カテゴリ:こはくの拾い食い( 2 )
Top▲ |
宇宙な胃袋
b0090517_893493.jpg
可哀想に、昨晩、こはくさんはえらい勢いで食べたもの全部戻してしまいました。

どうしたんだろう・・・また、なにか拾い食いをしたんだろうか。
吐いたものから分析。

最近は、秋の味覚があちらこちらに落ちているので、十分拾い食いには気を付けているのですが、それでも、ちょっとした隙に食べてしまっているのかもしれないし、体調不良から戻しているのかもしれないし・・・
相変わらず、吐いた後はケロッとしていたので、そのまま朝まで様子を見ました。
夜は、1か所でずっと眠り続けていたので、もしかしたら、体調も少しすぐれないのかもしれない。
(こはくさんは夜中に何度か寝る場所を変えています)

朝起きたら、雨が結構降っているので、散歩には行かずにトイレに外に出して、再び様子見。
散歩の催促のそぶりも見せない。
明らかに調子悪いという感じではないけれど、なんだかちょっとお疲れ気味ですか?といった様子。

当面、気を引き締めてこはくさんの拾い食いパトロールを強化せねば。
動物病院の先生にも、今はまだ若いからいいけど、4歳過ぎたあたりから、拾い食いの影響がダイレクトに胃腸に出るようになるから気を付けてねって言われたし。

犬って、満腹中枢がないんだろうか?
たとえば、ありったけのドックフードを与えた場合、イヌってお腹いっぱいになったら食べるのを止めるの?
こはくさんを見ていると、あるだけ食べちゃうような気が・・・
まさに、「俺の胃袋は宇宙だ!」状態です。
Top▲ | by lomo-papi | 2013-10-05 08:17 | こはくの拾い食い | Comments(4)
こはくの拾い食い
b0090517_1226419.jpg
こんなすました顔してますが。
今日は、今ではだいぶ落ち着いたこはくの拾い食いについて書いてみようと思う。

我が家は、THE 和室です。
生活スタイルの何もかもが下のほうにあります。

なので、生後4か月の頃に我が家にやってきたこはくが、ペンをガジガジしたり、机の上にあるものガジガジしたりするので、相当気を付けてはいたのですが、如何せん、生活の基本が下のほうにあるというのは、自分で思っている以上に、こはくがいたずらするものに気が付かないものです。

こはくがガジガジしたものはいろいろあります。
コードもガジガジ。部屋に置いてあったメダカのエサを完食。
散歩すれば動物の糞をパクリ。こはくの口から取り出して、糞と気が付いたときのあの衝撃。
(義弟もこの餌食に。ぷ)

その中でもびっくりしたものって、なんだったっけかなぁと思い返してみると。

まず、墨のついた書道の筆を部屋中ひきずりまくったのは、絵的に衝撃受けました。笑
Rさんが仕事で筆を使っていたのですが、ちょっと目を離した隙に、筆をくわえて、部屋中ウロウロ。筆をガジガジ。
墨がたっぷりついた筆を引きずって歩いたので、部屋の中が大変なことになったのですが、こはくは奇跡的にも汚れひとつついていなくて、ほんとに不思議な出来事でした。笑

さらに、台所の隅っこに仕掛けておいた、コンバットを食べちゃったこと。
慌てて動物病院に連れて行ったら、先生曰く、コンバットの中身は、ゴキブリに対する致死量だから、犬は平気だけど、心配なのが、コンバットのプラスチック部分を食べてしまっていること。
ただ、噛み口を見る限り、よく噛んでいるようなので、たぶん細かく噛み砕いて飲み込んでいるから、便で排出されるとは思うので、このまま数日様子を見ましょう・・・とのこと。
数日後、プラスチックのカケラが入ったうんぴを排便し、とりあえず一安心。

次に衝撃の拾い食いがコレ。
b0090517_12253357.jpg
まさかの電子体温計~~~~ウソでしょっ。
「EE」の文字が哀れすぎ。
噛み砕いた部分、全部飲み込んじゃってるし~~~~~っ。
こちらは、私もRさんも出先にいて、病院に連れて行ける人がいなかったため、数時間出遅れましたが、とりあえずは元気な様子のこはくを連れて、慌てて病院に。
噛み砕いた電子体温計を見て、先生は「うーん。しっかりよく噛んでるねぇ」と、またまた言われる。
お褒めの言葉?笑
確かにこはくは、なんでもかんでもガジガジとよく噛んでいる。
飲み込んだ部分と、食べてからの経過時刻を判断して、たぶんすでにもう、胃は通過してしまっているとのこと。
あとは、この噛み砕いて飲み込んだものが腸を通る際に傷つけないように、排便の量を多くしましょうとのことで、まさかの大量のエサ支給に。えーー!なにそれ!笑
b0090517_1231155.jpg
1回の食事で、この缶づめ1個と、ドックフードをカップ1杯あげてくださいだって。
こはくにとっては天国じゃないの。
こちらも、数日後、無事に排便。

こはくの拾い食いするものが、とんでもないものになっていくにつれ、気を付ける私達の目もだいぶ行き届くようになってきたのですが、油断したときに、それはまたやってくる。

次にやらかしたのは、使用済みホッカイロ2袋。

こちらも、ちょっと目を離して部屋に戻ってきたら、敷いてあった布団の上がすごい真っ黒になってる・・・
誰かが土足で歩きまわったみたいな感じ。
えーーーー?なんでこんなに泥だらけ??って思ったら、傍には中身が空っぽになった使用済みホッカイロの袋が・・・
ひーーーーーーこんなものも食べちゃうワケ!?
すぐにゴミ箱に捨てなかった私が悪かったけどもさ~涙。

この日は、朝早かったため、まだ、病院もやっていない。
たぶん、もっと初期の頃だったら、超~~~パニくってたと思うんだけど、さすがにここまで拾い食い経験が増えると、最初にコンバット食べちゃったときのように慌てることもなく、ちょいとネットで調べてみた。

そうしたところ、使用済みホッカイロを誤飲しているわんこの情報は思っていた以上存在した。
そのどれもが、時間の経過と共にうんぴで排出されるか、嘔吐で吐き出すかのどちらか。
ホッカイロの主成分には、犬が中毒を起こすものは入っておらず、水を飲ませて様子を見る・・・との意見が多数だったので、病院の時間まで様子を見よう・・・と思っていたらその直後から、こはくさん、ゲェゲェと真っ黒いものを大量に吐き出した(これが飲み込んだ使用済みホッカイロね)。
その後も、吐き出す以外は特に変わった様子もなく、結局計7回の嘔吐で、真っ黒いものを全部吐き出し、ピンピン元気にしているので、病院にはそのまま行きませんでした。
後日、病院に行った際にその話をしたら、先生に苦笑されたけどね。ぷ。

なんでこんなに拾い食いするんだろ?って一時期は真剣に悩んで(友人に、拾い食いする犬なんて信じられないと言われて、余計心配に。苦笑)、動物病院の先生に相談したりしていましたが、子犬の頃は好奇心もあるから、なんでもパクッてくわえてしまうことは仕方ないことなんだそうです。
大人になっても、落ち着かなかったら問題なんですけどね・・・と言われた。

現在、1歳を迎えたこはくさんの拾い食いは、今ではだいぶ落ち着きました。

お留守番も全然できなかったんだけど、少しずつ部屋でおとなしく待つことができてきています。

確かに、ちょっとずつ、ちょっとずつ、大人にはなってきてるんですけど。

時にはやっぱりやらかしてます。

ここ数日の排便の量が、与えているエサに対して、明らかに多すぎるので(でも、変なうんちはしていない)、なんだかおかしいなぁ~と思っていたら、義母が畑から掘り起こしてほかしておいた里芋食べてました。コラーーーッ。

こはくさんの拾い食いが落ち着くまでには、もうちょっと時間がかかりそうです。
Top▲ | by lomo-papi | 2013-06-09 04:15 | こはくの拾い食い | Comments(2)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin