<   2013年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
心折る感じ。
b0090517_4573340.jpg
でーん!と広がって(曲がって?)寝ているこはくさん。
窮屈そうに見えますが、こはくさんなりに伸び伸びしております。ぷ。
今日は午後からお友達が遊びにくるんだよ。大丈夫かな?

って。

何が大丈夫かと申しますと、このことはおいおい別記事にも書こうかとは思っているのですが、こはくは、強烈人間苦手犬なんです。
威嚇行動は一切見せませんが、誰か知らない人がくると、尻尾をお腹にまで巻き込んで(だだ下がり)、後ずさり・逃げる行動を繰り返します。
(傾向としては、志村動物園でベッキーが保護した、あの2匹のわんこに感じが似てる。あそこまで怯えてはいないけど。なので、ベッキーわんこの今後がとても気になっております。笑)

かといって、じゃあ、強引にいったらどうなるの?と言いますと、別にどうもしない。
緊張して固くなってはおりますが、別に触ったら触ったで、されるがまま。
暴れたり嫌がったり吠えたりといった激しい行動をするわけではないのです。

こはく見てると、ただ「怖い」。それだけで、じゃあ、怖いからどうにかしようという感じはないのです。

まぁ。
この人に全く懐かない感じは、犬を好きな人の心をことごとく折るわけなんです。苦笑
先日遊びに来てくれたMさんも、「犬のいない人生なんて考えられない!」というくらいのわんこ好き。
なのですが・・・
b0090517_457396.jpg
・・・案の定、玄関にMさんの気配を感じるや否や、いつものポジションにダッシュで隠れて丸くなる。
あとは気配を消してじーーーっと様子をうかがっている。
b0090517_4573670.jpg
数時間後には、ようやくちょっと慣れたのか、うつらうつら眠る様子も見られたけれど、Mさんのちょっとでも動く気配を感じようものなら、この目線ですぐに警戒。そして、大きなため息つく犬。

犬好きのMさんの心をさぞや折ってしまったのではなかろうか・・・
b0090517_4574222.jpg
だけども、Mさんは、笑顔で「全然大丈夫ですよ!」と言ってくれて、散歩に行けば、ちょっとは仲よくなれるかも・・・と話したら、こうやって散歩に連れ出してくれました。
ようやく、こはくさんの尻尾も上がったよ☆(とは言っても、やっぱり散歩の間中、だいぶ警戒していたけれどもね。ぷ)
b0090517_4574553.jpg
散歩から帰ってきたら、Mさんの「お座り」の指示には従うも、「お手」の指示に対しては、ほれ、この通り。
逃げたい気持ちいっぱいなんだけど、「お手」って言われちゃうと、お手をせずにはおれんのです~~~という、こはくさんの心の叫びが手に取るようにわかる、逃げ腰お手写真。

最後の最後まで無礼な犬でごめんねっ。Mさん。

とはいえ、飼い主としては、やっぱりこはくさんにはある程度の社交性を身につけてほしいので、こはくさんが人間苦手だとわかっていても、避けるようなことはせずに、私達の生活に合わすことができるよう、これからもいろんな経験をさせていきたいと思います。
(と、書いておきながらも、これがこはくの性格だったら、治らないかも~涙)

人見知り犬、どうやったら人間に慣れるのでしょうか?
Top▲ | by lomo-papi | 2013-05-31 05:00 | こはくの人見知り | Comments(0)
ウッドチップの道
b0090517_4535135.jpg
吊り橋渡って、瀬音の湯へ抜ける、ウッドチップの道。
ウッドチップの道は、私が歩いていてもふかふかして気持ちいいので、こはくさんも気持ちよく感じているかもしれない。
ウッドチップの道と言えば、隣の桧原村にある都民の森から、三頭山へ続く登山道にも、ウッドチップが敷かれています。
三頭大滝までの道が「森林セラピーロード」として整備されており、ウッドチップが敷かれているのです。
ここの道も歩きやすくて気持ちいいです。

三頭山、ご無沙汰してるなぁ。
三頭山は数時間で往復できる山なので、午前中に登って下山し、都民の森の食堂でお昼ごはんを食べて帰る・・・なんてことをよくやっていました。笑
ここのコロッケ定食が大好きなんです。侮れない美味しさですよ☆
b0090517_4543158.jpg
地面に黄色い花がたくさん落ちてる・・・と、ふと見上げたら、こんなキレイな花が咲いてました。
b0090517_4545888.jpg
新芽が赤茶色の葉っぱなの。不思議。大きくなって緑に染まっていくのかな。
b0090517_4552027.jpg
木に巻き付くツタの芸術的な美しさ。
まるで服を纏っているみたい。
秋には紅葉して、見事なグラデュエーション見せてくれます。

季節はあっという間に移ろい、気が付けばもう梅雨入りです。
Top▲ | by lomo-papi | 2013-05-30 04:57 | いぬとの暮らし | Comments(0)
父とこはく
私の実家のおとんは、犬・子供が大嫌い(それについては、いずれ別の記事でおいおい・・・)

ところが、2番目の妹にチョビスケ(孫)が生まれてからはコロッと変わり、子供(孫)大好きジーコに変身。
(うちの実家の父と母は、孫に「ジーコ」「バーコ」と呼ばれています)

そして、その余波はこはくにまで。

先月のことなんですが、実家に帰る際に、「こはく連れて帰るから」とおかんに電話したら、電話を切った後、おとんが「犬を絶対家に上げるな!」っておかんに文句言ってたそうだ。
その前にも一度連れて帰ったことがあるんだけど、こはくの抜け毛がひどくて、部屋の絨毯を毛だらけにしちゃったのがいけなかった(実家のおとんは、超~~~~~キレイ好きなんです)

ところが、連れ帰ってみれば、ほれこの通り。
(写真が仏頂面なのは、逆光でまぶしいから。笑)
b0090517_445810.jpg
この日、私は用があって実家に帰っていたんだけども、こはくを家に置いてでかけている間に、おとんがこはくを散歩に連れ出したんだよね(おとんは、好奇心旺盛なので、文句言ってる割に、こはくの散歩とか、やったことないことにチャレンジするタイプなのだ)
それをきっかけに、こはくの存在が超気になるらしく、なんのかんのと、こはくを構う、構う(そう。がんこなおとんのいいところは、単純なところ。ぷ)
b0090517_4454680.jpg
しかも、こはくはえらくおとなしい犬なので、がんこなおとんの「お座り!」「伏せ!」の指示にも素直に従うし、無駄吠えもないから、さらにおとんのハートをゲット(なぜかこはくの強烈人見知りが、今回あまり発揮されていないのも幸い。遺伝子近いからかな?)。

そんな感じで、実家のおとんとおかんに、たくさん可愛がってもらいました。
おとん、毎日散歩も2時間近くも行ってくれたし。
おかげでこはくは、ぐっすり(ぐったり?)。

おとん、ほんとにどうもありがとう。
b0090517_449511.jpg

Top▲ | by lomo-papi | 2013-05-29 04:51 | いぬとの暮らし | Comments(7)
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ⑦
b0090517_6353562.jpg
さーて。ながながと7回に分けて書いてきましたこはくのドックランデビューも、これで最後に。

これは、みんなで撮った集合写真です。

これが、参加者+参加犬。29家族+43匹。すごい数。ぷ。

スイッチ入ったこはくさんは、この写真を撮るときも、最後まで捕まらなくて、みんなを待たせちゃったし、そして、この会が終わったのが14時なんだけど、時間になって全然捕まらなくて(実は、会が終わる1時間ぐらい前から、こはくをリードにつなごうと隙を伺っていたのですが、全然戻ってきてくれないし。涙)、ついには、最後の1匹に!やーめーてーーーー

はつゆきの預かり親のTさんに助けてもらって、ようやく逮捕できました。ほーーっ。

本当に助かりました。Tさん、ありがとうっ。
このまま捕まらなかったらどーーしようって、嫌な汗じんわりかいてました。笑

それにしても、楽しくて貴重な体験でした。

お互い、どんな素性なのか知りもしない者同士が、「犬」という共通項だけでつながる人間関係。

不思議。ほんと、不思議。

犬の話してるだけで、一緒の空間が共有できちゃうんだもの。しかも、楽しく。
今まで、こんな不思議な人間関係の中に身を置いたことがありませんでした。

なんか、ちょっと犬っぽい関係かも。
人間も群れてた?みたいな。笑

犬は、一緒にいる空間の中で、適当に遊んでるからね。
人もつられて、そんな感じになるのかな。笑

私は、過疎化&高齢化が進んでいる集落に住んでいるので、散歩していても人や犬に会うこと、まったくありません。
1ヶ月に数えるぐらい。
だから、こはくさんにはまだ、お友達と呼べるわんこのお友達は、ほとんどいないと言っても過言ではないのです。

Kさんのお家にいたころ、たくさんのわんこと過ごしていたおかげで、こはくさんはわんこ好きな犬に成長してるから、ほんとはもっと、お散歩とかでほかの犬に会えたらいいのになぁと、薄らぼんやり思っていたから、こんなにたくさんのわんこに久しぶりに会えたこはくさんは、刺激いっぱいだったに違いない。

おかげで、私も面白くて、楽しかった。
呼び戻しのできないこはくさんを連れて行くのがだいぶ不安だったのですが、みなさん、温かく見守ってくださり、思いきって参加してよかったです☆
本当にありがとうございました♪

おまけ:
b0090517_6385251.jpg
ドッグランを後にしたこはくさんは、帰りの車中でも、家に帰ってからも爆睡。
たまに夢を見てるのか、ふぁーふぁー寝言言いながら、足をバタバタさせてる。
ドッグランの夢でも見てんでしょーかね。
楽しかったのかな。よかったね。笑

たくさんのわんこが、いろんな人に撫でてもらって、抱っこしてもらう中、誰にも撫でさせることなく無礼な態度をとり続け、人とは一定の距離を保って、ランを走り回ってたこはくさん。

撫でてはもらえなかったけど、名前、たくさんの人に呼んでもらってよかったね。
ほんとにみんな優しかったね・・・こんなに愛想のない犬なのに。

来年もまた、同窓会あるそうだから、そのときにはもうちょっと人馴れしておこうか。
一緒に頑張ろうね。笑

関連記事:
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ①
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ②
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ③
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ④
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ⑤
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ⑥

Top▲ | by lomo-papi | 2013-05-28 06:39 | 卒わん同窓会2013(K母邸) | Comments(0)
日光浴
b0090517_458467.jpg
この季節は、暑すぎず寒すぎず。
吹く風もさわやかでほんとに気持ちいい。
いつも通り、ぐるりと一回りした後、日光浴しながらちょっと休憩。
b0090517_4585376.jpg
まぁ。大概は言うこと聞かないんだけれども、「こはくー」って呼んだら一応は来てくれる。
(匂いかぎ・拾い食いに夢中になっていないときは)
ただ、この道は傾斜のきついアスファルトの坂道なので、全力疾走したら体に負担がかかるんじゃないかと心配。
b0090517_4585637.jpg
とは言っても、犬っころだから、すぐに追っかけてきちゃうんだけどもね。
b0090517_4584989.jpg
なるべく体に負担がかからないように、地面が土のところに連れて行きます。

ところが、だんだん虫が増えてきた・・・あっという間に、ぶよ・蚊に囲まれます。
虫よけが手放せない時期に突入。
こはくも蚊の襲撃を受けるから、山に行くときは虫よけスプレーつけるようにしないと。

山の蚊に刺されると、パンパンに腫れちゃって、どうしようもなくかゆい。
下手したら2週間とか腫れっぱなし。
埼玉に住んでいた頃は、蚊に刺されたってこんなことにならなかったのに。
これって年のせい?それとも、山の蚊が強力なのかな。

虫も出現する動物もレベルが高くて泣けてくるよぅ。
Top▲ | by lomo-papi | 2013-05-27 05:00 | いぬとの暮らし | Comments(0)
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ⑥
さて、到着したばかりの頃は委縮していたこはくさんも、時間が経つに連れて慣れてきた・・・・
慣れすぎてきた!

環境変わると水すらろくろく飲まないこはくさんが、ほかの犬と交流をはじめ、人間を警戒しながらも、あちらこちらをウロウロして、ついには、水をがぶ飲みし始めたころから、いやーな予感し始めたんだけど、気が付いたら、スイッチ入った顔してた。

スイッチ入った顔→飼い主の言うこと、まったくきかない。

ひーやばいっ。

実は、旦那のRさんが一緒に行けないことが判明したときに、懸念していたことがこれだった。
こはくさん、スイッチ入ると全く呼び戻しできない。
ドッグランで捕まえられなかったどうしよ・・・。

スイッチ入ったこはくさんは、元気いっぱい、かけっこ大好き犬に変身。
気が付けば、いろんな犬と追いかけっこしまくってました。

ダッシュしてて、ほかの犬が掘った穴に躓いて、激しく転んだときには、びっくりしたけど。笑
犬のマジ転び、初めてみました。
すごかった・・・顔とか強打して、思いっきりぶっ飛び転んでいたのに、ケガひとつしてないし。

そういう頑丈なとこ、私っぽい。ぷ。

もともと、私、ほんとに病気もしないし、原付バイクで事故したことも3回あるけど、どれもかすり傷だった。
なかでも骨太で丈夫だなぁと思ったのが、昔、経験したJR池袋駅、山手線ホームでの出来事。

朝の通勤ラッシュ時、大雪で電車のダイヤが大幅に乱れて、超~~~殺気だって人が溢れかえっているホームで、電車に乗る際に、後続から押され、足を電車とホームの間に落っことして、将棋倒しの一番下敷きになってしまったことがあるんです。

人の重さに圧迫されて息できないし、胸は押しつぶされるし、足は挟まって変な方向に曲がってるし、コレ、マジやばいかも!って命の危機感じました。さすがに。

ところが、サラリーマンのおじさまに、救出されたところ、脛のかすり傷以外、どこも傷無し・・・
ロングブーツ履いていたとはいえ、あんなへんちくりんな体制だったのに、骨も異常なし。
このときは、骨太に産んでくれた両親に、心の底から感謝しました。
そのあと、当時働いていた会社に出勤したワケですが、さすがに髪ボサボサ、服はヨレヨレ、ブーツはずるむけ状態の私を見て、みんなびっくりしていたけどね。笑

そのくらい、私も丈夫。頑丈。
きっと、こはくと同じようにダイナミックに転んでも、私も平気だと思います。ぷ。

おっと話が逸れました。笑

さて、こはくさんは、前半戦ガチガチに委縮していたせいで、調子に乗りはじめたのが後半戦にきてから。
でも、その頃には大半の犬は、遊び疲れてぐったりまったりしてる。

そんなこはくさんの相手をしてくれるのは、やっぱりこはくさんと同じ年齢ぐらいのわんこ達。
だから、みんな元気いっぱい駆けずり回ってました。

で、この動画。

なんかね。
この動画を見てて思ったんだけど、これ、一見3匹で戯れてるように見えるんだけど、よく見てみると2匹しか戯れてないのわかりますか?
こはくさん、なんかこう、遠巻きに遊んでほしくて、一緒について回ってるみたいな感じ。笑

こんな感じで、こはくさんは、ほかの犬とも遊んでるんですよ。笑

なんつーか・・・・こはくさんって、相手にされてなくても、自分が楽しければいい!みたいな感じなのね。笑

超マイペース。

びびり犬で、感情表現とかもささやかなこはくなんだけど、こはくなりにこうやってマイペースで楽しんでるみたいなのがわかりました。笑

私からしてみると、相手にしてもらえてないみたいで、ちょっとかわいそう・・・なんて思っちゃうんだけど、でも、それは人間の感覚。
さらに時間が経つと、ちゃんと一緒に遊べるようになっていたので、よかった☆

最後はベスちゃんと追いかけっこしてたね。
ベスちゃんも、とっても元気なワンコさんなんだそうです。笑
ベスちゃん、遊んでくれてありがとう。

関連記事:
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ①
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ②
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ③
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ④
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ⑤
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ⑦

Top▲ | by lomo-papi | 2013-05-26 09:43 | 卒わん同窓会2013(K母邸) | Comments(0)
山へ草刈りに。
b0090517_7512350.jpg
風の心地よい薄曇りのある日の午後。
裏山の稜線上へ抜ける山道の一部が、草木ボゥボゥになって道をふさいでいるそうなので、旦那のRさんは、鎌を持って草刈りに。
そしてお共には、こはくさん、カメラマン&運動のために私もついてく。
b0090517_7514845.jpg
ほとんどが針葉樹なんですが、一部こうやって広葉樹が。
b0090517_752789.jpg
写真はコナラの木々。
広葉樹はいいですね♪新緑・紅葉楽しめるし。歩いていて気持ちがいい☆
ここら辺の山はスギ・ヒノキの針葉樹ばかりなので、1年中深緑色のまんま。ちょいと色気不足です。
カラマツとかだったら、針葉樹でも芽吹き、紅葉して色づき、とてもキレイなんだけどなぁ。
(この辺の高度ではカラマツは無理・・・)
彩あざやかのほうが色っぽいです。ぷ。
b0090517_7523565.jpg
Rさんの草刈り作業は、30分ぐらいで終了したので、そのあとは、ちょっと遠回りして家に帰ることに。
こはく。Rさんにしっかりついてくんだよ。
b0090517_7525824.jpg
山道では一定の距離を保って、決して離れないこはくさん。
ドックランのときの言うこときかないこはくとは、えらい違い。笑
b0090517_7531943.jpg
「早くおいでよ」とばかりに振り返っては見てるけど。
ま・・・待って・・・こはくみたいに四輪駆動じゃないんだからさ。
b0090517_7534394.jpg
下山途中、沢の水を飲みました。
今まで、川沿い・沢沿いを散歩しても、決して水は飲まなかったこはくさん。
たくさん歩いたから、喉乾いたんだね。記念すべき沢水デビューです☆
b0090517_754144.jpg
約2時間ほどの山歩き。

人通りが全くないため、道はかなり荒れて、草木ボウボウでした。

こはくさんのお土産は、体にいっぱいついたダニ・・・ひー。
フロントラインを使っておりますが、どの程度の効果があるものなのか、実効がよくわかってません。
ちゃんと退治されますように。
Top▲ | by lomo-papi | 2013-05-25 07:53 | いぬとの暮らし | Comments(2)
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ⑤
b0090517_5234198.jpg
こはくさんがフェンス越しに挨拶しているのが、はつゆきくんの兄弟犬のBONくん。
車酔いにも負けず、遠いところ遊びに来てくれました☆

BONくんに会うのは初めましてだけど、はつくんの兄弟だからか、とても親しみ感じちゃった。
穏やかで優しい子だったね♡

こはく、ちゃんと挨拶できたかい?笑

BONママさんとは、初対面にも関わらず、たくさんお話させていただいて、とても楽しかったです☆
また、何かの機会にお会いできたら嬉しいなぁ~♪

BONママさんに限らず、ほんと、お会いした皆さんに対して、そう思いました。
だって、とっても楽しかったから。

新参者の私と、人馴れ全くしてないこはくさんを温かく迎え入れてくださって感謝しております。
ほんとにほんとにありがとうございます☆
b0090517_5242267.jpg
そして、こはくの命の恩人、保護主Kさんと、こはくと同じビビリ犬のあんずちゃんと。笑

Kさんは今まで1000匹以上のワンちゃんと里親さんの縁をつないできた、我らがゴットマザーです。

あんずちゃん一家とは、ビビリ犬がいかに飼い主一家の心を折るかという話で盛り上がりました。
あんず家のお兄ちゃんには、まだあんずちゃんが懐いてないそうで。
ご安心ください。うちの義父・義母にも、こはくはまだ懐いておりませんよ。ぷ。
そして、その懐かなさは、犬好きで、犬とずっと一緒に生活してきた義弟・義妹の心をことごとくへし折ってきました。
(今では、義弟義妹には懐いてます☆)

でも、あんずちゃん、Kさんに対しては、尻尾ふりふり腰くねくねさせて大喜び!
やっぱり命の恩人は忘れないんだね☆
あんずお兄ちゃん、いつものあんずちゃんとだいぶ様子が違うみたいで(いつもはもっと、控えめでおとなしいそう)、「あれ、あんずかぁ?」って話していたのが、たまらなく面白かった。ぷぷ。
ユーモアたっぷりのあんずちゃん一家です☆

で、こはく。

こはくがKさんに会うのは、7か月ぶりです。
こはくをKさんに会わせたい~ってずっと思っていました。笑

なので、感動のKさんとの再会を、超~~~~期待してた私。

これだけ人見知りのこはくさんが、Kさんに会って大喜びする姿みたら泣いちゃうかも・・・なんて、自分一人で勝手に盛り上がってたんだけど、Kさんと再会したこはくの尻尾はだだ下がり。

え!?覚えてないの!!??

Kさんが優しい声で「こはくー」と呼んでくださってるのに、ますます尻尾だだ下がりで、後ずさりをするこはく。

うぉい!!!
お前は命の恩人忘れたのかぁぁぁぁ!!!
なんて薄情なヤツなんだっ。

結局、リードにつないで、Kさんとお散歩してもらいました。

ううう。Kさん、ほんとにすいません。

人見知りだけじゃなくて、ここまで薄情な犬だったとは。

だいぶ残念な感じのこはくさんです。

関連記事:
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ①
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ②
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ③

こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ④
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ⑥
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ⑦

Top▲ | by lomo-papi | 2013-05-24 05:27 | 卒わん同窓会2013(K母邸) | Comments(2)
ヘビと格闘
b0090517_45243.jpg
5月のこの季節になってくると、まぁまぁ、虫たちの活動が活発になってきますね。

私、埼玉県のM町で幼少期より育っておりますが、そこだって相当な田舎ですよ。
なので、虫や爬虫類、それほど抵抗なく大きくなりましたけれどもね。

山に引っ越してきて思った。

山の虫って、レベルが違う!(ボスキャラクラス。涙)

まず、山に越してきた最初の秋に、きつーい制裁受けました。

この年は例年になくカメムシが大量発生しましてね。
あの菱形で茶色のくさーいヤツですよ。
私、カメムシなんていう虫を見たのは、ここに越してきてから初めてでして。
しかもそれが、大量に洗濯物に付着するんですよ。毎日、毎日。
乾いた洗濯物を畳んでいると、洗濯物からバラバラ落ちる。
しかも、下手に刺激すると、くさ~~~~~い臭いを放ちやがるんです。ひー。

旦那のRさんから、ガムテープを使ったカメムシ捕獲方法を教わりましたが、初年度でそんなこと、なかなかできないし、服のどこにカメムシがいるかわからない恐怖たるや!

おかげさまで、初年度できつーーい制裁を受けたので、翌年からは、カメムシ、だいぶ平気になりました(初年度以降は未だ、カメムシが大量発生しておらず、洗濯物に付着する数も、数匹前後にとどまっております)。

さらに、この地に越してきて、まず最初に義両親から気を付けるように言われたのが、マムシとヤマカガシという毒蛇の存在です。
マムシは聞いたことあるけど、ヤマカガシは聞いたことないし、そもそも毒蛇に気をつけろって、どういう風に気を付けたらいいのか、さっぱり。
Rさんに聞いても、「マムシがいるところは生臭いからすぐわかる」とか言うんだけど、なんじゃいそれ。
私にはさっぱりわかんないわい!

幸いなことに、ここでの生活を初めて、5年目に突入しておりますが、未だマムシには遭遇しておらず、ヤマカガシは、義父が退治している現場に一度立ち会ったのみです。

そしてまた、今年も蛇が活動をはじめる季節がやってきました。
こはくさんが迎える、初めてのこの季節。

そういえば、こはくさんは、裏山駆けずり回っているから、そのうち、マムシに遭遇するかもしれない・・・
犬って、マムシに遭遇したらどうなるの!?と思っていたところ、先日お会いしたT家のパパさん曰く「噛まれても平気らしい」そうなんです。
私もネットで調べたところ、それらしいことが書いてある。
犬には毒蛇に対する抗体があるそうで、マムシ毒に負けないらしい(噛まれたところ、パンパンに腫れるみたいだけど)
病院には連れて行ったほうがいいけど、命には別条ないらしいと聞いて、安心しました。

その話を聞いた、数日後、敷地内をいつものごとく自由に駆けずり回っていたこはくさんが、さっそく蛇に遭遇してるし。
ひーーーっ。
遠目にも蛇が鎌首をもたげて、シューシューしてる様が見えるし、こはくは、怯むどころか、蛇に向かって行ってるし!

Rさんが慌てて大声でこはくの名前を呼び、棒をもって駆けつけましたが、駆けつけた時には蛇は退散した後でした(こはくはしつこく追いかけようとしてる・・・)
b0090517_483473.jpg
蛇の気配を感じなくなってから、ようやく駆け戻ってきたこはくさん。
たぶん、アオダイショウだとは思うんですけど。
こりゃあ、いつか遭遇するかも知れません。毒蛇に。

ちなみに、こはくさん以上に自由に飼われていた先住犬のぽんすけは、毒蛇にかまれたことはないそうです。

ただ、一度だけ、オオスズメバチの襲撃を受けました。

オオスズメバチは、地面の中に巣を作りますが、ポンスケ→義父→義母の順番に3人並んで山の中を歩いていた際、ポンスケが巣を踏んづけてしまったらしい。
怒ったオオスズメバチの襲撃を受けて、鼻の脇に強烈な一刺しを受けてしまいました。
その場でポンスケは、毒のせいか恐怖のせいかわかりませんが、ぶるぶると震えて、病院に連れて行き、大事には至りませんでしたが、刺された場所は剥げて、黒い跡が残ってしまったそうです。

そっか。。。スズメバチもいるんだ。。。と、自分で書きながら、あらためてその存在を思い出す私。

毒蛇・毒蜂・・・
ま・・・何事も経験?(ん?使い方が違う?笑)

自然の脅威なんで避けようがない。
でも、気を付けることはできるので、こはくさんが、大怪我しない程度に、気を付けようと思います。

余談ですが。
車に乗ろうとしたら、これだもの。泣けてくる。
b0090517_4122940.jpg

Top▲ | by lomo-papi | 2013-05-23 04:16 | いぬとの暮らし | Comments(4)
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ④
b0090517_8102385.jpg
絶賛里親募集中のはつゆきくん(♂)☆

ウッドチップの上に寝っころがっててかわいい☆

・はつゆきくんの里親募集詳細はコチラ→いつでも里親募集中 はつゆき
・はつゆきくんの預かりさんのブログはコチラ→ワンと共にのろまな暮らし

はつゆきの保護主Kさんと、現在の預かり家Tさんから、
「はつゆき、どう♪」って、ささやかれちゃいました。笑

2匹・・・み・・・魅力。かなり誘惑されてます。

引っ込み思案でおとなしい割に我の強いこはくさんに、
もう1匹いたら、そこにはなにか違った別の絆や刺激が生まれるかもしれないし。
しかも、はつゆき、本当にかわいいのです。優しいわんこだし。
まなざしがたまんないよ。
はつゆきだったら、うちの強烈人見知り犬のこはくさんと仲良くしてくれるかもしれない。

でも、踏み出せない1歩があるのが確か。

こはくは11か月で、はつゆきは現在7か月。
年が近いこの2匹。
人間よりは確実に早くやってくる老いのこととか、2匹同時になるかもしれない介護。
そして、現在、震災のボランティアでたびたび東北に足を運んでいるため、
月に何泊かは確実に家を空けてしまうので、そうなった際の預かり先とか。

一緒に住んでみなくちゃわかんない部分があるのは、もちろんわかってる。

結局、こうやってごちゃごちゃ考えてる間はダメダメ。

迎えるならば、迎えるもの。
あれやこれや言わずにね。

私は犬を飼うのが初めてで、まだこはくを迎えてから1年も経ってない。
もうちょっと、自分自身が犬との生活で成長してからって思ってるのかもしれない。

む。それもキレイごとかも。

今、無職で収入ないからとか?(2013年3月末で仕事辞めてるんです)。笑
それが正直っぽい。ぷ。

もし、縁のある子だったら、なんらかの形でつながるかもしれない☆

いつかはもう1匹お迎えしたいです。
これだけは、ここにはっきり書いておこうっと。

関連記事:
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ①
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ②
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ③
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ⑤

こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ⑥
こはくのドックランデビュー(卒わん同窓会2013) ⑦

Top▲ | by lomo-papi | 2013-05-22 08:16 | 卒わん同窓会2013(K母邸) | Comments(0)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin