物がかかわるなんてこと、想像したこともありませんでした。

関連記事:
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ②
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ③
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ④
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ⑤
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ⑥
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ⑦
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ⑧
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ⑨

Top▲ | # by lomo-papi | 2013-08-18 03:58 | こはくが家族になるまで | Comments(2)
オープンシェルター
b0090517_19101228.jpg
先日、オープンシェルターなるものに行ってきました。
ワンの里親会みたいなもの。
ワンの保護団体が保有してるシェルターで、里親会のようなものが開催されているのです。
主宰団体は「ALMA(アルマ)」。
ここの団体は、都内にワンのための都市型シェルター「アルマ東京ティアハイム」を保有しておりまして、1軒のお家がシェルターになっております。
毎週日曜日にオープンシェルターを開催しています。

こはくさんを迎えて、まだ、1年も経ってないのに、もう1頭考えるのって早すぎるかな。
私の周りの友人は多頭で飼っている友人も多く、話を聞いてみると、大半の方が「1頭も2頭もあまり変わらない」「多頭暮らしは楽しいよ♪」との返答をもらいます。
そして、なにより、我が家でのこはくの生活スタイル見ていると、「もう1頭いたら・・・」と思わずにはおれません。
自然がいっぱいのところだから、こはくさんと一緒に伸び伸び育ってもらいたーい☆というのが、本音。
(そして、あわよくば、その子と一緒に私の代わりに庭を駆けずり回ってもらいたい。ぷ)
なので、しばらく前から、「こはくさんに妹かお姉ちゃんを・・・」と考えておりました。

ところが・・・正直、もう1頭ほしいなぁ~と思っても、私、ほんとに迎える子に、こだわりなくって・・・。
こだわりないというか・・・わかんないというか・・・選べないというか。
里親さん募集のワンを見ていても、この中から1頭・・・っていうのが、どうしても選びきれないのです。

たとえば、犬種とか、見た目とか、どういうタイプの犬がいいとか、もっと具体的に「こういう子を家族に迎えたいっ」っていう強い気持ちがあればいいんだけど、どうもその辺が漠然・漫然としている。
ワンの写真を見てても、「あ!この子がいいなぁ☆」みたいなインスピレーションもなく。
かといって、こだわりないとか書いてるけど、「じゃあ、どんな子でもいいの?」って聞かれると、それも違う。

ただ、譲れないというか、これだけは絶対・・・というのは、「こはくさんと相性のよい子」ということかなぁ。

その点、Rさんのほうは、具体的に「この子がいい」というのが、はっきりとある。
いつでも里親募集中のサイトを見て、「この子がいいかなぁ」って、具体的に選び出せるんだからすごいわい。
(こはくさんを選んでくれたのも、実はRさん。たくさんのワンの中から、見つけ出したオンリーワンがこはくさんなのだ)

そのRさんが、いつ里や収容犬を救う会の中に気になる子が何頭かいるんですけど、そのうちの1頭がオープンシェルターにいるので、見に行ってきたのです。

オープンシェルターは、住宅街の中にある1軒家でした。
わー・・・すごい。シェルターが普通のお家であることにびっくり。
なるほど。確かに普通のお家がシェルターになっていれば、ワン達はその時点ですでに「家で生活する」ということが自然と身につくわけなんですよね。すごいなぁ~

こはくさんも連れてきていたので、とりあえず、私が先に一人で行き、こはくも中に連れて入っていいかどうかを聞くと、「ワンはダメ」とのことだったので、Rさんとこはくを車に残して、まず先に私が見に行きました。
お目当ての子・・・いたいたぁぁ。元気に吠えてるよ。笑
写真で見るのとだいぶ感じが違いました。
違ったけど・・・・うーん。どうなんだろう?サイズ的には可愛い感じ。
年齢は1歳と書いてあったんだけど、実際は7か月なんだそーです。
となると、もうちょっと大きくなるのかな?

スタッフさんだかお客さまなのか・・・なんだかよくわかんないけど、人が結構いたので、目的の子だけ見たら、すぐに車に戻って、Rさんと交代。
シェルターには庭があったので、こはくさんにはリードを付けて、お庭で待たせてもらおうと思ったら、スタッフの方が「先住犬がいて、もし、相性とか見たいのであれば、中に入っても大丈夫ですよ」を声をかけてくださいました。
う。まだ、そこまで具体的に考えてないんだけど・・・と、曖昧な返事をする私。

そしたら、目の前にウッドデッキがあったのですが、室内からワンが5匹ぐらい出てきました。
「ワンが大丈夫ならば・・・」ということで、こはくさんもウッドデッキの中のワン達の仲間に入れてもらいました。
そこにはお目当ての子も☆元気いっぱいの女の子!
こはくさんを近づけてみたんだけど、うーーーん・・・正直、これだけじゃ相性なんてわかんない。苦笑。
スタッフさんには「悪くないと思いますよ」とは言われましたが。笑
帰り際にお目当ての女の子は、Rさんにしっかり営業してました。
Rさんの傍から離れないのー笑
こはくさんにはない人懐っこさ!かわいい☆
Rさんはもう、この営業だけで十分みたい。笑

私は、かわいいっとは思っても、なんだかもう、いろいろ考えちゃうのです。
年齢が近いと老後が一緒にやってくる・・・とか。でかけるときの預かり先とか。医療費2倍とか。
いろいろ考えると、身動き取れなくなるんだよね。

でも、その部分はRさんと話をして、クリアになりました。

ということは・・・?
さて、この先、どうなるんでしょうか。
えー?どうなるんだろう~。
私にもまだ、さっぱりわかんないです。笑

とにかく、ワン1頭一生面倒みるワケなのだから、里親会とかにもいろいろ行ってみて、
縁のある子がやってくるのを待ってみようかと思います☆
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-08-17 07:17 | いぬとの暮らし | Comments(11)
心の距離
b0090517_19444359.jpg
姪っ子ちゃん、モンスターズインク鑑賞中。

せっかく遊びに来てる甥っ子&姪っ子ですが、お盆で大人は忙しく、なかなか遊びにいけませぬ。
むぅ。残念。川にも連れて行ってあげたいんだけど、さすがに大人1人で子供2人連れて川に行くのは怖いかも。
外で遊ぶにもこの猛暑。
さすがの私が住んでるエリアも、朝晩はだいぶ涼しいものの、日中は酷暑に変わりませぬ。
こはくさんの肉球もジュッってなっちゃうよ。

なので、太陽が陰る午後3時ぐらいから、のそのそと外で活動し始めます。
b0090517_19444647.jpg
暑くて走り回る元気ないなー。なので、「お手!」の練習。
b0090517_1944499.jpg
ちょっとは走ってみるものの、暑くてすぐにダウン。日陰に退避。
b0090517_19445188.jpg
姪っ子ちゃんにはだいぶ遅れをとってしまったけれど、ようやく甥っ子くんもこはくさんとの心の距離が近くなってきました。
こんなに至近距離でも「伏せ」の指示を聞いてくれるようになったよ。

よくもまぁ、ここまでこはくさんと仲よくなれたなぁと、姪っ子ちゃんと甥っ子くんには、ほんと感心しちゃう。
だって、こはくの人見知りは相変わらず健在だから。笑
毎日一緒に生活していれば、そのうち慣れるとは思うだけど、姪っ子ちゃん・甥っ子くんは、そんなに我が家に来られないし。
だからこそ、限られた時間の中で、ほんとにこはくさんのことをかわいがってくれてるんだよね。
そして、そういう気持ちは、たとえ超人見知りっ子のこはくにも、ちゃんと通じてるみたい☆
こうやって、少しずつ、こはくさんが心を許す人が増えてくのを見ていると、ほんとに嬉しい。

甥っ子くん・姪っ子ちゃん、いつもこはくのことを可愛がってくれてありがとうね☆
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-08-16 04:01 | いぬとの暮らし | Comments(0)
嗚呼、夏休み。
b0090517_2213630.jpg
早朝にもかかわらず、連日暑い日が続いており、最近は歩くのがいっぱいいっぱい・・・。
なので、メン&ワンコンビが、ここしばらくは毎朝ジョギングしております。
で、私はマイペースで歩いてついていくわけなのですが、一足先に吊り橋渡った♂チーム。
遠くのほうで、私に気が付いた白いほうが、座ってこんな体制とってますよ。
b0090517_2213896.jpg
これ、伏せて私のことを待ってるワケではないんです。
私にはわかるよ。そうやって、私が近づいたら「イエイッ」ってまた、遊びに誘う気なんでしょ??笑

いつもと変わらない朝でありましたが、お盆期間中、姪っ子&甥っ子コンビが夏休みということで1週間ほど泊まりにきております。
b0090517_22131373.jpg
姪っ子ちゃんからさっそくぷーぷーおもちゃをもらう。
鳥肉の形をしたものと、パンの形をしたもの。
これがまた、えらく「ぷーぷー」と高音でいい音が鳴るおもちゃだったのですが、鳥肉のほうは瞬殺で破壊されてしまった・・・orz。
b0090517_22131950.jpg
最初はぷーぷー鳴らせなくて、咥えるのもたどたどしかったけど、一度コツを覚えてしまうと、得意げに何度も鳴らし続けます。
b0090517_22132156.jpg
楽しい?こはくさん。
b0090517_22132833.jpg
楽しそうだね。
b0090517_22132357.jpg
熱心。とても気に入ったみたいで、ずっと遊んでおりました。笑

今日、姪っ子ちゃんの将来の夢を聞きました。
いくつも夢がある姪っ子ちゃんですが、そのうちの1個がトリマーさんになること。
もし、姪っ子ちゃんがトリマーになって、こはくがまだ元気だったら、こはくの毛を切ってあげるんだぁ、だって。
私がこはくの毛をチョキチョキカットしているのを見て、そう思ったんだそうです。
嬉しいこと言ってくれるなぁ。笑
ワンの存在って、子供の夢にまで影響を与えるんだね♪

そして、甥っ子くんは、「保護犬」という犬が、どういう犬なのか・・・というのに興味を持ってくれたようで、殺処分のことも含めて、上手に説明できたかどうかわからないけれど、私なりの言葉で伝えました。

その話を聞いた甥っ子くんに、ボランティアや保護犬に、過剰に興味を持ってほしいとは、これっぽっちも思っていません。
そんなのは、甥っ子くんが自分で決めればいいことだから。

けれど、ちょっとだけ欲張り。ここで聞いた私の話を心のどこかに留めておいてほしいなぁと思いました。
いつか、きっとね。役に立つ・・・っていうのも変かもしれないけれど、長い将来の中で、犬とかかわりを持つことになるときが来るかもしれないからさ。
そのときに、保護犬という存在が心の片隅にあればいいなぁと思います。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-08-15 04:01 | いぬとの暮らし | Comments(2)
女の子座り。
b0090517_12531995.jpg
こはくさんがたまにやるこの座り方。
b0090517_12532288.jpg
なんなんでしょ。この女の子座り。
可愛いからいいけど。笑

こはくさんは、常に上目遣いだし、猫背だし。
威風堂々には程遠い感じです。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-08-14 04:48 | いぬとの暮らし | Comments(0)
パトロール
自宅警備に忙しいこはくさん。
b0090517_14153331.jpg
ここは、建物の高さとしては3階なんです。
で、向こう側に見えるのが母屋。この母屋と3階の建物の間は人が通ったり車が出入りしたりしてるんですけど、物音するたびにこはくさんは様子をチェック。
とは言っても、吠えたりすることはないんですけどもね。ただ見てるだけ。
私が車で帰ってくると、いつもこうやってこはくがこっちを見てる姿を下から見てます。
で、玄関に回ると尻尾振って待ってるの。かわいいー☆
b0090517_14153180.jpg
ここは気持ちよい風も入ってくるので、ここでよく、こはくさん、眠っております。
お気に入りの場所のひとつです。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-08-13 05:07 | いぬとの暮らし | Comments(7)
ライトBBQのススメ☆
b0090517_19301990.jpg
自然が大好きなこはくさん。
実家滞在も悪くないけど、やっぱりホームに帰ってきたときのほうが元気いっぱいですね☆
b0090517_1930209.jpg
おっと。失礼!
いつもこういうガサガサなところで用を足しているから、アスファルトばかりのところへ行くと、どこで用足していいのかわからなくなっちゃう、立派な野生犬のこはくさんです。
b0090517_193023100.jpg
草を食べるのも、春に遊びにきたワンのろさん一家に教えてもらったんだよね。
ちゃぼ・まいる・チト・JINAN(旧はつゆき)が我が家の裏山で草モグモグ食べてるのを見て、一緒になってこはくも食べるようになったのだ。
群れの力の学習能力は本当にすごい。

突然、話は変わりますが。
この時期、ほんとにほんとにBBQ客がすごいです。
いよいよBBQの聖地であるこのエリアの本領発揮!ってなもんですが、それに伴い、ゴミの遺棄される量も半端ないの。びっくり!
毎朝、こはくと一緒に散歩する際に、川沿いも歩いたりするので、その捨て方を目の当たりにするワケなのですが、「こんなものまで捨ててくかなー」というものまで捨ててきます。
食材の食べ残しやゴミは当たり前。食材を入れてきた大きな発泡スチロールや、BBQにつかうコンロや七輪、道具まで!
そして、一晩遺棄されたゴミは、夜の間に野生動物に荒らされて、さらに大惨事に。
地元の人は、キレイな川が汚されて泣いておりますよ。しくしく・・・

なんだかなぁ。これって、本当に、どうにかなんないのかな?
大体、捨ててくものが多いというのは、持ち込むものが多いということではないでしょうか。
正直捨てられてるゴミの塊を見てると、これを車に積んで持ち帰ることを考えると、車に積み込むのも嫌になるくらいの量。
私だって、こんな量のゴミ、車に積みたくないです。
もうちょっと、スリム化図れんのかね?ということで、私は、ライトBBQを提案します!

必要最小限の道具で行えばいいんですよ。BBQを。
そして、道具は使い捨てするようなものじゃなくて、なるべくはずっと使えるようなものを。
安く買えるのはいいんだけど、その安さは時に、仇となるんですよね。安いから簡単に捨てちゃう・・・
地元でBBQ用の食材を買うときには、お店側にも協力いただき、ラッピングを必要最小限にしてもらうなんてのもいいかも。

ちょっとの工夫で、だいぶスリム化図れるんじゃないでしょーかね。
川原でBBQを楽しむ人に、ちょっとだけ工夫をお願いしたいもんです。
b0090517_19302614.jpg
というワケで、我が家もライトBBQ。
焼き鳥とビールをささやかに楽しむBBQです。
b0090517_19302895.jpg
こはくさん、ライトBBQを始めると、決して七輪のそばから離れようとしません。
そりゃそうです。おいしそうな焼き鳥焼いてるんだもん。ぷ。
この焼き鳥は、近所のお肉屋さんで買ったものなんですが、味がついてないんです。
人間は塩・胡椒振って食べて、こはくさんはそのまま味付けなしで食べます。
だから、こはくさんにとってもライトBBQはパラダイスなんだよねー。
b0090517_19303043.jpg
焼けるまで、ほんとおとなしく待ってますよ。こういうときだけ、ほんといい子。爆

必要最小限で行うBBQは、面倒な片づけも楽チンってなもんです。
BBQの後片付け、面倒くさくないですか?面倒くさいのは、物が多いからですよ。
なるべく、なるべく、減らす努力を。
スリム化図るとね、夏に一度やればいいかなぐらいのBBQが、毎週やりたくなるくらい楽しくなるんじゃないかと思います。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-08-12 04:49 | いぬとの暮らし | Comments(5)
犬小屋風。
我が家には、こはくさん用のクレートもサークルもありません。

最初の頃は、大きなサークルを用意しておいたの。
こはくさんを部屋でフリーにしてお留守番させておくと、当時は変なもの食べちゃって、大変だったから。
(詳しくはこはくの拾い食いを)

ところが、こはくさん、このサークルが大っ嫌いっ。

普段おとなしいこはくさんからは想像がつかないくらいのことをしでかします。

このサークルには、鍵が2つついてるのですが、まず、この鍵を外すでしょ。

で、鍵を外されるもんだから、鍵+入り口を紐で縛っておいたら、紐を噛みちぎって、鍵外すでしょ。

よし!それなら・・・と、鍵+針金で入口締めておいたら、今度は、そのサークルごと、部屋の真ん中にまで移動してるの。

おかげで床は傷だらけ・・・しかも、鍵+針金で止めた入口は、こはくさんがなんとか脱出しようと試みたあとがあって、柵が曲がってるし。

ほんとすごい・・・
鍵を外すのも、サークルごと移動してるのもなにもかもが不思議で、ビデオに撮っておきたいくらいだった。

でもまぁ、そんなに嫌がるなら・・・と、春に私が仕事を辞めてからは、サークルも撤去して、部屋でフリーにすることにしました。
そのうち、成長と共に、1人でも落ち着いてお留守番できるようになったこはくさん。

最近はテーブルの下からこうやってよく顔出して寝てるんです。
b0090517_1256944.jpg
これって・・・イメージ的にはクレートに入って入口から顔出してる感じなのかしら?

クレートなら、入ってくれるかもしれませんね。ぷぷ。
(でも、せっかく購入したのに、入ってくれなかったら・・・と思うと、未だに購入できずにいます。サークルのトラウマ。ぷ)

でも、クレートに入る訓練はしておかないとな・・・と思っています。
なぜなら、災害とかあったとき、避難所にこはくを連れて行く際、クレートの中に入れておかなければいけないと思うので。
東日本大震災のような大きな災害があると、もはや、いつ、そういったことが起こっても不思議ではありません。
ボランティアで被災地に赴いているので、被災地の現状は知っているにも関わらず、こういうところに甘さが出ちゃうんだよなー。
いかん、いかん。ちゃんとクレート訓練、しましょうね。こはくさん(と私。ぷ)。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-08-11 07:01 | いぬとの暮らし | Comments(2)
小さい生き物。
b0090517_10343757.jpg
散歩から帰ってきて、実家の玄関先でまったりしているこはくさん。

無事に、我が家に戻りました。
実家は埼玉にありますが、暑かった・・・私が住んでる場所も暑いですが、埼玉、半端ないっす。涙。
しかも、この暑さなのに、あんまり冷房使わないでいたから、汗ばかりダラダラかいて、水分ばかりをゴブゴブ飲んでおりました。
こはくさんも、さぞや暑かろう・・・。はぁはぁと、壇蜜プレイが止まりません。
こんなに暑くて、毎朝、結構な距離を歩いているのに、こはくさんはお水をあんまり飲まないので、水増し牛乳や、氷を食べさせておりました。

それでなくったて、慣れない場所にいて、小さくなっていたこはくさんなんですが、そこへ、なんと甥っ子ソウスケ一家(パパ、次女、ソウスケ)+三女がやってきたもんだから、こはくさんのビビリィはマックスに。ぷ。
しかも、ソウスケは相変わらず「こはくー」と可愛がってくれるものですから、それじゃあと、歩いて1分ぐらいのところにある公園へ連れて行きました。
b0090517_10344165.jpg
公園に生えている草をモグモグ食べているこはくの様子を見て、ソウスケがこはくに葉っぱを採ってきてくれました。
やんちゃで元気いっぱいのソウスケ。
おばバカ目線かもしれませんが、こはくさんが嫌がるようなことはしないし、とても優しい子に育っています。ぷ。
b0090517_10514434.jpg
三女mickey。
しきりに「なんだか小さき生き物がいっぱいおるなぁ」とぼやきっぱなし。
右手→ソウスケ、左手→こはくのリード持って連れ歩き、こはくの足踏んづけて「キャンッ」と鳴かれ、何度も「こはくーごめんよー」って謝っておりました。笑
その犬に慣れてない感じが初々しい。ぷ。
私もこはくが来たばかりの頃、お互いにリードの散歩に慣れなくて、足踏んづけたり、ボディに躓いたりしてました。
それにしても、この日はmickeyは大活躍!
こはくを引っ張ってソウスケと追いかけっこ。この日は、あまりの暑さにこはくの夕方散歩はだいぶなショートコースだったので、大助かり。
犬も子供も十分に遊んで疲れたことでしょう。
犬と子供は疲れさせて眠らせるに限る!
(見てよ。この写真のソウスケの元気なこと。。。苦笑。この暑さの中、この元気。大人はうんざり。笑)
b0090517_10344781.jpg
おかんとソウスケとこはく。
老後、孫の面倒を見ることはあるとは思っていても、まさか犬まで・・・とは思っていなかったであろうに。ぷ。
4月以降、なかなか予定が立てられなくて、すっかり遠のいていた東北。
関東でできる支援はあっても、やっぱり現地に行かなくちゃ。
なので、9月。実家に預けて久しぶりに現地へ赴きたいと思います。
こはくさん、ホームスティ、がんばるんだよ。
b0090517_10345176.jpg
洗剤飲ませているワケじゃないですよ。
ソウスケくん、お水を汲んでこはくさんに。何度も往復して飲ませておりました。

めずらしく長めの実家滞在。
この暑い中、こはくさん、よく頑張りました。
犬にとっては、この季節が一番つらい時期。
この時期に、実家に滞在できたから、他の季節もきっとだいじょーぶだね☆

家に戻ったら、Rさんが「なんだかこはく、疲れた顔してるなー。顔つきが違う」と言ってました。

そして、今朝、実家でのストレスを発散するかのように、庭で山で駆けずり回り、ようやくいつものすっきりしたお顔に。
今は暑い中、冷房の効いた部屋で爆睡中のこはくさんです。ぷ。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-08-10 13:56 | いぬとの暮らし | Comments(3)
いくえみさんちの白い犬

いくえみさんちの白い犬 (愛蔵版コミックス)

いくえみ 綾 / 集英社


友人から「これ、面白いから、ぜひ、よしこちゃんに読んでほしい☆」と贈ってもらった本。

面白くて、何回も読み返してます☆
いくえみさんちで飼われてる「シロ」のお話。

ちょっと昔のゆる~い感じで犬が飼われていた頃を思い出すなぁ☆
あたしが子供の頃も、今より全然犬を飼うのなんていい加減だった。
近所のジョンは放し飼い。
隣の農家のにわとりが野犬グループに襲われたときなんて、そのジョンが混ざってたなんて噂がたったくらい。
捨て犬もいっぱいいたし、野良犬もいたし。
近所で犬飼ってる人も、捨て犬とかを飼ってる感じで、雑種ばっかりだった。笑

それがいいとか悪いとかはどうでもよくて、そんな時代があったなーって。
読んでいて、昔を思い出しました。笑

いくえみさんちのシロは、人懐っこくて愛嬌たっぷり☆
そんなシロとのバタバタな日々が綴られています。

なんで、人さまの家のお犬事情と言うのは読んでいて面白いんだろう?笑
自分に置き換えて読んでいるからなのかなぁ。

文字を通して伝わってくる犬への「愛」で、ぽかぽかしちゃうから、ついつい読んじゃうのかもしれません。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-08-09 06:03 | いぬBooks | Comments(6)
大好き☆
ある日の朝、散歩から帰ってくると、庭にチャラおばさんがいました。
チャラおばさんとは、近所の材木屋のゴールデンレトリバー。
14歳!大型犬で14歳ってすごいっ。人間の年に換算すると103歳だよ。

そんなご長寿チャラおばさん。
最近は、すっかり足腰弱ってて、我が家に遊びに来ることもなかったんだけど、よく来れたねぇ。
私を見つけて歩み寄ってくるんだけど、もう、ヨボヨボだから、躓いて転んだりするし・・・
杖を貸してあげたいくらい。涙。

そして、こはくさん。チャラおばさんの姿を確認すると、猛烈大喜び!
私やRさんが長時間出かけていて、帰ってきたときみたいに大喜びしていますっ。
クーンキャン鳴いて、腰クネクネ、尻尾パタパタ。
まぁ。チャラはどう思ってるかわかんないけど。いつも吠えてるから。ぷ。

それにしたって、こはく1歳。チャラ14歳。
年の差13歳ですが、人間の年齢に換算すると103歳-17歳だから86歳差!
なんなんだ・・・こはくのこの喜びっぷりは。
人間の年齢で置き換えて考えると、なんとも不思議な感じもしますが、まぁ・・・きっと、ばあちゃんっ子なんでしょうね(ばあちゃん・・・ひいばあちゃんっ子?)
b0090517_10525923.jpg
ほんとにチャラおばさんが好きなのねぇ。
そういえば、前、山歩きをしていたんだけど、下のほうに、チャラおばさんの家が見えて、こっちの人影に気が付いたチャラおばさんが、ワンワン吠えだしたら、稜線を歩いていたこはくが、もう、チャラおばさんのところへ行きたくって、大騒ぎ!大変でございましたよ。
b0090517_10543883.jpg
心なしか、笑顔に見えるこはくさん。
b0090517_1102219.jpg
チャラおばさんの前で、得意げに座ってますよ。ぷ。
b0090517_10551441.jpg
そんな大はしゃぎのこはくさんを、チャラおばさんは温かく見守ってくれているのかいないのか・・・笑
b0090517_10571961.jpg
チャラおばさん、大好き!
嬉しくって仕方のないこはくさんなのでした。

それから、嬉しいお知らせです☆
先日、アップしたはつゆきくんですが、トライアルを経て、正式譲渡が決まったそうです☆
(詳しくはワンのろさんのブログで)
最後にでっかい幸せ掴んだはつゆきくんの新しい名前は「JINAN(ジナン)」くんです。
よかったねぇ。本当におめでとう!
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-08-08 06:48 | いぬ友達 | Comments(0)
健在。
先日、bacoが我が家に遊びに来た際、そういえば、こはくさんは、部屋の隅に行くこともなく、普通に部屋の中にいました(こはくさんは、強烈人見知りっこなので、慣れてない人がくると、部屋の隅っこで気配を消してじっと潜んでます)。

ところ変りまして、実家。
散歩から帰ってきて、玄関先で待機中のこはくさん。
クールマットの上で、扇風機の風を受けながら、スヤスヤ眠っていたのですが、牛乳屋のお姉さんが牛乳を持って訪ねてくるや否や、ほれ。このとおり。
b0090517_2384456.jpg
ちょっ。どんだけ隅っこっ。汗
よくもまぁ。そんなところに入り込めるネっ。
(しかも、牛乳屋のお姉さんは、たまたま外にいた父に牛乳を渡したので、玄関のドアノブにすら触っていない)
いくらなんでも狭いところに入りすぎなので、大好きなお魚の干物をちらつかせると。
b0090517_2384762.jpg
ようやく出てきました。

むむう。最近、すっかり忘れてたんだけど、人見知りは相変わらず「健在」です。

ちなみに、夜は実家の縁側で眠っているこはくさん。
b0090517_23153310.jpg
網戸のそばだから、一番涼しい風が入ってくるはずだったのですが・・・
b0090517_23153341.jpg
夜中に庭を徘徊する、なにかの動物の気配に、起こされちゃうみたいです。

なので、今晩は部屋の中心にこはくさんのベットを移動しました。
そうしたところ、ぐっすり就寝。
朝までゆっくり眠れるといいね(でも、窓は網戸のままです。暑くて閉めきって眠れないー)

ちなみに、今日は実家にこはくを預けて、友人と会っていました。
母は飲み会があったため、こはくさんの面倒は78歳の父がみることに。
実家の両親は冷房とか使わないので、この暑い中、こはく大丈夫かなぁ~と、出かける前にこはくに向けて、扇風機全開で家を出ました。
朝の10時ぐらいから夜までの不在。
家に戻ったら、この湿度高い中、夕方気温が下がった頃に、1時間ほど父は散歩に行ってくれて、普段、冷房つかわないのに、こはくのために冷房をつけておいてくれました。涙。
おとん、ありがとーっ。おかんより優しいかも☆
感謝の意を込めて、たばこ好きのおとんに、たばこを進呈したいと思います。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-08-07 06:39 | こはくの人見知り | Comments(2)
bon来山☆
先日、久しぶりにbacoと会う☆
b0090517_1603355.jpg
見て見て☆
お土産にこんなものをいただいてしまいました。
baco特製、きなこと黒ゴマのワン用クッキー。
料理研究家でもあるbacoが作るお料理・オヤツ・パンは最高においしいけど、犬用のオヤツまでおいしいんだもの!
人間が食べてもいいくらい(むしろ、人間が食べたいくらい)のおいしさでした☆
いつもどうもありがとう☆こはくも人間も大喜びだよ。笑
今度、bacoの教室で犬用オヤツの教室やってよー!とか、石鹸のワークショップをbacoの教室でやりたいね☆とか、いろいろな盛り上がりを見せました。ぷぷ。
今後、間違いなく展開していこうと思っているので、楽しみにしててくださいね☆

さて。今日は、奥多摩にあるアースガーデンに、ワン連れでランチに行こうという話になったのだ。
ところが、ホームページを見てみると、前は抱っこできるサイズまでOKだったワンが、小型犬しか入店認めません・・・となっている。
まぁ。大抵、こういった規制が厳しくなる裏には、お店側はせざるを得ない事情があったんだろうなぁ・・・と思います。
ワン連れって難しい。ほかのお客様に迷惑かけるぐらいなら、私も連れて行きたくない。そこまで図々しくはなれないし、そういうの気にしてごはん食べてるほうが疲れちゃうから。
幸いなことにこはくさんは、今のところはお店連れて行っても、机の下に潜り込んで息を潜めているので(なぜなら、人間が苦手だから。ぷ)、できるだけ、平日のお客さんが少なそうな日を選んで、たまにはこういったお店に連れて行ってました。

そっかぁ。入店NGになっちゃったのね。ほんとに残念。
こはくさんを連れて行って食べるテラス席は、結構よかったのにな。
なので、他のお店にしようかという話もでたんだけど、今日はラッキーなことに、とても涼しかったので、こはくは車でお留守番。bonだけ連れて、ランチを食べに行ってきました(なぜならbacoとbonはこのお店に行ったことがないから)。
b0090517_16155419.jpg
車中の2頭(baco撮影)
b0090517_16155796.jpg
ぶちゃいくですねー。こはくさん。笑(baco撮影)
車中では、こうやってずっと後部座席に座っているbacoの顔を見ていたらしい。ぷ。

そうそう。さすがにこはくさん、bacoとbonには慣れてきたみたい!
今日も我が家にbacoが来たとき、bonには尻尾振って寄っていったし、車に乗っていても、ちゃんと座席に座ってるし(後部に慣れない人が座っていたら、足元に潜り込んでしまうのです。こはくは)。

今日食べたもの。
b0090517_16271676.jpg
玄米ピザに。
b0090517_16271747.jpg
コロッケ定食。
ところが、またまた、このお店で考えさせられる出来事があって。
接客サービズって難しい。
こちら側も犬を連れて行ってる時点で、たとえ、犬OKのお店だとしても、お店の人、中にいるお客さんには迷惑かけないように相当気を使っています。
お店のほうも最近、小型犬のみOKになったということは、なにかトラブルがあったからそうなったんだと想像がつくので、ナーバスになっている気持ちもわからなくもないのだけど、それでもお店側と客側と。最低限度のマナーは守りたいし、守ってほしいなぁと思いました。

さ!気を取り直して。
そのあとは、こはくさんのオヤツを買いに、みちのくファームへ行ってきました。
こちらもbaco&bonを連れて行きたかったお店のひとつ。
前にワンのろさんからここのお店のほっけをお土産にいただいてから、すっかりファンになってしまって(しかも、こはくさんはここのお魚が大好き☆)月に一度はおやつを買いに連れて行ってます。
なんでこはくやbonも連れて行ったかというと・・・ここは、ワンにとっては試食天国なんです☆
毎回、えらい量の試食をくれます。ぷぷ。
はじめてきたときは、人に怯えまくってたこはくさん。まだ、ちょっとビクビクしてますが、お店の方に「最初に来た頃よりもずっと慣れたわよね!」と言ってもらえるくらいになりました。
だって、店員さんの手からオヤツもらえるようになったし。ぷ。
ほんとは、私一人でサーッと買いに行くほうが楽なんだけど、あえて、こういう場にもこはくさんを連れていって、いつか慣れてもらいたいなぁと思ってます(慣れるよね?恐怖よりも食い意地のこはくだから。ぷ)。
今日は新発売の鱈チップと、こまい、小タラ、そして、ツヤツヤべっぴんになあれ~と、コラーゲンたっぷり豚耳買いました。
b0090517_98369.jpg
そして、家に戻ってからは、裏山ドックラン☆
こはくさんも、自分のホームということもあって、bonを上手に誘って遊んでるよー。
bonはもちろん、人見知りもしない子だから、こはくさんと一緒に戯れております。
b0090517_983879.jpg
b0090517_984010.jpg
b0090517_98425.jpg

b0090517_984486.jpg

b0090517_984683.jpg
だいぶ山の中まで突き進んだbon。
途中で怖くなって引き返してきたのかな?笑

2頭とも、前にドックランで遊んだときよりも、だいぶ上手に遊べるようになってる。笑。

ほんとはもっと遊ばせたいけど、さすがにこの暑さだとこれくらいが限界かなー。
そして、私とbacoも蚊に刺されて限界・・・。
もっと涼しくなったら、たくさん遊ぼうね☆
b0090517_984858.jpg
そして、こはくさんはこの距離でbacoに撫でられるぐらいになりました。
そんなにたくさん会ってるワケでもないのに、その積み重ねの中で、こはくはちゃんとbacoとbonのこと、覚えているんだねぇ。
犬なりの進歩がみられた1日。
日々、成長中。
こはくさんのこれからの成長にも乞うご期待です☆
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-08-06 06:56 | いぬ友達 | Comments(2)
ドックリゾートwoof ④
b0090517_13503626.jpg
そして、今度はまいるちゃんが大好きなプールへ移動。
はつゆきくんもライフジャケット着て、一見やる気満々風ですが・・・
b0090517_13503053.jpg
は・・・入らないっ。爆
こんなにライフジャケットが似合うのにっ。
b0090517_13503469.jpg
こはくさんも入らずに、泳いでいるまいるちゃんを見守る係。ぷ。

その後、泳いでるまいるちゃんとワンのろ家パパさんだけをプールに残して、残りのワンマンは再びドックランへ移動しました。
b0090517_13503839.jpg
ここでもKYなこはくさんは、再びちゃぼくんに仕掛ける。爆
b0090517_13504299.jpg
さっきまで、元気いっぱい動き回っていたはつゆきくん。電池が切れたかのように、パタンと寝っ転がる。
b0090517_13504466.jpg
ようやくこはくさんも。

気が付けば、あっという間に4時間半も過ぎてました。
b0090517_20275966.jpg
ちゃぼくんとはつゆきくん。
どんな会話してるのかなぁ。
b0090517_2028374.jpg
無邪気に見えるはつゆきくんだけど。
b0090517_2029185.jpg
きっともう、トライアルが決まって、みんなとお別れ近いことがわかってる・・・かな?笑
b0090517_13504838.jpg
保護主Kさんのブログ「ぼくらはみんな生きている」で、保護当初から見守っていたはつゆきくん。
その後、ワンのろさん家の一員となってからは、ワンのろさんのブログを通して、ずっと見守っていtました。
気持ちの中ではもう、他人ならぬ他犬ではないはつゆき。
里親さんが見つかるというのは、ワンにとっては、とってもハッピーなことに間違いないのに、巣立ちというのは、どこかさびしい気持ちがあるのも否めないですね。
そっかぁ。預かりさんは、私以上のこういう切ない気持ちを乗り越えて、ワンの幸せだけを願って、送り出すんですね。
頭が下がります・・・。真似できん・・・。
b0090517_18513429.jpg

b0090517_1851732.jpg

b0090517_18511013.jpg
b0090517_18511464.jpg
「はつくん。トライアル、おめでとう☆」

正式譲渡はまだ先だそうですが、トライアルが決まったということは、誰かの心の1頭になれたってことだから。
それだけだって、素晴らしい☆
そんなはつゆき&ワンのろさん家と、最後の時間を一緒に過ごすことができて、とってもハッピー☆でした。

はつゆき&ワンのろさん一家の前途に幸あれ☆
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-08-05 03:56 | ドックラン | Comments(7)
ドックリゾートwoof ③
b0090517_20185924.jpg
再び、レッツゴー3匹。
本日のこの3匹、元気満タンでした。
気が付けば、よく走り回ってたなぁ☆
b0090517_2019275.jpg

b0090517_201947.jpg

b0090517_2019630.jpg
チトちゃんと、はつくんはほんとに仲良し。
こうやって、ずっと一緒に遊んでるの。笑
はつくんは、まだまだかまってもらいたい、遊んでもらいたい盛りだもんね。
b0090517_2019842.jpg
そして、どこかKYなこはくさんは、なんとここにきて、ワンのろさん家リーダーのちゃぼくんに遊びを仕掛けるという・・・
ほんと、こはくはスロースターターだから、みんなが見ていて「え!?」って思う瞬間に、思わぬ相手に遊びを仕掛けるんだよね。その姿に衝撃受けるRさん。初めて見るからねぇ。こはくのこのKYな感じ。爆
こはく。ちゃぼくん、まったりしてるんだから、そっとしておいてあげなよー苦笑。
b0090517_20191059.jpg
結局、4匹で絡み合うものの、ちゃぼくんに一喝される。
b0090517_20191180.jpg
そりゃそうだ。当たり前だ。ぷ。
それでも、元気いっぱいなのが、レッツゴー3匹。
b0090517_20191315.jpg
見て見てー!ワンのろさんの手から水を飲んでるよ!こはくさんがっ。
なんてことはないことなのかもしれませんが、我が家にとっては一大事っ。
こはくさんは、最近はようやく他人の手からオヤツをもらうことができるようになりましたが(それでも、だいぶ逃げ腰のへっぴり腰。迷ってからようやく食べる感じ)、昔はオヤツですらつれない、強烈人見知り。
未だに、水を飲む行為と、排泄行為だけは、知らない人がいる近くでは、警戒しているせいか、どんなに喉乾いてても、絶対にやらないんです(だから、人がたくさんいる場所に行くと、水を飲むまでにもとても時間がかかります)。
なのに、ワンのろさんの手から水を・・・
まだまだ触れるところまで警戒を解いてはいないものの、これはだいぶ緊張が緩んだ証です☆
ワンのろさん、今度はこはくさんをオヤツで釣ってください。笑
b0090517_20191649.jpg
まいるちゃんが大好きなボール遊び☆
b0090517_20191744.jpg
このときばかりは、まいるちゃんもアグレッシブ!
b0090517_20191977.jpg
こはくさんもはつくんもまだまだ元気そうだけど・・・。
それでも、だいぶ遊んで満足なんじゃないかなぁ☆
b0090517_20192421.jpg
b0090517_20192791.jpg

b0090517_20192970.jpg
ワンのろさん家、3ワンズ、みんな、とってもいいお顔して休憩してる。モデルさんに最高☆
ストレスのない、スカッとした心地よいお顔だね♪
ワンのろ家のワンは、余計なフラストレーションがたまってない、健やかな感じがします♪

ちなみに、こはくさんは、この頃、座らずにまだ、ウロウロしてる・・・
b0090517_20192220.jpg
こはくさんは、座って休憩するのにも、えらく時間のかかる子なんですよ。

そんな子だから、座って休憩しているところを見ると、余計になんだか嬉しい。
いっぱい遊んで、満足したんだねーとか。
だいぶこの場所に慣れたんだねーとか。
そんなことを想像しちょります。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-08-04 04:32 | ドックラン | Comments(0)
ドックリゾートwoof ②
b0090517_2032993.jpg
あ!こはくさんってば、みんなに隠れてボウロもらってるし。ぷ。
b0090517_2081075.jpg
ボウロパワーで再び参戦っ。
この日は、この3頭でよく追いかけっこしておりました。笑
b0090517_2085030.jpg
木立の中に差し込む光がキレイ☆
b0090517_20102565.jpg
木のベンチの上には、こんなカミキリムシが!
初めて見ました。
帰ってきてから調べたら、ルリボシカミキリっていうんだって。
漢字で書くと「瑠璃星天牛(ルリボシカミキリ)」。
漢字もキレイだし、色も美しい・・・。
なんてガーリーで可愛いカミキリムシなんでしょう☆
b0090517_20125610.jpg
こはくさんは、自然が大好き。
いつもガサガサ草むらで、チッチもうんPもしてるから、アスファルトばかりのところに連れて行くと、どこでしていいかわからなくて、ずっと我慢しちゃうんです。
もう、立派な野生犬だね☆
b0090517_20155667.jpg
林の中を抜けて、原っぱのほうへ。
こはくさんが嬉しそうに見える☆
b0090517_20185091.jpg
激写中のワンのろさんを激写。
ブログで見るワンのろさんの写真が大好き!
どのワンも生き生きしてて、ワンへの愛情がいっぱい伝わってくるから、見てて楽しい☆
そう思ったら、、ふと、ワンのろ家一家の写真が撮りたくなってしまって、ワンのろさん一家全員の写真を撮らせていただきました。
ワンのろさんのカメラで撮ったんだけど、Rさんも一緒に自分のデジカメで撮っててくれて、家に帰って見てみたら、なんだかいい写真で、心がじーんとしちゃった。
あとで、ワンのろさんに送ってあげようっと。
b0090517_20155895.jpg
確実に、はつゆきくんとこはくさん、チトちゃんを見てますねぇ(見てるというか、狙っているというか。笑)。
b0090517_2016043.jpg
ほら。やっぱり。笑
b0090517_2016657.jpg
気が付くと、Rさんの周りに、みんなが集まってる・・・。
あれ?でも、一頭足りない・・・と思ったら。
b0090517_2016879.jpg
「今、一生懸命向かってまーす!」とワンのろさん。
b0090517_20161086.jpg
ようやく、まいるちゃんも輪に加わりました。
b0090517_20161228.jpg
ワン達に囲まれて、満面の笑顔のRさん。
モテ期到来!?
なんだかまんざらでもないようですが。
b0090517_20175877.jpg
ボウロ食べ終わったら、蜘蛛の子散らすかのように解散するワンず。
嗚呼。幻のモテ期・・・
(しかも、先頭きって離れたのがこはくさん。爆)
「なんだよー所詮、ボウロかよ~」と、ボヤきっぱなしのRさんでした。
(でも、モテモテ気分味わえて、だいぶ嬉しかったでしょ?笑)

※昨日掲載したハチくんは、男の子でした。訂正済。ごめんなさい。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-08-03 02:40 | ドックラン | Comments(2)
ドックリゾートwoof ①
こはくを保護主Kさんから迎えたことをきっかけに、ご縁のつながったワンのろさん家
ワンのろさん家はワンの預かりボランティアをしています。

預かりボランティアってご存知ですか?

私、正直、こはくを迎えるまでは、保護犬の存在すらもろくろく知らなかったので、もしかしたらご存じじゃない方もいるのかもしれないと思うので、ちょっと書かせていただきます。
(とはいっても、私も実際にボランティアをやってるわけでもなく、話をちゃんと聞いてるワケでもないので、今までの自分の知識と感覚で感じたことを書きますね)

世の中には、ワンを保護のボランティアをしている方が、団体・個人問わず、たくさんいます。

どういうしくみかというと。

保健所に収容されたワンを保健所から引き出したり(保健所に収容されたワンは、収容期間を過ぎるとと殺処分されてしまうからです)、多頭飼い崩壊現場からワンを救いだしたり(たくさんワンを飼っているにも関わらず、面倒看きれずに、ほぼ、何もしない放置状態の劣悪な環境に置かれているワンもいるんです。涙)、ブリーダー廃業・崩壊に伴い、行き先のなくなったワンを救いだしたり、野良犬・捨て犬保護したり・・・
そうやって保護されたワンは、団体であれば、団体のシェルターなり、個人であれば個人の家なりで保護されます。
今回、こはくさんを保護してくれた保護主Kさんは、上記の個人にあたる方です。
ご自宅で常時30匹~40匹ぐらいのワンを保護されているのではないかと思われます。

ところが、保護犬数も無制限・・・ってワケにはいきません。
保護する頭数にも限りがある・・・なんていうのは、書かなくても想像つきますよね?
保護主Kさんのお家だって限界があります。

そういうときに、活躍するのが、預かりのボランティアさん。

何十頭も保護することはできないけど、数頭だったら預かれる。
そして、いづれは里親さんのお家へ巣立つために、預かりさん宅で生活することで、ワンとしての社会性を身につけるといった効果もあるのかもしれません。
もちろん、里親探しにも積極的に参加します。

ワンのろさん家は、そんな預かりのボランティアをしています。
保護主Kさんが保護したワン1匹を、里親さんが見つかるまで大事に預かっております。

時々、私のブログに登場していた「はつゆきくん」も、そんな預かりっ子だったわけなのですが、このたび、めでたくトライアルが決定しました!

トライアルとは、上手に説明できるかわかんないけど、ワンのお試し期間みたいなものでしょうか?
ワンが里親さんのお家に馴染むことができるかどうか、先住犬がいる場合だと、先住犬と仲よくできるかどうかをみるために、そういったトライアル期間が数週間設けられているのです(たぶん、トライアル設けてる保護団体は結構多いと思います)。
で、トライアルを無事に終え、正式譲渡・・・といった流れになります。

このトライアルが決まったはつゆきくん、あっという間にバタバタ~っとお届け日も決まってしまったそうで、ワンのろさん家はつゆきくん囲っての最後のドックランへ、不肖我が家のこはくもお誘いいただきまして、山梨県山中湖にあるドックリゾートwoof(ワフ)へ行ってきました☆
祝☆トライアル記念ドックランですね♪
b0090517_15453746.jpg
ワフへ向かう車中。
なんだか後ろから見てると、彼氏・彼女に見えなくもないですが(怪しい関係!?笑)。
こはくさんはいつも助手席。仲の良い♂同志です。
b0090517_16211533.jpg
ワンのろさん家のみんなだよ(あ。まいるちゃんがこはくの陰に隠れてる)。
今回もどうぞよろしくお願いします☆
b0090517_1859627.jpg
お尻で失礼!
本日の主役は、間違いなくアナタ!左のお尻のはつゆきくんです☆
(ちなみに右のお尻はこはくさんネ)
b0090517_1859385.jpg
さっそく追いかけっこしてるー。
あれ?このワンちゃん、誰かに似てない??
「BONにそっくり☆」と、黄色い声を上げるワンのろさんと私。笑。
BONママちゃん、BONくんのご威光は、山中湖まで届いてますよー☆
ちなみに、この子はハチくん。男の子です☆
b0090517_1923239.jpg
BONくんに感じが似てるよー。
仲よく追いかけっこしてるところまでそっくり。笑
b0090517_1945130.jpg
こはくさんは、相変わらずマイペース。
特にどのワンと仲が良いってワケではないんだけど、誰かがわーーいっ!って追いかけっこしてると、誘われてもいないのに、本気でついていくという・・・。
実はRさんは、こはくさんのこの究極のマイペースっぷりを目の当たりにするのが初めて。
結構ショック受けちょりましたがな。爆。
普段は、ほんと、おとなしいからねぇ。笑。意外な一面、見ちゃったかな?笑
b0090517_198077.jpg
ワンのろさん家のリーダー、ちゃぼくんとはつゆきくん☆
ちゃぼくん、ずっとはつゆきの成長を見守ってきたんだよね。
b0090517_1981493.jpg
そろそろ、この3頭がアイドリングはじめましたよ。ぷ。
(ちゃぼくんは、リーダーとして見守ってます。笑)
b0090517_1985219.jpg
行けーーーーっ。
b0090517_1985460.jpg
レッツゴー3匹!
b0090517_19122636.jpg
はつくんと、思う存分遊ぶのだ。
b0090517_1992299.jpg
ぶつかり稽古も、お互い、負けるな☆
b0090517_19212524.jpg
駆けっことワンが大好きなこはくさん。
他のワン達が走ってると、自分も一緒に走りたくて仕方がない。笑
今日は、チトちゃんが一緒だから、思う存分走れるネ☆
b0090517_1927628.jpg
山中湖、思っていたよりも全然涼しくて、びっくりしました。
そして、このワフ。
本当にドックランが広くてすごい・・・。
一番奥にある林のドックランの中にいると、ほぼ、暑さをしのぐことができ、私も楽しそうに走り回ってる犬+森林浴効果で、とっても心地よくなってきました。
犬もマイペースだけど、私もマイペースで過ごせる時間。
写真撮って、犬見る以外、特になんにもしてないんだけど、なんなんでしょう。この楽しさ。
あ!これが、アニマルセラピーってヤツなんですかね。笑
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-08-02 04:40 | ドックラン | Comments(0)
石鹸を切り分ける。
b0090517_14204735.jpg
先日仕込んだわんこソープ
1ヶ月以上経過したので、そろそろ切り分けてみました。
真っ白でキレイな石けんですが、やはりSFで入れたホホバオイルが効いてか、結構柔らかい。
こりゃー、解禁日まで、2か月どころかもうちょっと置いたほうがいいかもな感じがします。
でも、この時期でこの質感の石鹸であることを思うと、時間をおいてゆっくり水分を飛ばせば、とても上質な石けんに仕上がりそうです☆
今回切り分けしたのは、オリジナルの配合で作ったほう。
愛犬の心と体を元気にする手作りアロマせっけん」を参考に作った石鹸は、もうちょっと置いてから切り分けようと思います。
こはくさん、アンダーコートじゃない毛も、バッサバッサ抜けるから、早くこっちの石鹸に切り替えたいけどなー。
当分無理っぽいから、もう1回ぐらいシャンプー買ったほうがいいかもしれない。
今は、ADTCのティートリーシャンプーを使ってます。
洗い上がり、ティートリーのよい香りがしてお気に入りですが、今度は違うシャンプーを試してみようかな。
いまんとこ、次に買ってみようかなぁと思ってるシャンプーはテルメディックシャンプーです。
こちらは、エッセンシャルオイル配合で、ローズマリーとティートリーが入ってます。
添加物をほとんど使用してないシャンプーなんだそう。なんだか良さげ・・・☆

ワン用のシャンプーは、贅沢なの買っちゃってますが、ワンのシャンプー回数考えたら、全然損な買い物ではないかなぁと思います。
ま。正直、私よりいいシャンプー使ってるけどね。ぷ。

私が作る石鹸の場合、香料は何も添加しておりません。
なので、きっと、肌あたりは優しいのでしょうけど、洗った後の残り香については、全く期待できないの。
まぁ。自分でエッセンシャルオイルを購入して、配合すればいいだけのことなんですけどネ。

なので、このエッセンシャルオイルが配合されてるシャンプーを使ってみて、どのくらいの香りが残るのか、期待しちゃいます。
犬は自分の体に香りが残るのはイヤなんでしょうけど、やっぱりほんのり香りがするのを期待してしまうのが、私。
人間は勝手だね。ごめんね。こはくさん。
この石鹸の解禁、まだまだ先になりそうです。

ちなみに、ぜーんぜん話変わるんですが、この前、ペットショップで蚊取り線香を買いました。
b0090517_1434979.jpg
ジャケ買いっ。
なんだかパッケージ可愛くないですか??渋いっていうか。
いつもは、ワンの絵がどどーんとかいてあるペット用アース渦巻きを買ってたんですけど、可愛さに負けてこっちを買ってしまった。
で、可愛さに負けて買ってしまって、あとになってから、コレ、ちゃんとした殺虫防虫成分あるよね!?と心配になって、ホームページで調べてみた
天然素材100%・・・大丈夫かな!?
ほんとは、こういう天然素材物を使いたいのはヤマヤマなんですけど、ちゃんとしっかり寄せ付けない薬効成分が入ってないと、虫がいっぱい寄ってきちゃうんです。
なぜなら、山だから!
人間用でもオーガニックな天然成分の虫除けとか使ったことあるんだけど、全く効かなくて、えらい目にあったことが・・・
なので、山ではできるだけ、しっかり効くやつを購入せねばなりません。

果たして、効果のほどはどうかなぁ?
アース渦巻きが無くなったら、早速使ってみようと思います。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-08-01 04:54 | いぬSoap | Comments(0)
森のきのこ。
b0090517_17505886.jpg
毎朝散歩してる道にきのこが。
きのこ見つけた初日、カメラ忘れ。
きのこ見つけた2日目、カメラにSDカード入れ忘れ。
きのこ見つけた3日目、ようやく撮影。
ほんとは、もっと小さくて、もっとかわいかったんだけど、3日間で急成長しちゃったよ。
1upきのこみたい。ぷ。
b0090517_1751134.jpg
1泊で泊まりに来た甥っ子&姪っ子コンビ。
小学生はもう、夏休み。
これからは、週に1回、泊まりにくるそうです。なぜなら、間を空けるとこはくが忘れちゃうからだって。可愛い☆
b0090517_1751472.jpg
走って。
b0090517_1751530.jpg
走って。
b0090517_1751784.jpg
お水飲んで休憩。
また、あんなところの水飲んで・・・
そういえば、犬が、食べてはいけないものをくわえていたりしたときは、冷静にならないといけないですね。
咄嗟に「こはくっ!ダメッ!」って言うと、こはくってば慌ててくわえて、どっか行っちゃうんだもの。涙。
そうわかってはいても、「ヤバイッ」って瞬間思ってしまうと、反射的に「ダメッ!」って声が出ちゃうんですよね。
私も成長しないといけないなぁ。
b0090517_175195.jpg
銀杏の木には、蝉の抜け殻がいっぱい・・・。
そういえば、この前散歩中に、パクッ、ムシャムシャッと死にかけの蝉を食べてしまったっけ。こはくさん・・・orz。
噛み砕いた蝉を口から取り出す勇気がなかったよ。ごめんね。
蝉ってカルシウムになるんでしょうかね?
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-07-31 04:30 | いぬとの暮らし | Comments(7)
ソウスケ
b0090517_17252474.jpg
いつもブログに登場する姪っ子&甥っ子は、義妹の子供なのですが、この前、実妹(次女)の子供に会ってきました。
甥っ子ソウスケ。

ソウスケは、こはくとたった一度きりしか会ったことがないのに、そのときに印象が強烈だったらしく、スカイプで実妹(次女)と話をしていると、「こはくはー?」と言って、画面をのぞきこんできます。
もう一人、実妹(三女)がいるんだけど、三女から次女への電話にいたっては、こはくから電話がかかってくると思っているらしい。笑
子供って可愛すぎですよね。
そんな、たった一度しか会ったことがないソウスケの家に、こはくを連れてふらりと行ってきました。

ちょうど、次女の家に着いた時、ソウスケはパパと一緒におでかけで不在。
すぐに帰ってくるとのことでしたので、玄関にこはくを繋いでおきました。

そして、ソウスケとパパが帰ってきて、玄関のドアを開けたときのソウスケの顔ったら。笑
とってもびっくりして、一瞬時間が止まったかのよう。そのあと、しばらくしてにっこり笑い、次女の顔を見上げて「こはく~」って。「こはく、大きいねぇ~」って、何度もママに話しかけます。

そりゃそうだ。
ソウスケの体重12kgで、こはくは15kgなんだもの。
ソウスケより大きいんですよ。こはくさんは。

ソウスケは、だいぶ臆病らしいのですが、そのあたりもこはくと一緒。ぷ。
でも、こはくにオヤツをあげるのが楽しいみたいで、ボウロを何個もあげてました。
極めつけは「お手」。
こはくさん、ソウスケのたどたどしい指示でも、「お手」するんだもの。

ソウスケくん、大喜びでした。

そのあと、公園へ一緒に散歩にいって、戻ってきてからも玄関先につないでおいたのですが、ソウスケは、こはくのことが気になるらしく、玄関を行ったり来たり。笑

次女の後日談によると、次の日の朝、起きてからも開口一番話したことは「こはく、可愛かったねぇ」だそうです。
(しかも、次女はソウスケに「こはくとママ、どっちが可愛い?」と聞いて、ソウスケに「こはく!」と即答され、見事玉砕したそうです。ぷ)
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-07-30 04:51 | いぬとの暮らし | Comments(5)
やまのうえらんど
先日、所用で秩父を通過した際に、ふと、「そういえば、秩父にドックランあったなぁ・・・」と思い、急遽、寄ってみることにしました。
かなりな長距離、こはくさんも車に乗っていたので、そろそろ休憩がほしかったところ。
ただ、時刻は13:30ぐらいで、太陽は隠れているものの、かなり蒸し暑い・・・
しかも、初めてこのドックランに行く人は、ドックラン管理者の方に電話をしなくてはいけないそうなので、とりあえず、行くだけいってみよう・・・と、向かった先がやまのうえらんどです。
ここ、知る人ぞ知るドックランらしい。
企業が運営してるんじゃなくて、個人の方が自分の土地をドックランとして提供しているそうなんです。
宣伝らしい宣伝も一切せずに、私も、そのドックランの存在を犬族のお友達からちらりとうかがっただけ。
しかも、ドックランの名前通り、ほんとに山の上・・・というか、山の中にある様子。
「ほんとにこの先にあるのかなぁ~」とじんわり思った頃に「やまのうえらんど」の看板が現れました。
b0090517_20412119.jpg
そして、着いたのは、一面芝生で整備された、とってもキレイなドックラン!
広さもかなりあって、人が休めるベンチの上には、キウイ棚がありました。
水道も完備。BBQができちゃいそうなテーブルやイスも完備。トイレも完備。
でも、管理人さんだけがいない・・・
最初は、「ちょっと様子見るだけ~」って思ってたんだけど、そのあまりにキレイに整備されたドックランに入りたくなったので、管理人さんの携帯電話に連絡してみるものの、電話通じず・・・orz。

そうしたら、管理事務所らしき談話室の壁に、ホワイトボードがかかっていて、そこにドックランの使用方法みたいなものと、ドックランを使用された方からのメッセージが書かれているのに気が付いた。
なので、その指示に従い、料金を払って、ドックランに入場させていただきました☆
b0090517_20414515.jpg
当然、ワンちゃんはいないので、今日は人と遊ぶこはくさん。
ボール投げして遊びました。
b0090517_20414796.jpg
こはくさん、追いかけて、ボールくわえるところまではいいんだけど・・・
b0090517_20414361.jpg
そのあと、くわえて、どっか行っちゃうんだよねー。
ボール投げて、くわえて戻ってくる・・・なんてことができれば、ボール遊びもだいぶ楽ちんなんだけどな。笑
いつも、ボールを拾いに行くのは私です。
b0090517_204149100.jpg
やっぱり今日は暑いから、疲れるのも早いねー。
b0090517_20423668.jpg
車に用事があったので、一旦ドックランから離れて戻ってきたら、こはくさんが入り口付近で座って待っててくれました。
いつもいつも「人見知り」「懐かない」とぼやいてますが、たまにはこういう懐っこいこともしてくれるんです。
こはくさんのいいところも書いておかないとね☆
b0090517_20424468.jpg
キウイ棚の下は涼しいね。
b0090517_20424656.jpg
再び、Rさんとボール遊び☆
b0090517_20424953.jpg
そろそろバテてきたこはくさん。この日の気温は30度。
太陽が出てないだけマシだけど、今日はもう、このくらいにしておこうね。
b0090517_20425226.jpg
最後もキウイ棚の下で休憩。
30分ぐらい遊んだでしょうか。暑いこともあったので、長居せずに撤収しました。
帰る際には、ホワイトボードにメッセージを残しました。
その後、帰りの道中で、私の携帯の着信に気が付いたドックラン管理人さんからお電話をいただき、ドックランを使わせていただいたお礼を言いました。
「ドックラン、どうでしたか?」「また、ぜひ、遊びにいらしてくださいね」とお心遣いの言葉をいただきました。管理人さん、とてもきさくで感じの良い方でしたよ♪

それにしても、ほんとにキレイなドックランでした☆一面芝生なんですよ。しかも、ちゃんと手入れされてて・・・。
今度は犬族のお友達をお誘いして、BBQセットなんぞも用意して、遊びにいきたいなぁって思いました。
お友達と一緒にお肉でも食べながら、のんびりまったり楽しい時間を過ごせそうなドックランです。
ただ、木陰が少ないし、秩父の奥のほうなので、新緑や紅葉の時期にくるのが最高だと思います☆
もし、この時期に行くようでしたら、虫除け持っていくことをオススメします。
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-07-29 02:57 | ドックラン | Comments(4)
ギャッベ☆
ここしばらく、物欲の落ち着いていた私ではありますが、もともとが物欲の塊みたいな人間。

その物欲の塊である私が、長年欲しいなぁと、ひそかに思い続けているのが、ギャッベの絨毯でございます。

ギャッベとは・・・
イランの遊牧民によって織られた草木染手織りラグのこと。
羊さんの毛で織られておりますよ。

で、何年も前になるんだけど、一大決心をして、ギャッベを購入しよう!と思って向かったのが、国立市にあるギャッベの専門店kavirさんです。
奥さまは日本の方で、ご主人がイランの方。直接現地から仕入れたギャッベを売っております。

本当にたくさんのギャッベがあって、ラグのほとんども見せてもらったんだけど、とってもステキだった!
ところが、迷いに迷っても、リビングサイズの大きなものはコレっていうのがなくって・・・
手織りだから、1点ものだし、見に来る時期にもよって、在庫の種類も全く違ってくる。
だから、また時間を置いて見にこようと思いつつも、実は、リビングサイズで、ググッとくるのはなかったんだけど、ラグサイズでグッとくるのがあったので、購入しました。
あとは、おまけに座布団サイズで可愛いものを2枚。
で、当時購入したギャッベの写真がコレ↓。
b0090517_1594610.jpg
かわいいでしょー☆
ステキでしょー☆
(って、自画自賛ですいません。笑)
和室にも合うねーなんてお店の方と話をしながら、キャッキャと購入しました。
今でも大切に使っていますし、もっと活用して使いたいって思っています。

ところがですよ・・・
こはくが来てから、まぁ、いろいろと写真を撮ってるワケなんですけど、写真を見返してみると・・・
b0090517_15145934.jpg
これも。
b0090517_141463.jpg
これも。
b0090517_15151882.jpg
これも。
b0090517_15151537.jpg
これも。
b0090517_15151322.jpg
これも。
b0090517_1515555.jpg
これでもかーーー!っというくらい、ギャッベの上でスヤスヤ眠るこはくの写真が・・・
(ピンボケ多くてすいません)

いつの間にか、こはくのベットと化しておる。

心地よいものは犬でもわかるんでしょーか。
それとも、羊の毛の匂いが好きなのかな?

こはくさんのベット用に買ったつもりはないんだけど(大体、買ったのだって、こはくが来る何年も前だし)。
b0090517_1533786.jpg
気が付けば、ジャストサイズで、ここに座っています。笑
Top▲ | # by lomo-papi | 2013-07-28 03:39 | いぬとの暮らし | Comments(4)
ドックランひぬま ④
しばらく、空撮写真をお楽しみください☆
b0090517_882242.jpg
太陽がだいぶ照ってきたので、今度は違うドックランへ移動。
ひぬまには、大きなドックランが3つありました。
ここのドックランが一番広いのかな?
エネルギー切れかと思っていたこはくさんですが、ここのドックランに移動した途端、生き返ったかのように走り出す。
つか、ほんとスロースターターなんですけど・・・。卒わん同窓会を思い出す。
あのときも、もう、みんな遊び疲れちゃってのんびりまったりし始めた頃に、こはくさん、イエイ☆イエイしだしたんだよねー(で、結局、帰るのに捕まらなくて、最後にワンのろ家ママさんの手を借りることに。その節はありがとうございました)。
場所と人に慣れるのに時間がかかるから仕方ないか。
でも今日は、まだまだみんな体力あるみたい!
b0090517_8122632.jpg
みんな、まだまだ遊んでくれるよ。
b0090517_8132629.jpg
チトちゃんもまだまだ元気☆
b0090517_8141123.jpg
群れてみたり。
b0090517_814262.jpg
また、走ったり。
手足伸びきって、こはくさんてばバレリーナみたい。ぷ。
b0090517_816553.jpg
ちゃぼくんが、少しずつ近づいていってるのが、スプリンクラー。
はつくんも気になるのか後に続きます。
水が出てるんだけど、ちゃぼくん、水がピシャッとかかって、びっくりしてたよ。
その様子を一部始終見てたのですが、とっても可愛く面白かったです。笑
b0090517_8182188.jpg
さっちゃんも頑張って歩いてるよ☆
b0090517_8185087.jpg
みんな広いフィールドで思い思いに遊んでおりました☆
こはくさんは、誰か気の合う子でもできるかなぁ~と思っていたけど、なんつーか。終始マイペースでした。
こはくさんって、女の子が好きなのかなぁ。こはくさんが仲よく駆けっこするワンは、女の子率圧倒的に高いです。
b0090517_1123575.jpg
もう、そろそろエネルギー切れ。
b0090517_1123817.jpg
まったり並んで休憩中の白・白黒。
b0090517_1132762.jpg
最後はチトちゃんのおもいきり元気な写真を1枚☆

気が付けば、あっという間に4時間も経過しておりました。
こんなに長い時間、ドックランで遊んだのははじめて。
犬だけでも7匹いるのに、喧嘩もせずに、みんな仲良く最後まで遊んでおりました。

こはくさん、思えば中1日空けての連投ドックランでございました。
人気投手か。肩壊すぞって感じですね。
でもきっと、こうやってピチピチ元気に走り回っているのは、ほんとに若い間だけ(と、Rさんが申しております)。
Rさんから、いつも、犬の一生はあっという間だから・・・と聞かされているので、だいぶ人間の都合で振り回すことになってしまうことは、重々承知ではあるんですけれども、それでも、こはくが伸び伸び遊べる環境に、できるだけこれからも連れて行ってあげたいなぁと思います。

普段、飼い主・ワン共に、ほとんどほかの犬族の方との交流が皆無なので、先日の八ヶ岳に続いて、今回のひぬまも、たっぷり満喫させていただきました。
こんな臆病で人見知り犬のこはくさんを誘ってくれて、ほんとに嬉しい・・・涙。

ワンのろさん、お誘いいただいてほんとにありがとうございました。
頑張って来た甲斐がありました。おつりが出るくらい楽しかった・・・。
ワンのろさんのブログでいつも拝見しているあの楽しい時間を、ワンのろ家2人+4匹と一緒に過ごすことができて、とてもハッピー☆でありました。また。ぜひ遊んでください☆

BONママちゃん、お会いできてうれしかったー♪
行くこと知らせず突撃しちゃって、びっくりさせちゃったでしょ。ごめんね。
こんな我が家のへたれ犬ですが、また遊んでください☆

それにしても、ワンのろ家もBON家も、それぞれ4頭2頭と多頭で飼っております。
なんだかそういうのも見てると、うちももう1頭ほしいなぁ・・・なんて思ってしまう。ぷ。
こはくさんは年上の女の子が好きみたいだから、そういう子をお迎えするのもいいかなーなんて。
妄想ふくらましておりますの。ぷ。


関連記事:
ドックランひぬま ①
ドックランひぬま ②
ドックランひぬま ③

Top▲ | # by lomo-papi | 2013-07-27 04:41 | ドックラン | Comments(6)
ドックランひぬま ③
ドックランひぬまで撮った写真を、ハイライトでお伝えしようかと思います。
b0090517_19474086.jpg
ああ!BONくん、待って~~っ。そんな勢いでチト姉さんところにいったら・・・
b0090517_19474345.jpg
ほら、やっぱり。ぷ。
チト姉さんにいろいろ教えてもらいなさい。
b0090517_194919100.jpg
チトちゃん、はつくんとの追いかけっこ☆
はつくん、空飛ぶ犬になってるー。
b0090517_19495237.jpg
久しぶりに再会したBONくんとはつくん。
お互い、兄弟って認識してるかどうかはわからないけれど、単純にこの2匹は気が合うんでしょう。
b0090517_19553539.jpg
ずっと一緒に遊んでました。
b0090517_19504168.jpg
見て見て~。踏込のタイミングまで、ぴったり同じ。
b0090517_19504453.jpg
さすが兄弟犬。
こうやって兄弟で仲の良い姿を見ていると、ほんとに微笑ましい・・・
こはくさんの妹犬のももかちゃんも、どこかで元気に過ごしてるかなぁ。いつか会えたらしいね。こはくさん。
(でもきっと、こはくさんは何も感じないかも。保護主Kさんを忘れちゃうくらいだからっ。笑)
b0090517_19535112.jpg
ちゃぼくん、ちょいと一休み中。芝生の上は気持ちいいね☆
b0090517_801852.jpg
ポージング決めてる風に見えなくもないこはくさん。ひとりパリコレか!?(ぱり くびわ これくしょん 2013みたいな。ぷ)
b0090517_803958.jpg
プールから戻ってきたカルアちゃんとBONくん。
ワンのろ家パパさんにお誘いいただき、こはくさんもまいるちゃんと一緒にプールサイドまで行ったけれど、まったく水に入る気配なし。
つか、目の前にプールがあることを認識しているかどうかもあやしい。笑
いつだって、どこだって、周りに人がいると気になっちゃうから、新しい場所に落ち着くまでには時間がかかるんだよね。こはくさんは。
私も水着持って来ればよかったなー。誘導したら、こはくさん、もしかしたら入ったかもしれない。
今度は水着持参で行こうと思ったのでした。
b0090517_824968.jpg
まだまだ続くよ☆ひぬま時間。イエイ☆


関連記事:
ドックランひぬま ①
ドックランひぬま ②
ドックランひぬま ④

Top▲ | # by lomo-papi | 2013-07-26 04:48 | ドックラン | Comments(4)
ドックランひぬま ②
さて!これからはワンのろさん一家との写真をたくさんお送りしたいと思います☆
この日はRさん不在で私一人だったので、犬も見てなきゃいけないし~っで、あんまり写真撮れなかった・・・
それでも、枚数的には十分なので、どれをアップしようか迷っちゃいます☆
b0090517_1621176.jpg
写真を見返してみて、あれー?はつくんと一緒に走ってる、このアグレッシブなワンはだあれ??って思ったら・・・まいるちゃん!
いつもおっとりゆったりの姿しか見たことなかったので、こんなアグレッシブなまいるちゃんを見たのははじめて。
でも、そういえば、我が家に遊びにきてくれたときにも、まいるちゃん、えらい上のほうまで山に登っていたからなぁ。
意外性のある女性は魅力的なんですYO!
b0090517_16245562.jpg
ワンのろ家のリーダー、ちゃぼくん。
ちゃんとアイコンタクトのできるちゃぼくん。
優しい眼差しが忘れらんない☆
b0090517_16245198.jpg
ワンのろ家の元気娘チトちゃん。
相変わらずのカッコイイ走りを披露してくれました☆
もっとこはくさんと追いかけっこしてほしい♪
b0090517_16244859.jpg
ワンのろ家にホームステイ中のはつくん☆
b0090517_16263457.jpg
ボールで熱心に遊んでるまいるちゃんの隣に座っている、はつくんのこの座り方が可愛い☆
(ちなみに、はつくんは里親大募集中なんですよ。詳細はいつでも里親募集中を見てね☆今気が付いたけど、ちゃっかりこはくが写っておる。ぷ)
はつくん、ほんとに穏やかで優しくっていい子なんです。
兄弟犬のBONくんは、とってもステキなお家の子になったので、はつくんにも幸せ掴んでもらいたい☆
(でも、ワンのろ家で預かってもらってる時点で、十分はつくんは幸せだけどネ)
b0090517_1631851.jpg
辰年トリオ(みんな花の平成24年組)!
はつくんと、こはくさんと・・・あれ?もう1匹は・・・
b0090517_16321097.jpg
はつくんの兄弟犬、BONくん☆
ひぬまドックランはBONくんの本拠地なんです。
午後から参加のBONママちゃん。
私とこはくが来ること知らなくて、びっくりしてた。笑えるっ。ぷぷっ。
b0090517_18461253.jpg
BONくんがBONママちゃん家にやってくるのと大体時同じく、BONママちゃんに保護されたさっちゃん。
はじめまして☆さっちゃん、よく遊びにきてくれたねー♪
b0090517_1953861.jpg
さっそくこはくさんがお得意のポーズでBONくん誘ってますがな。
BONくんも似たようなポーズで応戦!
辰年コンビは、ピチピチ☆の1歳。まだまだ元気有り余ってるよねー。
b0090517_1926402.jpg
卒わん同窓会以外で、こんなにたくさんのワンがいるドックランは初めてなので、なんかもう、賑やかすぎてワケわかんないけど、楽しい☆
誘われたときに迷うことなく瞬発力で遊びにきてよかったです。
b0090517_19265988.jpg
BONママちゃんの周りに、犬がワラワラ集っておる。まるで犬使いみたい☆
(そして、こういうときには、こはくさん、しっかり写っていないし。ぷ。どんだけ人見知り~~)
BONママちゃんは、ほんとに優しくて、犬に対する愛情がとっても深い(そして、愉快な方でもある。ぷ)。
よかったね。さっちゃんとBONくん。優しいママと出会えて。
たくさん幸せになるんだよ☆

まだまだドックランひぬまでの時間は続きます。


関連記事:
ドックランひぬま ①
ドックランひぬま ③
ドックランひぬま ④

Top▲ | # by lomo-papi | 2013-07-25 06:51 | ドックラン | Comments(3)
ドックランひぬま ①
ここのところ、立て続けにドックランに行ってます☆
今回は、また、別のドックランのお話です。
b0090517_1418510.jpg
朝の散歩道。
今、山百合がとってもキレイにあちらこちらで咲いてます。
いつも通りに朝の散歩や諸々済ませてのんびりしてたら、1通のメールが届く。
内容は、「これからドックランに行くので、一緒に行きませんか?」というステキなお誘い☆
これが、犬族の醍醐味なんでしょうか♪
こういうゲリラなお誘い、大歓迎です☆
Rさんはお勤めがあって無理ですが、私だけだったら行けるので、ぜひ、参加させてください・・・とお返事。
そして、向かった先は・・・
b0090517_14275717.jpg
ドックランひぬま
東京の片隅にある我が家からは、高速使ってーの休憩とりながらーの、約3時間半の道のり。
でも、先行して走っているTさんから、定期的にメールをいただき、守屋SAにドックランがありますよーとか、友部SAの納豆ドック絶品☆などのお得情報をいただいたので、休憩しながら美味しもの食べながらの楽しい道中。
(友部の納豆ドック、マジうまでしたよ!Tさん!!)

そして、ドックランひぬまで待っていてくれたのは・・・
b0090517_14323024.jpg
b0090517_14323282.jpg
ちゃぼ・まいる・チト・はつゆき(敬称略☆)でお馴染みのワンのろさんご一家ですよ☆会いたかった――♪♪♪
卒わん同窓会以来だね☆

ちょうど着いたときには、まいるとはつゆきとワンのろ家パパさんがプールで遊んでいたところでした。
(ドックランひぬまには、ワン用のプールがあるんですよ。すごい!)
まいるは、上手にプールで遊んでるし、はつゆきも、水の中を出たり入ったりしてる。
あれ?ちゃぼとチトは?と思ったら、エアコンの効いた車の中で待機しておりました。

一足先に、ちゃぼ・チト・こはくの3頭でドックランに入場しました☆

この日は、こはくさん、珍しくナーバスになってて、途中立ち寄った守屋SAのドックランにいた黒ラブちゃんに、マズルしかめた顔して威嚇っぽいことしてたのだ(こはくのこんな顔見たの初めてだ)。
思い返してみると、朝の散歩でも、なんとなくキレ悪いかな?という感じもあって、疲れでも残ってるのかなぁ~と思ったのですが、なんてことはない。ドックランに入ると、全然元気だった。ぷ。
木陰が涼しげなドックランに入り、最初はちゃぼ・チト・こはくの3頭だけだったのですが、気が付けばいつの間にやら、他のワンも。
b0090517_14492030.jpg
ボーダーコリーのカルアちゃんに。
b0090517_14492249.jpg
mixのモアナちゃん。
b0090517_14535486.jpg
b0090517_1454162.jpg
撮った写真を見返してみたら、モアナちゃんと追いかけっこしてる写真がいっぱい。
モアナちゃん、毛もキレイに長く、ほんと美犬でございました。
カルアちゃんもモアナちゃんも女の子。
b0090517_14555796.jpg
b0090517_14555830.jpg
こはくさん、またまた美人さんに相手してもらえてよかったねー♪
ドックランに行くと、美人の女の子に縁のあるこはくさんなのでした。

それにしても、白2頭だと、写真がまぶしい~~
こはくさんを撮ってていつも思うんだけど、白犬だから写真が白とびしちゃうんですよネ。
オート&連写で撮ってるから贅沢言えない・・・orz。
b0090517_154554.jpg
この日は、結構ワンがいて、ひとつのドックランは、ジャックラッセルテリアでいっぱいの貸切。
そして、プールにもワンがいっぱい!
こんなにワンがいるドックランに来たのは初めてです。
あ。そんなことないか。今まで一番ワンがいたドックランは、卒わん同窓会ですね☆
あのときは、50頭ぐらいのワンがいたからなー

でも、このくらいワンがいると、見ていて楽しいです。
ワンにはワンの社会があるから、気の合う子、そうじゃない子とか、いろいろあるんですよねー
こはくさんは・・・結構我が道行くタイプだったかなぁ。
気まぐれに群れたり、1頭になってふらふらしたり。そんな感じでした。


関連記事:
ドックランひぬま ②
ドックランひぬま ③
ドックランひぬま ④

Top▲ | # by lomo-papi | 2013-07-24 04:56 | ドックラン | Comments(2)
八ヶ岳わんわんパラダイス ②
八ヶ岳わんわんパラダイスでの駆けっこはまだまだ続きます。
b0090517_8432966.jpg
あれ?クレオちゃんとパトラちゃんのほかにも、もう1匹・・・
実は、クレオちゃんとパトラちゃんにはもう1匹の姉妹が。
イタグレのレックスちゃんです☆
b0090517_843319.jpg
レックスちゃんは、他のワンが苦手で、こはくさんが、ちょっと怖かったみたい。
最初のうちはママに抱っこされてました。
逆にこはくさんは、人間が超苦手。ワンにもいろいろと苦手なものがあるんですよねー。
b0090517_8433615.jpg
でも、苦手でも、頑張ってレックスちゃんも追いかけっこに参加してくれました☆
b0090517_8433342.jpg
ちょっと休んでは・・・
b0090517_8433489.jpg
また走る。
コレ、こはくさんのお得意のポーズ。
「追いかけっこしよーぜ!」って誘ってますがな。
どんだけ元気。
b0090517_8433713.jpg
気持ちよい風吹く森の中、いっぱい遊んだねー。
b0090517_845844.jpg
こはくさんも、大満足です☆

そのあと、クレオちゃん、パトラちゃん、レックスちゃん、3姉妹のママであるRさんが、わんわんパラダイス周辺の別荘地を案内してくれました。
とってもステキなコテージがたくさんあって、ワン連れで泊まるには最高な場所なんですって。
お話を聞いてると、私もこのコテージに泊まりたくなってきました(でも、結構空き室なくて、予約とるのが至難の技かも。ぷ)。
いろいろとステキな情報を教えてくれて、最後に、クレオちゃん達と遊んでくれたお礼に・・・と、お茶にご招待してくれました。
Rさんご自身も、この場所に別荘をお持ちなんです。木の香り残るステキなお家。
ドックランも近いし、涼しくて、空気もおいしく、富士山どどーんと見えるロケーションバッチリのこの土地。
ワンが過ごすにも最高の土地。クレオちゃん達は幸せだねー☆
初対面にも関わらず、図々しくもくつろいでしまいましたがな。ぷ。
ワン達が繋いでくれた不思議でステキなご縁です。
Rさん、本当にありがとうございました☆犬族同志、また、ぜひ、遊んでください!

そして、帰りはわんわんパラダイスすぐ近くにある三分一湧水を散策。
b0090517_845975.jpg
b0090517_8451154.jpg
b0090517_8451254.jpg

湧水が豊富でキレイな場所。
水がキレイな場所って、土地自体がしっかり潤ってて、キラキラしてる感じがする。
緑と風と犬を満喫した1日でした☆


関連記事:
八ヶ岳わんわんパラダイス ①

Top▲ | # by lomo-papi | 2013-07-23 04:46 | いぬと八ヶ岳 | Comments(0)
八ヶ岳わんわんパラダイス ①
b0090517_6523099.jpg
八ヶ岳のわんわんパラダイスのドックランへ日帰りで行ってきました☆

ワンのためのリゾート、山中湖のwoofのほかにも、どこかこういうところないかなぁ~と調べていたRさんが、八ヶ岳にワンのパラダイスリゾートを見つけたのです。

ホームページを見ると、プチホテルとコテージがあるらしい。
宿泊プランもいっぱいあって、どんな風なプランで予約したらいいのかわからないので(しかも、コテージは平日でも結構満室)、とりあえず、日帰りドックランを利用して、どんなところか見に行ってみようか、ということで、急遽、出発しました。

八ヶ岳は山登りでもレジャーでも訪れたことがありますが、ほんとに名水の里・・・
今まで登った山で飲んだ水の中で、ピカイチにおいしかったです♪
(2008年に八ヶ岳エリアの西岳~編笠山を縦走したのですが、その際に八ヶ岳のおいしい水のことを書いてました☆)

そんな八ヶ岳に出かけるのもとってもひさしぶり。
まぁ。平日だし、たぶんまた、犬1匹もいないよね・・・(と言いつつも、コテージがいっぱいあるから、ちょびっとだけ期待)と、出かけたら、やっぱり犬いなくて、1枚目の写真状態でした。ぷ。

まぁまぁ。予想の範囲内ですよ。
なので、1匹+2人でのんびり遊びましょうよ。

このわんわんパラダイスのドックランなのですが、ゆる~~~やかな傾斜地に木々がたくさん生えてて、広さも十分。まさに森の中のドックランといった感じ。
しかも、標高も1000m以上あるから、日中もとっても涼しいの。
あんまり虫も飛んでないし、この季節にワンを遊ばせるのには、とってもいい場所でした。
併設しているレストランでごはん食べたけど、とてもおいしかったし(レストランも貸切。ぷ)、入場料はワンの分だけで1頭1000円。
しかも、出かけて戻ってきてまた入場することも可能で、1日遊べる感じなのです。

b0090517_6523243.jpg
森林浴が気持ちいいし、ドックラン内にはベンチがあるので、ここまで人もワンもいないのであれば、本でも持って来ればよかったなーなんて思っていたら、こはくさんの動きがピタッと止まる。おやおや?誰か来たのかな。
b0090517_6523484.jpg
最初は小型犬エリアで遊んでいたミニピンちゃん達ですが、飼い主さんにお声かけしたら、こっちの広いフィールドのほうへ遊びにきてくれました☆
b0090517_6524229.jpg
ミニピンのクレオちゃん(♀)に。
b0090517_6524540.jpg
パトラちゃん(♀)。
双子ちゃんですよ。名前は合わせて「クレオパトラ」。なんてかわいいんでしょう☆

見てー。この体格差っ。
小さい子たちだから、こはくさん、上手に遊べるかしら・・・と思っていたら、全然大丈夫だった。
b0090517_6524728.jpg
クレオちゃんもパトラちゃんも、元気いっぱいっ。
年上のお姉さま方に、こはくさん、たっくさん相手してもらえました。
こはくさんは、本当に追いかけっこが大好き。
大好きすぎて、初対面のワンにも、いきなり追いかけっこしかけるから、相手のワンちゃんをびっくりさせちゃうことがあるんだけど、クレオちゃん、パトラちゃんとは大丈夫みたい☆
b0090517_6524948.jpg
先日の甲斐犬ちゃんズ(ママ&娘)と遊んだときもそうだけど、女性コンビに縁があるみたいです。こはくさん。
b0090517_6525162.jpg
特にパトラちゃんが、よくこはくさんのところに来て、ちょこちょこ遊んでくれました。
パトラちゃんは、お目目がチワワっぽい感じで、とってもかわいいの☆
b0090517_6525312.jpg
この体格差なのに、若干バテてるこはくさん(しかもすごく汚れてる。これだから白犬は・・・苦笑)。

たくさん遊んでもらえてよかったねー☆

まだまだ遊びの時間は続きます。ぷ。


関連記事:
八ヶ岳わんわんパラダイス ②

Top▲ | # by lomo-papi | 2013-07-22 04:49 | いぬと八ヶ岳 | Comments(3)
白馬2013(4日目)
最終日。
とても居心地のよかった宿、かぜのおとさんを後にしました。
ペンションに泊まったこと自体、とっても久しぶりだったのだけれども、オーナーご夫妻のお心遣いや気配りやおもてなし、どれもほんとに心地よかったなぁ。
そうそう。ペンションってこういう場所だった・・・っていうことを思い出しました。
オーナーさんの人柄や気遣いがダイレクトに出る場所。
だから、居心地の良いペンションと巡り合えたら、上質の時間を過ごすことができるんですよね☆

今回の旅は、ワンのろさんとのご縁があったからこそ、これだけ楽しめたので、ワンのろさんには大変感謝してます。
どうもありがとうございました☆

こはくさんを迎えることによって、保護主Kさんとつながり。
そして、同じ保護主Kさん邸出身のワンを迎えたワンのろさんとつながって。
そのつながりがあって、今回の白馬の旅があったワケですから。
縁って面白い☆

たくさんのご縁に感謝しつつ・・・

最後は、長野の善光寺に寄って帰りました。
b0090517_21514590.jpg
ハトがたくさんいました。
b0090517_21514735.jpg
善光寺は境内散策ワンOKでしたので、こはくさんも一緒に善光寺参りです。牛ならぬ犬に引かれて・・・ですね。
b0090517_21515018.jpg
この写真、善光寺で撮った写真の中で一番のお気に入りです。
なんというか・・・遠近感めちゃめちゃなのわかりますか?笑
後ろの本堂とかなり前に写っているこはくが、同じ線上にいるというか・・・
この写真、こはくをもうちょっと後ろに座らせて「待て」で撮った写真なんですけど、こはくさん、言うこときかずに、こっちに向かって歩いてきちゃったんですよ。
だから、こんなのっぺりした写真になっちゃったんです。
なんか合成写真みたい。ぷ。
ほんとこはく、言うこときかなくて、何度「待て」しても歩いてきちゃうから、終いにはそのやりとりを一部始終見てた警備員さんに笑われちゃいました。笑

今回の旅は、ほんと楽しくて面白かった!ハプニングもいっぱいあったし。
この旅で、男衆2人と1匹は、完全に私に弱みを握られたことでしょう。
お腹いっぱいの旅でした。ぷ。


関連記事:
白馬2013(1日目)
白馬2013(2日目)
白馬2013(3日目)

Top▲ | # by lomo-papi | 2013-07-21 04:10 | いぬと旅 | Comments(0)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin