そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ②
今日は、私の旦那、Rさん家のペット事情を。

Rさんは私とは真逆の環境で育ちます。

自然がいっぱいの山奥で生まれ育ったRさん。

自然の動物のみならず、ペットとしては犬5匹・ネコ・リス・インコ・チャボ・ウサギ・錦鯉・・・・
私が知っているだけでもこれだけの動物を過去に飼っておりました。

その飼い方も破天荒で、チャボが時々部屋にあがりこんでは一緒に食卓でごはんを食べていたり、リス・ウサギは部屋の中で放し飼いになっていたり(ときどき、自由時間がもらえていたみたいです)。
もともとツガイで2匹だったチャボも、気が付けば20匹ぐらいに増えて、それはそれはかわいがっていたそう。

Rさんも動物もフリーダムを謳歌して成長します。

大きな声では言えませんが、犬も敷地内をフラフラと自由に生活しておりました。
今は厳しいからそんなことしたら怒られちゃうけどね。
飼い主の責任問題も問われちゃうしね。

でも、昔はもっと大らか(いい加減?笑)に犬を飼ってる人も多かったと思うの。
飼ってる犬も血統書つきのわんこじゃなくて、雑種が多かったし。
ごはんは人間が食べた残飯だし。
私の実家の近所で飼われていたジョンも、よくフリーでフラフラしていました。
(なので、ジョンと一緒に遊んだりしていた)
まぁ。そういう犬って、大体近所中が知ってるんだよね。「Sさん家のジョンだ」って。
今じゃほんと、そういうの考えられないけど。笑

犬を拾うのも捨てるのも、もっともっと簡単でいい加減だったのが昔。

Rさん家で飼われていたわんこ5匹も、全部元捨て犬でした。

b0090517_16371794.jpg
で、最後に飼われていたポンスケが17歳という年齢で大往生したのが6年前。
義母も義妹もRさんも、家族みんな、涙涙のお別れしました。

その頃私は、結婚はしていたものの、まだ、Rさんの実家には住んでおらず、Rさんと二人で別の家に住んでいたので、ポンスケが死んだのもRさんの口から聞いただけでした。
実際にポンスケの亡骸や埋葬には立ちあっていません。
ただ、Rさんがとってもとっても悲しんでいたことだけは、今でもはっきり覚えてるんだ。

そのとき、ふと思ったのだ。

いぬと人間の絆みたいなもの。

私もRさんも動物は「かわいい」と思っていても、その心の深さみたいなもんが全然違う。

私の「かわいい」はどちらかといえば、見た目とかの愛玩的なものなんだけど、Rさんの「かわいい」は、もっと根っこが奥深くて「愛情」のほうへ近いもの。

それは、やっぱり今までの生活の中にずっとずっと「動物」がいたから。
自然とRさんの中ではぐくまれていたんでしょうね。

Rさんにとって、生活の中に動物がいるのは「普通」。
私にとって、生活の中に動物がいるのは、好き・嫌いという以前に、そもそも「関心がない・考えたこともない」。

そんな感じで、私とRさんは動物に対しては、まったく違った認識を持っていました。

関連記事:
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ①
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ③
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ④
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ⑤
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ⑥
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ⑦
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ⑧
そもそも、犬を飼うことになった理由(ワケ) ⑨

Top▲ | by lomo-papi | 2013-08-19 04:54 | こはくが家族になるまで | Comments(2)
Commented by ワンのろ at 2013-08-20 16:55 x
羨ましい~~~
Rさんのお家はパラダイスだったのね~
近所に住んでいたら、入り浸りだったね。。

KAZも小さい頃、犬猫ウサギと暮していたんだって。
ある日、学校から帰ったら、お母さんに「近所の〇〇さん家で犬が生まれたっていうから貰っといな」って言われて、自転車にダンボールを積んで貰いに行ったらしいよ。
その話をつきあっている時に聞いて、この人と結婚しよう!って決めたもん・・決め手はそこか・・
KAZの実家に行った時に、家の中をインコが飛んでいてびっくりしたよ。

これまで動物を家族の一員として一緒に暮して来られたから、その実績があるから、この子!という1匹を見つけられるの力があるのかな。。
目がかわいいというだけでなく、その瞳の奥まで読み取れるのだわ。。
我が家に合う子が分かるのだわ。。
こはくさん、ピッタリだもん!!!
Commented by lomo-papi at 2013-08-20 20:34
ワンのろさん。
そうなの!Rさんの家は、ほんとパライダイスだよー
まぁ。なにもかも全般的に大らかっつーか、いい加減っつーか。笑
だから、なんだかんだいって、義両親も義妹弟も、こはくさんのこ
とを可愛がってくれています。

KAZさんはとても大らかに育ったんだね☆
なんだか、Rさん家と似てる~~笑
そういえば、確か、KAZさんの実家のお義母さんも、ワン飼ってないのに
快くお家に迎え入れてくれる~って話していたよね♪
結婚相手として、ワンのろさんの目に狂いはなかったね!笑
まさに、今のパラダイスのような環境が、それを証明しているのではないでしょうか。ぷぷ。

ほんと、こはくさんもここまで人見知りっぷりが激しいのにはびっくりだけど、
でも、トータルで見てみると、人に対してナーバスな子だから、
こんな辺境の地でのびのび生活してるのが合っているのかもしれないね。笑
えー!ではでは、Rさんの2頭目を見抜く目はどーなんでしょう?笑
これって、乞うご期待じゃない?
(ワン選びは、もう、Rさんに丸投げしちょります。ぷ)
名前
URL
削除用パスワード
<< 石鹸作りの日 | ページトップ | そもそも、犬を飼うことになった... >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin